1. トップ
  2. ファッション
  3. 物欲をコントロールする方法って?《モノ》と向き合う癖をつけて価値を考えよう

物欲をコントロールする方法って?《モノ》と向き合う癖をつけて価値を考えよう

  • 2021.6.8
  • 2730 views

物欲をコントロールして楽しく買い物しよう

素敵な洋服やコスメ、家電や消耗品…買い物はとても楽しいですが、あまり多くのものを買いすぎるとお金が無くなったり、部屋からモノが溢れたりと大変なことになってしまいます。生活に見合った買い物を楽しむには「物欲」のコントロールが大切です。

これまで何度も節約に失敗し、「物欲コントロールは難しい」「自分にはできない」と思っている人も多いかもしれません。しかし、実は案外簡単な方法から取り組めるんです。今回は、物欲のコントロール方法を大きく3つの観点に分け、おすすめの方法をご紹介します。

モノの価値を知り物欲コントロール

モノの価値を知り物欲コントロール
出典:https://pixabay.com/(外部リンク)モノの価値を知り物欲コントロール

物欲があるのは、とても自然なことです。本当に好きなものや便利・質の高いものを買うと気分が良く、生活を豊かにしてくれますよね。では、なぜ物欲をコントロールしなければならないのでしょうか。

理由は大きく分けて3つあります。まずは、「①モノの本当の価値を知れないから」。次に、「②自分が幸福になれないから」です。そして「③モノを大切にできないから」という理由も挙げられますよ。ここでは、「①モノの本当の価値を知れないから」について、モノの価値を尊重するためのおすすめの方法をご紹介します。

いったん店から出ること

ショップで予定外のモノが欲しくなった時は、いったん店から出ましょう。衝動買いは、使わないものまで買ってしまう大きな原因の一つです。「手に入れたい!」と物欲で頭がカッとなったときは、1日以上時間をおいて家の整頓や掃除など他のことに時間を割いてみましょう。

そのうえでまだ欲しければ、買うのがおすすめです。お店はあなたに買って欲しくてセールやお買い得品などあらゆる工夫をします。しかし、買わないより安い買い物は無いのです。

インフルエンサーのおすすめを見ないこと

SNSの有名インフルエンサーの紹介商品は、なるべく見ないようにしましょう。誰かが良いと言っていたものは価値を信用でき、安心できますよね。しかし、その商品は「自分にとって」本当に価値あるものかを考える必要があります。

誰かに張り合ったり幸福な自分を演出したいだけで買い物をしたりするのは、そのモノの価値ではなく周囲から評価されるためだけの出費です。万が一評価されなければ幸せにもなりません。見る頻度を減らし、物欲を刺激しないのがおすすめです。

手入れ・処分方法の調査

モノを買い、使い果たした時のことを考えてみましょう。今欲しいと思っている高級バッグ、手入れ方法は知っていますか?あればいいなと思っている最新の便利家電は、壊れた時に簡単に処分可能ですか?

物欲に従って買ったときは新品ですが、いつか処分する時が来ます。それまで大切に手入れしている自分が想像できるか、また捨てる時の分別が手間ではないかなど、買った後のことを考える時間を設けると物欲コントロールに役立つでしょう。

モノの買い替えサイクルの決定

生活に必要なモノは買い替える時期を決めましょう。物欲のコントロールが難しい人の中には、「もう持っているけど買い足してしまう」という人も多いのではないでしょうか。

また、物欲は抑えたいけどファッションなどのトレンドには乗りたいという人もきっといますよね。そういう人におすすめなのが、古いモノと新しいモノを入れ替える方法です。Tシャツ・シャツなどの寿命は2年、合皮バッグは1~3年などと言われているので、欲しいモノに合わせて時期を決めましょう!

信頼できる人への相談

周囲の人に相談することで、客観的視点を得る方法です。物欲が抑えられないときは、どうしても冷静さに欠けますよね。そこで家族や友人など信頼できる価値観の人に相談すると「似たようなものを持っていなかった?」「相場より高価に思える」など客観的な意見をもらえるでしょう。

また、この方法は相手を呼び寄せたり連絡を取ったりする必要があります。その行動で一定の時間がかかるので、独断の衝動買いを防ぐことも可能ですよ。

「幸せ」を決めて物欲コントロール

「幸せ」を決めて物欲コントロール
出典:https://pixabay.com/(外部リンク)「幸せ」を決めて物欲コントロール

人間の脳は、買うことを考えるだけで幸福感が高まるようになっています。そのため、モノが手元にあることで必ずしも幸福になるとは限らないのです。物欲をコントロールするには、自分が幸せに生活できるモノを買って物欲を発散させるクセをつけましょう。

では、自分にとって何があれば幸福なのでしょうか。考えてみると、思ったより少ないかもしれません。自分にとって幸せになるモノのジャンルをいくつかに絞ることが大切です。ここでは、「何が幸福か」を決めることで物欲をコントロールさせる方法をご紹介します。

ご褒美買いをやめて物欲ブロック

「これを頑張ったから」という自分へのご褒美をやめてみましょう。日常生活で仕事・育児などのストレス解消に、スイーツやモノを買っている人も多いでしょう。確かにやりどころのないストレスというものもあります。

しかし、後悔する方法では出費しないのがおすすめです。ストレス解消用のスイーツで具合が悪くなったり、ダイエットの阻害になったりしていませんか?勢いで買った憧れのコスメもあまり使えてないこともあるでしょう。もっと幸福になれる出費の方法を探しても良いかもしれません。

あえて「無駄遣い費用」の確保

物欲を予算内で発散させる方法です。「物欲は抑えたいけどやっぱり買い物は幸せ!」という人もいますし、全く買い物をしないことはできません。そのため、あえて必要な費用として自由に使える予算を設けるのがおすすめです。

収入から生活に必要な費用を計算し、残りから幸福に使う費用を算出しましょう。物欲があることが悪いのではなく、コントロールできなくて家計を圧迫したり部屋がモノであふれかえったり、日常生活に影響することが問題です。どうせなら幸福に遣いましょう!

モノでなく経験の購入

形に残らない経験で幸福になって、物欲をコントロールする方法です。物欲のままにモノを買って部屋がごちゃごちゃというのはよくあります。生活の中でモノを買い続けて満足できていないなら、「旅行に行く」「資格のスクールに通う」などの経験の趣味を探すのがおすすめです。

モノを使わない趣味に時間を使うと、ナチュラルに物欲が抑えられますよ。ただし、「スーツケースを新調する」「資格テキストを買い集める」などの形から入りやすい人は要注意です。

好奇心の中から「好き」を発見

本当に自分が幸福になれる、価値がある趣味を知る方法です。物欲がコントロールできず浪費してしまう人の中には、とても好奇心が旺盛な人がいます。広いジャンルのモノに手出しすると、誰でも整理できなるでしょう。

物欲が旺盛だと感じた時は、メモに自分が好きなことを書き出してみてください。現在の生活に限らず、過去の趣味などもピックアップするのもおすすめです。浮ついた興味の中でも、きっとこれにお金を割きたいという趣味が見つかるかもしれませんよ。

買うブランド・お店を決めること

憧れのブランドやお店からしかモノを買わないようにしましょう。物欲に囚われてモノを買い漁るより、心の底から気に入って好きなモノを買う方が満足感も高いですよね。憧れのブランドは手が出せない値段だという人もいるかもしれません。

しかし、少ない出費を集めて大きなお金にすると案外手が届くことも多いでしょう。生活に必要なモノを節約して買うより、物欲を抑えて余裕を作りましょう。無理しないのでよほど幸福度も高く、おすすめの方法です。

モノも自分も大切にして物欲コントロール

モノも自分も大切にして物欲コントロール
出典:https://pixabay.com/(外部リンク)モノも自分も大切にして物欲コントロール

物欲のまま買い物をすることのデメリットに、自己嫌悪してしまうこともあります。お金を遣いすぎて日常生活が粗末になったり、片付けに手間や時間がかかってしまったりして後悔を繰り返し、自分自身の性質がダメだと思ってしまう人も多いでしょう。

その原因は、モノに主導権を握られていることがあります。確かにモノは大切にするべきですが、モノを大切にすることで自分のことも大切にすることも可能です。ここでは、その方法をご紹介します。

今使っているものの手入れ

手元にあるものをメンテナンスするのがおすすめです。物欲があり部屋にモノが多い人も、現在使っているモノをピックアップしてください。案外少ないのではないでしょうか。だいたいのモノはメンテナンスすればまた使えるので、簡単に買い替えを考えないようにしましょう。

「靴が汚れたら磨いたりヒールを直したりする」「コートはブラシをかける」など、普段の生活で手入れすることを意識してみてください。次からは修復できない安物を買わなくなる、買い物が少なくなるなどの効果が期待できますよ。

モノの居場所をシミュレーション

物欲に従って買う前に、そのモノの住所を決めましょう。カバンにひとつあると便利なモノ、棚に飾ったら可愛いモノに出会うことも多いですよね。しかし、買わずに生活できることではありませんか?棚があってもモノを置かないことで掃除が楽になることもあるでしょう。

部屋やバッグの中の空間を意識して、衝動的な物欲を抑えられるでしょう。可能であれば、引き出しや棚などのモノの居場所自体を少なくするのも物欲コントロールにおすすめできます。

パーソナルカラー診断・顔タイプ診断

自分に似合うものを知り、モノと自分を高め合う方法です。お店では、モノは誰の目にも魅力的に見えるように演出されています。しかし、物欲のまま買っていざ家で着たら似合わなかったということもありますよね。

そういう人は、論理的に自分に似合うモノを知れる「パーソナルカラー診断」「顔タイプ診断」などがおすすめです。肌や顔立ちから「自分に似合う・向いている」というモノの傾向が分かります。買い物でも、「これこそ自分向きだ」と厳選できるようになるでしょう。

買ったモノを48時間以内に使用

購入したものをすぐ使うことを考えて、物欲をコントロールする方法です。物欲がある時には、モノを手に入れただけで興味を失ってしまうことがあります。これではモノも自分の気持ちも大切にできていないですよね。

モノと幸福になるためには、生活の中でモノの役目を果たすようにしましょう。物欲が抑えられないと思ったら48時間以内にそれを使うかを考えてみるのがおすすめです。「いつか使う」を防ぐことで物欲の衝動を抑えられますよ。

ストレスを自覚し解消法を増やすこと

イライラや寂しさを、モノを買う以外の行動で解消させましょう。仕事が忙しい、子育てで悩みがある、一人ぼっちで寂しいなど多くの人は悩みを抱えているでしょう。しかし、物欲を発散してもどれも解決する行動にはなりません。

ストレスや疲れが溜まっていることを自覚し、環境を変えたり休んだりして幸福になるための具体的な行動をとるのがおすすめです。マインドと同時に物欲をコントロールできるようになり、運動やスキル習得に力を入れることもできるようになりますよ。

物欲をコントロールして楽しく買い物まとめ

今回は日常生活で出来る、物欲のコントロール方法をご紹介しました。物欲があること自体は悪くなく、とても自然です。しかし、物欲やモノに自分の主導権を握られてしまうと「本来は必要ない」「身の丈に合わない」といった良くない買い物だけが増え、モノも自身も本当の力を発揮できません。

自分が幸福になるには何が必要なのかを分析し、モノと自分の心身を念入りに手入れをするのがよいでしょう。今回のまとめを参考に、お買い物と生活を楽しんでくださいね!

元記事で読む