1. トップ
  2. グルメ
  3. “温泉と食と本”のリトリート施設「湯河原惣湯 Books and Retreat」神奈川・万葉公園に

“温泉と食と本”のリトリート施設「湯河原惣湯 Books and Retreat」神奈川・万葉公園に

  • 2021.6.8
  • 1546 views

“温泉と食と本”のリトリート施設「湯河原惣湯 Books and Retreat」神奈川・万葉公園に

神奈川・湯河原町の新リトリート施設「湯河原惣湯 Books and Retreat」が、2021年8月31日(火)にグランドオープンを迎える。

www.fashion-press.net

“温泉と食と本”を楽しむリトリート施設「湯河原惣湯」

湯河原の万葉公園内に位置する「湯河原惣湯 Books and Retreat」は、“温泉と食と本”をテーマにしたリトリート施設。予約制の日帰り温泉施設「惣湯テラス」と、カフェやコワーキングスペースのある「玄関テラス」、自然を生かした複数のテラスのある公園で、湯河原の湯と季節に沿った美味しい食が楽しめる。

完全予約制の日帰り温泉「惣湯テラス」

万葉公園の渓流と多様な植物が生い茂る小道を抜けた先にあるのは、かつては町のプール、足湯施設として愛されてきた場所を生まれ変わらせた完全予約制の日帰り温泉施設「惣湯テラス」。川のせせらぎと木々の色や匂いに囲まれた空間の中で、屋内・露天2種類の源泉掛け流しの温泉と、季節に合わせたシンプルな食事をゆったりと楽しむことが出来る。

渓流沿いで贅沢なカフェタイムが楽しめる「玄関テラス」

「惣湯テラス」に先行してオープンしている「玄関テラス」には、公園内で食べるのに最適なメニューがラインナップ。新鮮なまぐろをコンフィにして作ったツナにハーブを効かせたサンドイッチ、オーダーを受けてから焼き上げるオムレツのサンド、毎朝焼くマフィン&スコーン、湯河原産の柑橘ジュースにコーヒーやワインと、こだわりのカフェメニューが用意されている。

また、カフェ内には小説からエッセイ、レシピブック、絵本まで、多岐に渡るジャンルの本を用意。これらは敷地の万葉公園内への持ち出しが許可されているので、カフェで購入したおやつとドリンクを片手に渓流沿いで読書、という贅沢なカフェタイムが楽しめるのがポイントだ。

施設情報

「湯河原惣湯 Books and Retreat」
「惣湯テラス」オープン日:2021年8月31日(火)
※2021年7月31日(土)オープン予定だったが延期となった。
※「玄関テラス」は先行オープン済み。
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上 566番地
TEL:0465-43-7830
営業時間:
「惣湯テラス」10:00〜20:00
「玄関テラス」10:00〜17:30
定休日:毎月第2火曜日

■予約制日帰り温泉「惣湯テラス」
料金:5,500円(5時間滞在) 食事・フリードリンク付
設備:温泉(2か所)、サウナ、レストランスペース、ラウンジ、ライブラリー、脱衣室
※予約についての詳細は公式WEBサイト(yugawarasoyu.jp)より。

元記事で読む