1. トップ
  2. グルメ
  3. スムージー・ジュース専門店「ジャンバ」“世界初”デリカフェが東京駅・グランスタ丸の内に

スムージー・ジュース専門店「ジャンバ」“世界初”デリカフェが東京駅・グランスタ丸の内に

  • 2021.6.7
  • 817 views

スムージー・ジュース専門店「ジャンバ」“世界初”デリカフェが東京駅・グランスタ丸の内に

カルフォルニア発のスムージー・ジュース専門店「ジャンバ(Jamba)」から“世界初”のデリカフェ「ジャンバキッチンラボ グランスタ丸の内(Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI)」が登場。JR東京駅構内地下1階改札外のグランスタ丸の内に2021年6月15日(火)にオープンする。

www.fashion-press.net

スムージー・ジュース専門店「ジャンバ」“世界初”のデリカフェ

「ジャンバ」は、フローズンの果物・野菜、濃縮100%ジュースを使用したナチュラルなドリンクを展開するスムージー・ジュース専門店。2020年夏に渋谷・ミヤシタパークに日本初上陸し、2021年5月にリニューアルを経て再オープンを果たした。

今回登場する「ジャンバキッチンラボ グランスタ丸の内」は、ナチュラル・ヘルシー・ポップをコンセプトにオープンする、「ジャンバ」ブランドで“世界初”となるデリカフェだ。店頭では、自分好みに選べるデリプレートやサラダ、ドリンク、スイーツを展開する。

“世界初登場”全11種から選べるデリプレート

“世界初登場”のデリプレートでは、「とうきびと豆腐のハンバーグ 和風ソース」「ビーツとケールのマリネ」といった野菜オンリーのメニューや、「鶏むね肉のソテー トマトソース 」「大豆ミートのチリコンカン」「海老とブロッコリーの豆腐マヨネーズ和え」などヘルシーなメニューを用意。全11種から好みのものをセレクトでき、グルテンフリーやヴィーガンのデリプレートとしても楽しめる。

“日本初”ポップなカラーのサラダやサンドイッチ

“日本初展開”となるサラダやサンドイッチ、スイーツ、ドリンクにも注目したい。具材をワントーンで統一したサラダは、レッドやグリーン、イエローなどその日の気分に合わせて選べるポップなカラーバリエーションを用意。サンドイッチは、ラップサンドやベーグル、オープンサンド、コールドサンドなどボリューミーで彩り豊かなメニューが揃う。

バスク風チーズケーキやキャロットケーキ

スイーツは、濃厚なバスク風チーズケーキやバナナとドライフルーツを組み合わせたしっとり食感のグラノーラクッキー、ほんのり甘いキャロットケーキなど全7種類を販売。しっかりとしたコクと甘い香りが特徴のコーヒーや、豆乳・オーツミルク・アーモンドミルクから好きなベースを選べるラテと一緒に味わうのもおすすめだ。

日本限定「ソライロ・コージー」も

また、「ジャンバキッチンラボ グランスタ丸の内」では、「ジャンバ」の定番スムージー&ジュースも用意。鮮やかなブルーが目を引く日本限定の「ソライロ・コージー」をはじめ、プロテイン入りのパワースムージー「ピービー・バナナプロテイン」、人気ジュース「キューカンバーオレンジクーラー」「オレンジシュプリーム」を発売する。

さらに、フルーツのフレッシュな味わいを堪能できる「マンゴーメドレーボウル」も取り揃える。いちごやブルーベリー、バナナをふんだんに盛り付けた「マンゴーメドレーボウル」は、ヘルシーなランチメニューとしても楽しめそうだ。

また、アメリカでエナジーチャージの定番として愛されているショットも、ジンジャーベースで日本初展開。“シャキッ”とする濃厚な味わいなので、気分転換したいときにもぴったりだ。

【詳細】
「ジャンバキッチンラボ グランスタ丸の内」オープン
オープン日:2021年6月15日(火)
住所:東京都千代田区丸の内1丁目9番1号 JR東日本東京駅構内地下1階 改札外 グランスタ丸の内
営業時間:8:00~22:00(日・連休最終日の祝日~21:00)
TEL:03-6551-2517
座席:42席
メニュー例:
・デリプレート 1,200円~<世界初>
・サラダ 全5種 1,000円~<日本初>
・サンドイッチ 全6種 550円~<日本初>
・コーヒー/ラテ/ティー/オリジナル 全9種 390円<日本初>
・スイーツ 全7種 380円~<日本初>
・スムージー 全12種 550円~
・ジュース 全6種 610円~<新メニュー追加>
・ショット 全2種 390円~<日本初>
・ボウル 全4種 990円~<新メニュー追加>

元記事で読む
の記事をもっとみる