1. トップ
  2. 【収録レポート】乃木坂46賀喜遥香&田村真佑が真っ赤なドレスで登場 “無表情パフォーマンス”で魅せる<乃木坂スター誕生!>

【収録レポート】乃木坂46賀喜遥香&田村真佑が真っ赤なドレスで登場 “無表情パフォーマンス”で魅せる<乃木坂スター誕生!>

  • 2021.6.7
  • 407 views
Wink「淋しい熱帯魚」を披露した賀喜遥香&田村真佑 撮影=阿部岳人
Wink「淋しい熱帯魚」を披露した賀喜遥香&田村真佑 撮影=阿部岳人

【写真を見る】収録中にじゃれる姿がかわいい…!早川聖来と松尾美佑(ほか収録写真8枚)

乃木坂46の4期生が懐かしの名曲をカバーする音楽バラエティー番組「乃木坂スター誕生!」(毎週月曜深夜1:29-1:59、日本テレビ)の第5回が、6月7日深夜に放送される。賀喜遥香と田村真佑が「淋しい熱帯魚」、北川悠理が「はいからさんが通る」、柴田柚菜がゲストの元チェッカーズ・鶴久政治とともに「愛が生まれた日」を披露する。今回、WEBザテレビジョンではその収録の様子を取材した。

乃木坂46の4期生が、お笑いコンビ・ぺこぱ(松陰寺太勇/シュウペイ)司会のもと、昭和・平成の名曲をカバーする同番組。第5回の放送では、歌唱を担当するメンバーのほか、遠藤さくら、掛橋沙耶香、金川紗耶、黒見明香、佐藤璃果、早川聖来、松尾美佑、矢久保美緒、弓木奈於が出演し、ひな壇からステージに立つ同期を盛り上げる。

賀喜遥香&田村真佑が“無表情”パフォーマンス

賀喜と田村は真っ赤なドレスを身にまとい、Winkの代表曲「淋しい熱帯魚」に挑戦。Winkは、当時のアイドルの常識を覆す「無表情」のデュオとして一世を風靡したが、賀喜と田村もこの日は笑顔を封印する。パフォーマンスを見た遠藤は「普段から2人はすごく仲が良いので、ピッタリだなと思いました」と太鼓判。

歌い終えた賀喜は、「淋しい熱帯魚」を以前から知っていたといい、「この曲を大好きな田村真佑ちゃんと披露させていただけたのがすごくうれしくて幸せです」とニッコリ。一方の田村も「『この曲をやりたいです』と言ったら、こんなにすぐ実現するとは」と喜んでいた。

「はいからさんが通る」南野陽子イメージの“はかま姿”の北川悠理 撮影=阿部岳人
「はいからさんが通る」南野陽子イメージの“はかま姿”の北川悠理 撮影=阿部岳人

北川悠理が“はかま姿”披露!

北川が歌う南野陽子の「はいからさんが通る」は、1987年に公開された南野主演の同名映画における主題歌。大正時代の女学校を舞台にした作品の世界観を踏襲し、南野がはかま姿で歌ったことでも話題を呼んだ。北川も当時の南野に倣って、はかま姿で登場。メンバーからは思わず「かわいい!」と声が漏れる。

柴田は、元チェッカーズ・鶴久をパートナーに、乃木坂46のプロデューサーである秋元康氏が作詞を務めたデュエット曲の定番「愛が生まれた日」を熱唱する。5月8日に行われた乃木坂46・4期生によるライブ「9th YEAR BIRTHDAY LIVE~4期生ライブ~」でも、その歌唱力が注目された柴田は、鶴久から「歌がうまい。最高でした」と称賛を受ける。また、最後にチェッカーズの名曲「涙のリクエスト」を全員で大合唱する。

元記事で読む