1. トップ
  2. 恋愛
  3. どうでもいいから言えること!軽い「可愛い」「好き」に気をつけて

どうでもいいから言えること!軽い「可愛い」「好き」に気をつけて

  • 2021.6.7
  • 459 views

「可愛い」「好き」と言われても、脈アリとは限りません。
男性はどうでもいい女性にも甘い言葉をささやくことがあります。
今回は脈なしパターンの「可愛い」「好き」について解説します。

お世辞で「可愛い」と言う

本心では思っていなくても、男性はお世辞で「可愛い」と言うことがあります。
いわゆる挨拶のようなもので、特別な感情はありません。
大勢の前で褒めてきたら脈アリの可能性はかなり低め。
本命相手の場合は恥ずかしさが勝り、人前で「可愛い」と言えない男性が多いからです。
彼にさらっと「可愛い」と言われたら、真に受けないほうがいいでしょう。

妹のように思っている

よく「可愛い」と言われる女性は、妹のように思われているかもしれません。
恋愛対象ではなく、家族のような存在として可愛がられるケースです。
彼に好かれていることには違いありませんが、妹ポジションなので恋愛に発展する可能性は低いでしょう。
彼の日頃の言動を観察し、妹扱いされていないかチェックしてみてくださいね。

下心から「可愛い・好き」を使う

遊び目的の男性の場合、下心から「可愛い」「好き」を連発することがあります。
男性に甘い言葉をささやかれると、女性は特別な感情を抱きやすくなるもの。
この心理を利用し、気分を良くさせて女性を落とそうとするパターンです。
脈アリのように見える態度でも、彼にとっては軽い口説き文句の可能性があるので注意しましょう。

女性の機嫌を取ろうとしている

男性がどうでもいい女性にしがちなのが、ご機嫌取りとして「好き」「可愛い」を使うことです。
女性のご機嫌がナナメになると居心地の悪さを感じる男性は多数。
そういった事態を回避するために、甘い言葉で女性の機嫌を取ろうとします。
好意というよりも自分が居心地よく過ごすための言葉なので、過度な期待をするのは禁物です。






男性がどうでもいい女性に発する「可愛い」「好き」のパターンを紹介しました。
彼が甘い言葉を言ってきても、残念ながら脈なしのケースは存在します。
シチュエーションや彼との関係性を踏まえたうえで、本気なのか軽い気持ちなのか見分けてくださいね。


(ハウコレ編集部)



元記事で読む