1. トップ
  2. 山田孝之が「全裸監督」に出演を決めた理由「今の実力が世界でどう見られるのか知りたかった」<初耳学>

山田孝之が「全裸監督」に出演を決めた理由「今の実力が世界でどう見られるのか知りたかった」<初耳学>

  • 2021.6.6
  • 522 views

6月6日放送の「日曜日の初耳学」(MBS/TBS系)に俳優の山田孝之が出演。前週に引き続き林修のインタビューに答え、俳優という職業への思いや注目を集めたNetflixドラマ「全裸監督」に出演を決めた際のエピソードを語った。

【写真を見る】「女の子だと思ったみたいで…」山田孝之のスカウト時のエピソードに林先生もビックリ!

俳優業は「『好き』の気持ちがあるから続いてる」

中学3年の3学期に上京、卒業までの1学期だけ東京の学校に通ったという山田。すぐに今の事務所にスカウトされて芸能界入りした。「なんか女の子だと思って声を掛けていたみたいで。かわいかったんですよ、昔は(笑)」と、ニコニコと当時を振り返った。

中学卒業後は、アルバイトをしながらオーディションを受け続けた。「何十回も落ちまくった」という時期を経て、15歳の終わりにドラマ「サイコメトラーEIJI2」(1999年、日本テレビ系)のオーディションにパスし、俳優デビュー。その後、鈴木杏や栗山千明、松本まりか、山崎育三郎らと共演した「六番目の小夜子」(2000年、NHK総合)に出演。さらに大河ドラマ「徳川・葵三代」(2000年、NHK総合ほか)、連続テレビ小説「ちゅらさん」(2001年、NHK総合ほか)と、俳優としてキャリアを積んでいった。

「最初の2年くらいは芝居が何かも分かっていないですし、もちろん楽しさなんてないですし、ただ必死の状態だった」という山田が初めて“演技の楽しさ”を感じたのが「ちゅらさん」だった。

「国仲涼子さんの弟役をやって、ふとしたときに『あれ、もしかしたら芝居って楽しいのかも』って思ったんですよ。“かも”ですけど」と振り返り、俳優という仕事について「つらいことも、嫌になることも辞めたくなったことも何度も、みんな一緒であると思うんですけど、結局は『好き』っていう気持ちがあるから続いているんだろうなと思う」と語った。

話題になった配信ドラマ「全裸監督」

2019年夏、Netflixオリジナルドラマ「全裸監督」が全世界190の国と地域で配信された。バブル景気に沸く1980年代の日本を舞台に、「アダルトビデオの帝王」と称された村西とおる監督の人生を描いた作品。同作で、山田は村西監督役で主演を務めた。

「みんなびっくりしましたよね。あんな面白いものはないって」と林先生が「全裸監督」の感想を伝えると、山田は「問題作ですよね、よくも悪くも」と答える。オファーを受けた当時を「分厚い原作があって、これを山田さん主演でNetflixでドラマ化したい、っていうだけでした。企画書も何もない段階で。で、『なるほど、面白そうですね』って言って」と回想した。

山田が注目したのは、Netflixの持つネットワークだった。過激な内容ということもあって「ネガティブ(な反応)も相当くるだろうけど、見たことないものを出せるなと思ったし。でも、(出演を決めた)一番の理由は世界配信だったっていうことですね」という。

当時の日本では、米・ハリウッド進出を志向する俳優が多かったといい、山田自身も「僕もその一人で。1年半ぐらいマンツーマンで英語を勉強していた」。だが、次第に「言語が違うと伝え方も何も違う。表現も変わってきて、それって俺がここまで20年くらいやってきたことを挑戦することになるんだろうか」と疑問を感じ始めていた。

「日本の題材で、日本のスタッフ・キャストで日本語で作って、それをそのまま見せるっていうのが、良くも悪くも今の実力を全部見せることになる」「今の自分の実力が世界から見たらどういうふうに見られるのかを知ってみたかった」。そんな思いで「全裸監督」に取り組んだ。

複数の脚本家が分担して執筆するなど新たな手法も積極的に取り入れて制作された「全裸監督」は、配信されると大ヒット。山田自身も海外で「ネットフリックス!」「シーズン2! シーズン2!」と声を掛けられたと言い、「やっぱり日本で作品作って世に出すより圧倒的に多くの人に見てもらえた肌感はあった」と振り返った。

「今のうちに何とかしないと…」

「全裸監督」が配信された2019年、山田は映画「デイアンドナイト」でプロデューサーにも挑戦している。だが、プロデューサー業は「全くやりたくない」という。それでも挑戦する理由は「すごく単純で、労働基準(の改善)」だ。

「プロデューサーとして映画を作るときは、睡眠時間を守るために絶対8時間空けるっていうルールがあるんです、僕ら周りの中では。そうすると一日で撮れる分が減るから、撮影日数が延びて、予算が増える」。ならば、「その分、先に(資金を)集めればいい」。

そのために山田はプロデューサーとして資金繰りに奔走し、撮影環境を整え、質の高い作品を作る。その先に見据えるのは、俳優という職業の魅力を高めること。

「今のうちになんとかしないと、俳優を目指す人もいなくなっちゃう。TikTokerだったりインスタグラマーだったりYouTuberだったり、いろんなところから出られる場所が増えていっていますし。でも、映画ってやっぱりすてきなものだし、ドラマもそうですけど、もっと状況を良くして、ここがやっぱり夢のある場所で、ちゃんとそこで活躍した人たちが、ちゃんとフィーチャーされて、っていうものにしたい」と熱い思いを語った。

インタビューをスタジオで見守った女優・矢田亜希子は、俳優の労働環境改善を訴える山田に感銘を受けた様子。

「やっぱり皆、たぶんそう思っていると思うんです。それを、テレビであれだけはっきり言えるって、本当にすごいことで。今、改善されている部分はたくさんあると思うんですけど、スケジュールに30時(早朝6時)終わりで翌日8時入りとかそういうこととか普通にあった時代だったりしたから、こうやって今、山田さんが代弁してくれているかのような、実現している、行動に移せている。素晴らしいですよね、うらやましいです」としみじみ語った。

元記事で読む