1. トップ
  2. ダイエット
  3. ツライ運動無し!痩せる体になる究極のメソッド「骨盤腸整ウォーキング」とは

ツライ運動無し!痩せる体になる究極のメソッド「骨盤腸整ウォーキング」とは

  • 2021.6.7
  • 7215 views
骨盤腸整ウォーキング
出典:emy.jimdosite.com

立つときの姿勢、意識していますか?

こんにちは! 骨盤腸整ウォーキングインストラクターのえいみーです。
スーパーでレジに並んでいるときや、交差点で信号待ちをしているとき、みなさんはどんなふうに「立って」いますか? 重心が片足に偏ったり、ねこ背になったり、目線が下を向いたり、上の写真のような態勢になっていることはありますか?

歩いてやせる究極メソッド“骨盤腸整ウォーキング”でお伝えした通り、こうした態勢を続けていると、「ねこ背・ぽっこりおなか・O脚」といったからだの歪みにつながり、太る原因になることも。

「正しく立つ」ことは、やせるからだづくりの第一歩。ほんの少し意識を向けるだけで、からだはみるみる変わります!

後ろ姿美人になる「正しい立ち方」はコレ!

骨盤腸整ウォーキングがめざす「正しい立ち方」が、上の写真です。
ポイントは、かかと・おしり・肩甲骨・後頭部が一直線になっていること。骨盤の上にまっすぐ頭が乗った状態が、正しい立ち方の理想です。
この姿勢を意識していると、からだはこんなふうに変化していきます。

●からだの不調が改善する!
頭痛、肩こり、腰痛などの不調は、からだの歪みが原因といっても過言ではありません。正しく立ってからだの歪みを整えることで、こうした悩みは改善します。

●インナーマッスルが鍛えられ、代謝アップ!
「正しく立つ」ためには、全身の筋肉、とくにインナーマッスルをしっかり使う必要があります。また、インナーマッスルを使って骨盤を起こして肋骨を開き、内臓を本来あるべき場所に置くことで、胃や腸などの内臓がしっかりと働き、代謝アップにつながります。

●後ろ姿が若返る!

体験会にいらした生徒さんがショックで悲鳴を上げる瞬間で多いのが「予想外に老けこんだ自分の後ろ姿を見たとき」です! いい姿勢をキープすることで、老けて見えがちな「後ろ姿」が、めちゃめちゃ若返ります! 私も後ろ姿はよく褒められています。誰かから「きれいなラインしているね」と言われる日も遠くないですよ!

正しく立つための4STEPとは?

では、「正しい立ち方」の4STEPをご紹介します!

<STEP1>足をそろえて立つ
つま先は開かずに、まっすぐ前を向けて立ちましょう。
太ももの内側の筋肉をしっかり使うイメージです。

<STEP2>おしりをキュッと締めて、骨盤を立てる
おしりをキュッと締めることで、自然と骨盤が床と垂直になります。
イメージしにくい方は、おしりの穴をすぼめるような意識でもOK!
鏡などでからだを横から写して、骨盤の向きを確認できるとベターです。

<STEP3>鼻から息を吸って、肋骨を開く
鼻から息を吸って肋骨を開き、口からふーっとゆっくり息を吐いて、おなかをペタンコに。
写真のように、両手でおなかをサンドイッチして息を吐くと、ペタンコ具合が確認しやすいです。

<STEP4>肩をぐるっとまわして、ズボンの縫い目より後ろで両手をキープする
手だけを動かそうとすると肩に力が入るので、肩ごと前から後にまわすのがコツ。
最後に息をふーっとゆっくり吐いて肩の緊張を解き、リラックスしましょう。

めざすのは、足先から骨盤、肋骨と意識をつなげて、最後にスッと骨盤の上にまっすぐ頭が乗った状態。上半身をまっすぐ立てるために、STEP3では骨盤と頭の中間点である肋骨を開いて、下半身と上半身を無理なく自然につなぎます。

はじめは平らな壁を背にしてやってみましょう! かかと・おしり・肩甲骨・後頭部が壁についているかをチェックしやすいですよ。また、スマホを使って、「正しい立ち方」を始める前とあとの姿勢を撮影するのもおすすめ! 一度客観的にみることで、正しいポジショニングを覚えやすくなります。

正しい立ち方は、youtube動画でも紹介しています。ぜひ併せてご覧ください!

1日1回から、こんなときにやってみよう!

「正しい立ち方」は、1日1回、STEP1〜4まで通しでできればパーフェクト! 1日1回、どれかワンステップを意識するだけでも、からだは変わっていきます。

ホームで電車を待っているときや、レジに並んでいるとき、歯磨きしているときなどのスキマ時間が、今日からあなたのエクササイズタイム! 明日は、今日よりきれいな自分に出会えるはず。ぜひ今から始めてみましょう!

教えてくれたのは

えいみー先生
一般社団法人日本姿勢改善ウォーキング協会・骨盤腸整ウォーキングインストラクター
肩こり、頭痛、PMSなど、からだのあらゆる不調に10代から悩んでいたが、38歳のときに出産、産後4ヵ月で職場復帰したのち、いよいよ限界に。キッチンでうずくまって泣く日々が続き、このままではいけないと一念発起。体質改善方法を模索するなかで「骨盤腸整ウォーキング」と出会い、レッスン参加。2週間ほどで吐くほどつらかった肩こりが改善。1ヵ月半後には入らなかったスカートが入るようになり、その後人生ベスト体重に。自身の感じたうれしい変化を1人でも多くの人に体験してほしいと、現在は骨盤腸整ウォーキングインストラクターとして活動中。4歳女の子のママ。

saita編集部

元記事で読む