1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ◆心理テスト◆「選んだアイスクリーム」でわかる!? あなたに近づく「恋愛トラブル確率」

◆心理テスト◆「選んだアイスクリーム」でわかる!? あなたに近づく「恋愛トラブル確率」

  • 2021.6.7
  • 6031 views

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」。生活の“現場”で感じるモヤモヤやザラつきなどをリスナーとともにスッキリさせていきます。6月3日(木)の放送では、心理テスト「選んだアイスクリームでわかる!? あなたに近づく『恋愛トラブル確率』をチェック!」にチャレンジしました。

(監修:池袋占い館セレーネ所属・木田真也(きだ・しんや)さん)

恋をするなら楽しい時間を過ごしたいですよね。そう思っていても、思わぬトラブルに巻き込まれることも。この心理テストで、あなたの心の奥に潜む未来を探ってみましょう。

【質問】

異性の友人と一緒に、アイスクリーム屋さんに来たあなた。2人でそれぞれアイスを買いましたが、あなたのアイスだけ、すぐに溶けてしまいました。あなたは何のアイスを買いましたか?

1.バニラ

2.チョコレート

3.いちご

4.抹茶

パーソナリティの山崎は、「私がよく選ぶのは、シンプルで王道なんですけどバニラです!」と回答。果たして、その結果は……?

番組パーソナリティの乃木坂46・山崎怜奈

【解説】

「アイスクリーム」は「一時的な楽しみや誘惑」という意味があり、つかの間の恋愛や浮気など、不安定な恋愛を暗示しています。また、「溶けてしまう」という状態は「不安やトラブルの予兆」を表しています。つまり、選んだアイスクリームによって、これから起こるであろう恋愛のトラブルがわかるのです。

【解答】

1.「バニラ」を選んだあなた……恋愛トラブル確率10%

「バニラ」には「長続きする幸せ」という意味があります。そのため、そこまで危ないことになる可能性は低いでしょう。お相手がいない人も、良い出会いに繋がりそうです。ただし、今パートナーがいる人は、マンネリにならないように気をつけましょう。

2.「チョコレート」を選んだあなた……恋愛トラブル確率95%

「チョコレート」には「恋愛」という意味がある一方で、「だらけた生活」や「疲れ」という意味もあります。悪い人に引っかかって、ズルズルと抜け出せない恋愛になったりしてしまうかも。関わる相手は見極めるようにしましょう。

3.「いちご」を選んだあなた……恋愛トラブル確率50%

「いちご」には「愛情や友情」という意味があり、本来は「新しい出会いに恵まれるチャンス」を示しています。しかし、アイスが溶けていることから1人に決めきれないような危険性も示されています。曖昧な態度を取らないように注意が必要です。

4.「抹茶」を選んだあなた……恋愛トラブル確率75%

「抹茶」は「癒やし」や「心の余裕」を意味しています。今のあなたは、恋愛に対して癒やしを求めているようです。そのため、ちょっと優しくされるだけで、すぐになびいてしまう可能性が。まずは自分の時間を大切にして、ゆっくり過ごしましょう。

「バニラ」を選んだ山崎は、「よくも悪くも“安定しやすい”っていうことですよね。確かに、何も波風がたっていない……(笑)。でも、ときとして必要ですからね」とコメントし、「自分の過去の恋愛と照らし合わせて聴いていた方も多いのではないでしょうか? いい恋愛は、日々をうるおしたりしますけれど、一方で、そこに依存すると自分の軸が揺らいでしまうことも。疲れる恋愛よりも、お互いが楽しく、支え合ったり、励まし合ったりする恋愛をしたいですよね! 難しいんですけどね(笑)」とコメントしました。

良い恋愛は、毎日が素敵に彩られるもの。疲れる恋ではなく、お互いが楽しくなるような恋をしたいものですね。

■監修者プロフィール:木田真也(きだ・しんや)

1979年3月生まれ。恋愛心理の専門家として2001年から活動。24歳で恋愛カウンセラーとして、カウンセリングルーム「mahali(マハリ)」を設立。恋愛心理の専門家として新聞、雑誌、テレビなど多数のメディアで取り上げられ、テレビ・ドラマや書籍・雑誌などの恋愛心理テストを多数監修する。

Webサイト:https://mahali.co.jp

YouTube::https://www.youtube.com/channel/UCKBgNNEkYKZD2eo1Jxa78dA

<番組概要>

番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。

放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55

パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

元記事で読む