1. トップ
  2. “ゴゴスマ”石井亮次が大阪上陸でしゃべり倒す「ちょっとやりすぎたでしょうか…」<桃色つるべ~お次のアナウンサーどうぞSP~>

“ゴゴスマ”石井亮次が大阪上陸でしゃべり倒す「ちょっとやりすぎたでしょうか…」<桃色つるべ~お次のアナウンサーどうぞSP~>

  • 2021.6.5
  • 739 views

笑福亭鶴瓶とももいろクローバーZ(以下、ももクロ)によるトーク番組「桃色つるべ」。6月6日(日)夜1時よりカンテレ(KTV)で「桃色つるべ~お次のアナウンサーどうぞSP~」と題し、アナウンサーとコラボした特別番組を放送。ゲストにフリーアナウンサーとして活躍する石井亮次と、カンテレから、関純子アナ、岡安譲アナ、堀田篤アナ、新実彰平アナ、入社一年目の新人・橋本和花子アナの5人が登場する。

【写真で見る】石井亮次のトークがさく裂!

石井は名古屋の放送局・CBCの元アナウンサーだが、生まれは大阪府東大阪市で大学も同志社大学という生粋の“関西人”。番組冒頭「カンテレに出られてうれしい。今日はいっぱいしゃべろうと思ってきた」と全力宣言。アナウンサーを目指したキッカケからフリーになった今の心境、「書類選考で落ちた」カンテレとの関係、また、一目ぼれからナンパした奥様とのなれ初めなど、知られざるプライベートを明らかにしていく。

CBCでMCをしている昼の情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(毎週月~金曜昼1:55-3:49、TBS系※一部地域を除く)が全国区になるなど躍進を続ける石井について、冒頭、「どう思ってんの?」とカンテレアナへMCの鶴瓶が率直な質問を。すると、夕方の報道番組でメインキャスターを務める新実アナは「ローカルでやっていた番組が全国放送に。また、ご自身も独立して全国に飛び出して…どうやったらそんな道が…」と発言。すかさず鶴瓶から「オマエ、さっき『僕は今後絶対フリーになりません』ゆうたやないか!」とツッコミが入る。苦笑いの新実を横目に、石井は「僕も絶対フリーになりません! といって、フリーになった。事情は変わるんです」とニヤリとフォローした。

また、アナウンサーを目指したのは、阪神タイガースの優勝がキッカケだったこと、採用試験で「カンテレは書類選考で落ちた」ことを告白。カンテレとの縁がなかったという石井だが、意外にも堀田アナとはプライベートでご飯に行く仲だそうで、「関西テレビに居場所がない」と自虐的に嘆く堀田アナを励ましているという。

そんな後輩想いで、面倒見の良い一面を見せた石井だったが、突如「桑原征平さん、山本浩之さん以降、カンテレにバラエティーをはれる男性アナがいない!」と鋭く切り込み、カンテレアナ陣が苦笑するという一幕も。「『痛快!エブリデイ』を学校が休みの時に見ていたんです。カンテレ好きなんです」と、そのカンテレ愛からカンテレに言いたいことをズバッといい、スタジオを沸かせていた。

さらに、石井の独壇場は続き、「アドリブで一人情熱大陸」という特技を披露。 ももクロが情熱大陸の主人公を即興で演じ、石井が、カメラマンとナレーションを一人でこなすという謎の展開に。そこでも、さすがのアドリブ力を発揮し、ももクロメンバーも大盛り上がりの結果となった。

収録後、「ちょっとやりすぎたでしょうか…」と後悔の表情を見せる石井だったが、鶴瓶&ももクロは「おもしろかった! 石井アナめっちゃ楽しそうだった!」と大絶賛。鶴瓶は「フリーになったのがわかる。これからほかの番組にもどんどん出るでしょうね」と太鼓判を押した。

元記事で読む