1. トップ
  2. 『少年の君』デレク・ツァン監督のデビュー作 『ソウルメイト/七月と安生』6月25日公開

『少年の君』デレク・ツァン監督のデビュー作 『ソウルメイト/七月と安生』6月25日公開

  • 2021.6.6
  • 440 views
『ソウルメイト/七月と安生(チーユエとアンシェン)』(c)2016 JOYCORE Pictures(Shanghai) CO.,LTD. , J.Q. Pictures Limited,Alibaba Pictures Group Limited,We Pictures Ltd. ALL Rights reserved.

7月16日に公開される映画『少年の君』のデレク・ツァン監督の単独監督デビュー作『七月與安生』(英題:Soul Mate)が、『ソウルメイト/七月と安生(チーユエとアンシェン)』の邦題で6月25日より公開されることが決定した。

第93回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされた『少年の君』を手がけたデレク・ツァン監督のデビュー作となる『ソウルメイト/七月と安生』は、『ウィンター・ソング』のピーター・チャンがプロデューサーを務め、香港のアカデミー賞にあたる香港電影金像奨で12部門にノミネート、作曲賞を受賞した。同じく中華圏を代表する映画賞・金馬奨では、アンシェンを演じたチョウ・ドンユイ、チーユエを演じたマー・スーチュンの2人が主演女優賞をW受賞した。同名のネット小説を脚色して描かれた2人の女性の物語は、彼女たちの半生を綴りながらも、予想だにしなかった結末へと加速してゆく。

ある日、安生(アンシェン)の元に映画会社から連絡が届く。彼らは、人気ネット小説『七月(チーユエ)と安生』を映像化したいのだという。作者は七月という名の女性だが、所在は不明。物語は幼なじみの女性2人の友情を描いたもので、作者の自伝的な要素が強いという話だった。そこで彼らは、もう1人の主人公のモデルを探し、アンシェンに連絡をしてきた。だがアンシェンは「チーユエなんて人は知らない」と彼らに嘘をつく。チーユエはアンシェンにとって特別な存在だった。何よりも大切な親友、そして誰よりも激しくぶつかりあった戦友、互いに魂の奥深いところでつながっていたはずの2人。それなのに、彼女たちの間に一体何があったのか。(リアルサウンド編集部)

元記事で読む