1. トップ
  2. 増田貴久、『ボイスII』撮影開始 唐沢寿明と2年ぶり息の合った演技

増田貴久、『ボイスII』撮影開始 唐沢寿明と2年ぶり息の合った演技

  • 2021.6.4
  • 127 views
ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(左から)唐沢寿明、増田貴久の場面写真 (C)日本テレビ width=
ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(左から)唐沢寿明、増田貴久の場面写真 (C)日本テレビ

俳優の唐沢寿明が主演する7月10日スタートのドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(日本テレビ系/毎週土曜22時)で、主人公・樋口彰吾(唐沢)とバディを組む透ちゃんこと石川透役のNEWS・増田貴久がクランクイン。初日から“兄貴”とのアクションシーンの連続で、2年ぶりとは思えない息の合った演技を見せた。

【写真】唐沢寿明、『ボイスII』でのアクションシーン

2019年7月期に放送された『ボイス 110緊急指令室』の続編となる本作は、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」を舞台とした、タイムリミットサスペンス。

勘と行動力で突き進む情熱的な敏腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され犯人への報復に燃えた男・樋口彰吾を唐沢、そして緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)として事件の鍵を「声」「音」でひもとく橘ひかり役を真木よう子、そして樋口を“兄貴”と慕う後輩捜査員・石川透役を増田が、前作に続き演じる。

前回と同じスタッフが多かったこともあり、撮影初日から「スッと現場に入れました」と話す増田。唐沢からは出会うなり、「お前、また身体を絞ったな」と話しかけられ、前回も引き締まった身体で撮影に臨んでいたのを覚えてもらっていたことに感激したという。撮影の合間には、今回の石川透の役作りにおいて、透の罪の意識、心の葛藤などについて、いろいろとアドバイスしてもらえたそうで、「嬉しかったですね」と“兄貴”への信頼は揺るがない。

前作終了後、唐沢には何十回も食事に連れて行ってもらったとのことで、「兄貴と透の関係性も、より深くなっていると思います」と力強く話した増田。「僕自身が『ボイス』の大ファンなんです。そして『ボイス』ファンの皆さまがいたからこそ『II』につながったと思うので、その期待に応えられるような作品になるように頑張ります」と意気込みを語った。

ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』は、日本テレビ系にて7月10日より毎週土曜22時放送。

元記事で読む