1. トップ
  2. 中村倫也“楠木”の過去&マクベスに対する熱い思いが明らかに!<コントが始まる>

中村倫也“楠木”の過去&マクベスに対する熱い思いが明らかに!<コントが始まる>

  • 2021.6.4
  • 691 views
「コントが始まる」第8話より (C)NTV
「コントが始まる」第8話より (C)NTV

【写真を見る】中村倫也“楠木”、スーツ姿がかっこいい…!

菅田将暉が主演を務めるドラマ「コントが始まる」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)の第8話が、6月5日に放送される。8話の放送を前に、マクベスのマネージャーである楠木実籾(中村倫也)と春斗(菅田)らが一緒に焼き鳥屋ボギーパットで飲んでいる新たな場面写真が公開となった。

同ドラマは、「あの頃」に思い描いていた「大人の自分」とはまるでかけ離れた「大失敗」な人生を歩んでしまった20代後半の若者たちが、その「失敗」をしたからこそ出会う人や出来事によって、思い描きもしなかった未知の「幸せ」と巡り合う現代の5人の若者の生き様を描いた群像物語。

売れないお笑い芸人のトリオ「マクベス」を菅田、神木隆之介、仲野太賀の3人が演じ、マクベスの3人がネタ作りに集うファミレスのウエートレスを有村架純が、その妹を古川琴音が演じる。

【写真を見る】中村倫也“楠木”、スーツ姿がかっこいい…! (C)NTV
【写真を見る】中村倫也“楠木”、スーツ姿がかっこいい…! (C)NTV

8話では、マネージャーである楠木目線で、瞬太が加入してからの 5年間のマクベスの活動を振り返る。いままであまり明らかにされていなかった楠木の過去やマクベスに対する熱い思い、さらに、なぜマクベスが楠木が勤める芸能事務所・パソリブレに所属することになったのかが明らかになる。

楠木は、マクベスの3人と出会う前からボギーパットの常連客で、ほぼ毎日通っていた。マクベスのマネージャーとなってからは、ボギーパットに通うことはほとんどなくなってしまったが、マクベスの解散を目前に控え、久々に店を訪れる。

また、ボギーパットのトイレに貼ってある演歌歌手のポスターが、パソリブレ所属の歌手ばかりであることも判明する。

「コントが始まる」第8話より (C)NTV
「コントが始まる」第8話より (C)NTV

第8話あらすじ

コント「ファミレス」。明転したステージに現れたのは、ファミレスでフルーツパフェを注文した客役の春斗(菅田将暉)。パフェからは、なぜか苦手なバナナが勝手に抜かれている。ウエートレス役の瞬太(神木隆之介)と胡散臭い店員役の潤平(仲野太賀)が加わり、マクベスによるとりとめのないコントの「前フリ」が流れる――。

久々に瞬太が働く焼き鳥屋を訪れたマクベスのマネージャー・楠木(中村倫也)は、5年前に初めてマクベスに会ってから、懸命に3人の売り込みをしてきた日々を振り返っていた。コントの構成やネタの選定に至るまで、マクベスと共に必死に過ごしたその時間は楠木にとってもかけがえのないものだった。

一方、つむぎ(古川琴音)が瞬太と付き合っていることをマクベスの3人から聞いた里穂子(有村架純)は、つむぎの引越しを間近に控え、些細な言い合いから冷戦状態に突入してしまう。そんな中、つむぎが働くスナックに楠木がやって来る。

そして、未だマクベス解散後の道を何も見つけられない春斗は、解散ライブに向け、新たなネタを考えていた。

また、酒屋を継ぐため実家に帰る日が多くなった潤平は、弓子(木村文乃)ら家族と跡継ぎに対する現実と立ち向かうことになる。

元記事で読む
の記事をもっとみる