1. トップ
  2. グルメ
  3. 【福岡】 インスタ映え間違いなし!テイクアウトで楽しみたい絶品「サンドイッチ」4選

【福岡】 インスタ映え間違いなし!テイクアウトで楽しみたい絶品「サンドイッチ」4選

  • 2021.6.4
  • 1794 views

【2021年5月12日~6月20日、福岡県に緊急事態宣言が出されています】
この記事は不要不急の外出を促す意図があるものではありません。
“自粛疲れ”な毎日の息抜きに、 「テイクアウトで楽しみたい」「いつか行きたい」お店・おでかけ先の候補選びの参考としてお楽しみください。
また、外出の際は「3密を回避」「手指の消毒」「マスクの着用」などの感染対策をしっかりと行い、一人ひとり責任のある行動を取りましょう。

~もっと福岡を、好きになる~「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

外出自粛が続く中、テイクアウトやデリバリーを始める飲食店も増えてきましたね。

今回は、これまでARNEでご紹介してきた記事からテイクアウトできる絶品&フォトジェニックなサンドイッチたちを編集部が厳選♪

食事系からスイーツ系まで、豊富なラインアップでご紹介します!

人気カフェの断面が美しいサンドイッチ/「Gold Coast Cafe + Dining(ゴールドコースト カフェダイニング)」(大野城市下大利)

ARNEライターのayu.latteさんが紹介してくれた、大野城市にある『Gold Coast Cafe + Dining(ゴールドコースト カフェダイニング)』。

海外のものを参考にしたというボリューム満点のサンドイッチが人気のお店です。

ショーケースにはフルーツサンドと、野菜たっぷりの“萌え断”なサンドイッチが全部で常時10種類程度、週替わりで並びます。

取材時のラインアップの一部をご紹介!

食事系のサンドイッチは、『ガーリックシュリンプ&アボカド』(650円)、『自家製キーマカレーとたまご』(630円)など野菜たっぷりでヘルシーなものばかり。

『Gold Coast Cafe + Dining(ゴールドコースト カフェダイニング)』のサンド
画像:ayu.latte

『オンリーストロベリー』(590円)、『フルーツMIX』(600円)など、フルーツサンドも種類がたくさん!

『Gold Coast Cafe + Dining(ゴールドコースト カフェダイニング)』のフルーツサンド
画像:ayu.latte

甘さ控えめのクリームが、フルーツの甘さを引き立てます!

フルーツサンドには季節のフルーツを使っており、定期的にメニューが変わりますよ♪

『Gold Coast Cafe + Dining(ゴールドコースト カフェダイニング)』のスタッフ
画像:ARNE編集部

<店舗情報>
■GOLD COAST Cafe+Dining(ゴールドコースト カフェダイニング)
住所:大野城市下大利1-9-20

ボリューム満点!テイクアウト専門の人気サンドイッチ店/「SAND GOTO(サンドゴトウ)」 (福岡市中央区鳥飼)

『シティ情報ふくおか』統括編集長の古後大輔さんが紹介してくれたのは、2020年7月に大名から鳥飼に引っ越してきたサンドイッチ専門店『SAND GOTO(サンドゴトウ)』。

こだわりの具材とボリュームで人気を博しているお店です。

店主おすすめの『自家製鶏つくねサンド』(単品380円)は、ミンチから手作りしたという“鶏つくね”とシャキシャキのレンコンに、甘辛のソースがかかっています。カリッとふんわりのパンとの相性も抜群で、食べれば食べるほどクセになる!

『SAND GOTO』自家製とりつくねサンド
画像:シティ情報ふくおか

お昼のセットは、好きなサンドに、ポテトやナゲット、ドレッシングが選べるサラダやドリンクも付いていてボリューム満点!

今回注文したセットは、『油淋鶏サンド』『季節のチョップドサラダ(ドレッシング付)』『自家製レモンスカッシュ』の3品で880円。

『SAND GOTO』のサラダとドリンクがついたお昼のセット
画像:シティ情報ふくおか

『油淋鶏サンド』は、今流行りの大衆中華のナンバーワンわんぱく料理である「油淋鶏」がゴロゴロ特大サイズでド〜〜〜ンッとのっかって、単品でたったの380円!

『SAND GOTO』の油淋鶏サンド
画像:シティ情報ふくおか

いや〜どこからどう眺めても、縮尺、比率、コスト、どれもサンドイッチの枠を超えてます。当然、お味の方も超えています!

持ち帰ってもおいしく食べてもらえるようにと、焼き直しの方法が記されたカードが付いているので、ぜひお試しを!

<店舗情報>
■SAND GOTO(サンドゴトウ)
住所:福岡市中央区鳥飼2-1-46

具材たっぷり絶品!薬院大通駅すぐそばのサンドイッチ専門店/「THE SANDWICH STAND(ザ・サンドイッチスタンド)」(福岡市中央区薬院)

ARNEライターのayu.latteさんが紹介してくれた、地下鉄七隈線・薬院大通駅から徒歩1分の場所にある『THE SANDWICH STAND(ザ・サンドイッチスタンド)』。

外観からとってもオシャレ! 窓も大きく、初めてでもわかりやすいお店です。

自家製のパンと地元の食材を使った具材たっぷりのサンドイッチがたくさん並びます。

お決まりの「三角」のサンドイッチから、丸いパンに挟まったかわいらしいサンドイッチ、

「THE SANDWICH STAND」のサンド
画像:ayu.latte

厚切りのハムカツが入った具だくさんのサンドイッチ、

「THE SANDWICH STAND」のハムカツサンド
画像:ayu.latte

トルティーヤで具を包んだサンドイッチまで! さまざまな種類があります♡

「THE SANDWICH STAND」のトルティーヤサンド
画像:ayu.latte

テイクアウトはもちろん、イートインも可能です。ランチは『サンドイッチプレート』と『タルティーヌプレート』(各1,430円・ランチのみ、テイクアウトなし)。両方ともにメインは日替わり、そして本日のスープとドリンクが付きます。

「THE SANDWICH STAND」のサンドイッチプレート
画像:ayu.latte

この日のサンドイッチは『かぼちゃサラダとローストビーフのサンドイッチ』。厚めにスライスされたローストビーフと、かぼちゃサラダ、そして粒マスタード。この組み合わせ、ほんとに絶品でした!

また、季節によって中身が変わる『フルーツサンド』(イートイン440円、テイクアウト432円)もあります。ほかにも、エッグタルトやマドレーヌ、ブッセなど食後のデザートにもぴったりな焼き菓子も並んでいるので、ついつい買ってしまいますよ。

<店舗情報>
■THE SANDWICH STAND(ザ・サンドイッチスタンド)
住所:福岡市中央区薬院4-7-11

まるで秘密基地!? 住宅街の奥で見つけたボリューム満点ベーグルサンド/「DIG INN」(福岡市中央区白金)

こちらもARNEライターのayu.latteさんが紹介してくれた、中央区白金にあるベーグルのテイクアウト専門店『DIG INN(ディグイン)』。初めての人は迷ってしまいそうな秘密基地感がさらにワクワクさせてくれるお店です。

ショーケースには、ベーグルサンドが常時8種類程度、クリームチーズが常時5種類並んでいて、自分で好きなクリームチーズとベーグルを選んで挟んでもらうことも可能。

クリームチーズは、ハーフ&ハーフで2種類選ぶこともできます♪(1種類だけでも、2種類選んでも600円、1種類が期間限定のクリームチーズの場合は630円、2種類とも期間限定の場合は650円)

今回は、ブルーベリーとイチジクのクリームチーズを、クルミのベーグルでサンドしてもらいました。

画像:ayu.latte

『スモークサーモン』(550円)は、スモークサーモンの塩味とアボカドのねっとり感、そしてクリームチーズが見事に調和したサンド。お昼ご飯にピッタリ!

画像:ayu.latte

また、定番人気のフルーツサンド『フルーツ』(550円)も見逃せない! この日はバナナ、パイン、ピンクグレープフルーツ、キウイ、オレンジを蜂蜜のクリームチーズでサンド。

画像:ayu.latte

みなさんも、絶品のベーグルサンドを食べてみませんか?

<店舗情報>
■DIG INN(ディグイン)
住所:福岡市中央区白金1-7-10

ガッツリ食べたいときや小腹がすいたとき、食後のスイーツまでさまざまなシーンで楽しめそうですね。

ぜひ自分好みのサンドイッチを探してみてください!(文/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗へご確認下さい。※文中価格は税込みです。

元記事で読む
の記事をもっとみる