1. トップ
  2. ファッション
  3. マスク時代の救世主! 夏のヘアアレンジはこれが正解♡

マスク時代の救世主! 夏のヘアアレンジはこれが正解♡

  • 2021.6.4
  • 1827 views

この1年半でマスク前提のヘアアレンジをしてきた人も多いと思います。でも、案外バランスをとるのに苦戦していませんか? マスクをしていてもこなれて見える決め手はヘアアクセの使い方とバランスにあり!そのお手本をセレブが実践してくれているので、早速チェックしてみましょう。

小顔効果もバッチリ!オリヴィア・パレルモの「黒カチューシャ」テク

マスクをしているとどうしても顔半分が覆われてしまうので、すっきり見せるべく髪を結ぶ人も多いと思います。でも、いつも同じ印象になってしまう…そんなマンネリを打破してくれるのがカチューシャです。おしゃれ番長のオリヴィア・パレルモのこなし方がとても参考になるのでチェック。写真のオリヴィア、マスクにサングラスまでしていて普通なら重た〜い!印象に転びがちなところを、黒のカチューシャで顔周りの毛をすっきりまとめているのでとてもバランスがいいですよね。悪目立ちしないレザー調のシンプルなものを合わせているのも◎。顔は見えないけれど、額が見えている分、全体的にすっきりした印象を与えられるんです。マスクでダウンヘアを楽しみたい人にも是非真似してほしいテクニックです。

横顔も抜かりなし!カーリー・クロスはインパクトあるメッセージピンでアクセント

マスクをしている際は、額を出して顔周りをすっきりさせるのがおしゃれで好印象の秘訣ですが、モデルのカーリー・クロスのように、今流行りのメッセージピンの重ね付けで横顔にアクセントをつけるのも素敵です。カーリーの場合は「RUN FOR THE OCEANS」と環境保護を訴える小粋なものですが、ブランド名が入ったものとシンプルなピンを重ねてもGOOD。3、4本重ね付けするとサイドの髪がタイトにまとまりいいバランスですよ!

ゆるまとめににリボン一巻きした大人フェミニンなポピー・デルヴィーニュ

イギリスを誇るおしゃれ3姉妹の次女であるポピー・デルヴィーニュは、後ろからの視線を想定したヘアアレンジでマスクとのバランス調整を。前から見るとゆるっとひと結びにしたシンプルなヘアスタイルかと思いきや、長めの蝶々結びにした太めリボンが大人可愛い雰囲気を後押ししてくれています。ネイビーや黒でセミサテンやスエード調のリボンを選べば、華美になりすぎず、ポピーのようなこなれた印象に。このテクニックなら不器用さんでもできるので是非お試しを。

スポーティ派はヘイリー・ボールドウィンのようにヘアバンドに同色シュシュですっきりアレンジ

リボンもカチューシャもちょっとフェミニンすぎる…。そんなカジュアル好き、スポーティ派はモデルのヘイリー・ボールドウィンのアレンジを参考にしてみては? 本来はスポーツの汗よけとして本領を発揮するであろうヘアバンドで顔周りの毛をタイトにまとめています。それだけだとラフすぎるので、注目してほしいのがちらりと映るヘアバンドと同色のシュシュ!お団子をまとめるゴムをヘアバンドと同色のシュシュにすることでほんのりフェミニンさが足されて程よいカジュアル具合にまとまるんです。ヘイリーのようにヘザーグレーを選ぶのもポイント。ニュアンスカラーは髪色にも馴染みやすく悪目立ちしないので◎!

モニター越しもリアルも映えたい!ならカミラ・カベロのターバンテクが使える

夏だし、華やかなアレンジを楽しみたい!そんな方は歌手のカミラ・カベロがいいお手本に。マスクと合わせてもグッドバランスで華やかさを添えられるのはズバリ、ターバンです。カミラのように前髪を下ろしていても、サイドの毛をターバンで抑えることでコンパクトな印象で小顔効果もあります。また、巻き方次第ですが、結び目を大きくすることで視線が上に伸び、すらりとした印象を与えることも可能。ターバンアレンジをする際は、シンプルな単色ではなく、カミラのようにタイダイやボタニカル柄など鮮やかで華やかなものの方が季節感も手伝ってより素敵に仕上がると思いますよ!

・・・・・
どうせマスクだし…と悲観的になるのではなく、マスクだからこそ挑戦できるヘアアレンジもあるはず。どれも手軽に挑戦できるので、気になるセレブのヘアアレンジが見つかったらぜひお試しくださいね!withマスクの夏もおしゃれに切り抜けましょう♪

※すべての画像は以下の出典です。

@oliviapalermo
@karliekloss
@poppydelevingne
@haileybieber
@camila_cabello

Senior Writer:澤村恵

元記事で読む