1. トップ
  2. グルメ
  3. 有楽町プラネタリア TOKYO「クイーン」の名曲を楽しむドーム映像作品、360度サラウンド

有楽町プラネタリア TOKYO「クイーン」の名曲を楽しむドーム映像作品、360度サラウンド

  • 2021.6.3
  • 549 views

有楽町プラネタリア TOKYO「クイーン」の名曲を楽しむドーム映像作品、360度サラウンド

東京・有楽町の「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」で、ロックバンド“クイーン(QUEEN)”の楽曲を使用したドーム映像作品「クイーン -ヘブン-(QUEEN -HEAVEN-)」が上映される。期間は2021年7月12日(月)から11月24日(水)までを予定。

www.fashion-press.net

クイーンの楽曲が楽しめる人気作を再上映

「クイーン -ヘブン-」は、2019年11月にプラネタリウム施設「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」で上映し、2か月間満席が続いた人気映像作品。上映終了後も、多くのファンからリクエストが届いたことから、今回の再上映が決定した。

「クイーン -ヘブン-」は、フレディ・マーキュリーの没後、クイーンのギタリストで天文学者でもあるブライアン・メイ監修のもと、2001年にドイツで制作された作品。プラネタリウムならではの全天周映像作品となっており、案内役のブライアン・メイと共にバンドメンバーの本人映像などを振り返りながら、まるで生ライブを見ているかのような没入感を堪能することができる。映像に合わせたライティング演出にも注目だ。

使用する楽曲は、フレディ最後の歌声といわれる「マザー・ラヴ」から、往年のヒット曲「ボヘミアン・ラプソディ」へと遡る全19曲。360度サラウンドで、臨場感あふれる音楽を楽しむことができる。

フレディが歌う姿を表現したドリンクも

上映に合わせて、施設内併設のカフェ「カフェ プラネタリア(Cafe Planetaria)」では期間限定オリジナルドリンク「ウェンブリー(WEMBLEY)」も登場。フレディがウェンブリースタジアムで歌う姿を表現した、ピンクグレープフルーツの甘酸っぱい風味を感じられるミックスジュースとなっている。

「カフェ プラネタリア」で販売されている飲食物は、「クイーン -ヘブン-」が上映されるデジタルドームシアター内にも持ち込み可能なので、ドリンクを片手にライブ感覚で上映を楽しむことができそうだ。

【詳細】
「QUEEN -HEAVEN-」
期間:2021年7月12日(月)~11月24日(水)予定 ※約80分 ※50回限定上映予定
鑑賞料金:2,000円 ※小学生就学前の子供の入場は不可。
※上映時間、休館日、追加上映回など、最新情報は公式サイトで確認。

■施設概要
コニカミノルタプラネタリアTOKYO
所在地:東京都千代田区有楽町2丁5-1 有楽町マリオン9階
営業日:定休日なし(作品入替期間は休館)
営業時間:10:30~22:00(最終受付は21:00)
※土日祝のみ22:30まで営業。(最終受付は21:30)

【問い合わせ先】
案内/インフォメーション
TEL:03-6269-9952(10:00~19:00)

元記事で読む