1. トップ
  2. ハン・イェスルの’残された疑惑’ ・・ディスパッチ砲が1度で終わらぬという不吉な予感

ハン・イェスルの’残された疑惑’ ・・ディスパッチ砲が1度で終わらぬという不吉な予感

  • 2021.6.3
  • 2462 views

“韓国の週刊文春”ディスパッチ(Dispatch)が、ハン・イェスルの交際相手について衝撃的な報道を行った。これに留まらず、ハン・イェスルに対する敵対的な暴露が相次ぐという、不吉な予感までが広まっている。


今日(6月2日)、韓国メディア・ディスパッチ(Dispatch)が、ハン・イェスルと、交際相手A氏に対する衝撃的な内容を公開した。

ハン・イェスルに関する”疑惑”の真相はいかに‥

2週間前、ハン・イェスルが自身のSNSに公開した、*年下の交際相手A氏が、富裕層が多く住んでいるとされるソウル市江南区のホストクラブで接待従業員、いわゆる”ホスト”だったという内容だ。

*韓国ポータルサイトなどによると、A氏はハン・イェスルと10歳ほど離れているという。

ハン・イェスルを襲ったディスパッチ砲
ディスパッチは、A氏に性関係を伴う接待を受けた女性らも取材し、韓国ネットでは波紋が広がっている模様だ。

言わばスクープ専門メディアとして、韓国社会においてその”悪名”を振るってきたディスパッチだけに、信ぴょう性は担保されているとの見方も増えている。

これまで、幾度となく人気芸能人や有名人を窮地に立たせてきた前歴を誇るディスパッチだが、実は、その”やり方”に体を震える思いをした人も多い。その”やり方”とは、後述する”時間差攻撃”である。

今回のディスパッチの報道により、彼女の交際相手の正体が暴かれたが、ハン・イェスル側は直ちに”事実無根”と声明を出している。

元々、交際相手A氏の職業や2人の出会いについて、最初に疑惑を提起したのはディスパッチではない。元芸能記者で現在、”暴露系”Youtubeチャネルを運営中のキム・ヨンホ(以下、キム氏)が発端だった。

ハン・イェスルにまつわる疑惑はまだ残っている
実はキム氏、A氏に関する暴露だけではなく、いくつかの不都合な事実も明かしている。

ディスパッチのターゲットとなったハン・イェスル

3年前、韓国社会に大きな衝撃を与えた、*バーニングサンで、薬物を吸引しながら店内をうろついていたトップ女優の正体が、ハン・イェスルだったという事と、彼女が2018年に医療事故に遭った時、病院を相手取り10億ウォンにも上る巨額の示談金を要求したという暴露である。

*バーニングサン:BIGBANG元メンバーV.I(スンリ)が経営に関与したとされるクラブ。2018年に、芸能界や政財界を巻き込む大スキャンダルへと発展した。

ディスパッチという強力なリリーフの登場に、キム氏の暴露に弾みが付けられることとなり、まだその真相が明らかになっていない上述の疑惑--薬物吸引や、病院への巨額示談金要求の件についても、何らかの取材と報道がなされる可能性は十分にあり得る。

ディスパッチの恐ろしい手法
ディスパッチは、スクープ報道を何回かに分けて伝播するという手法を見せてきた。

記憶に新しいのが、tvN(Netflix)ドラマ『愛の不時着』に出演し、日本でも高い知名度を持つようになった韓国俳優のキム・ジョンヒョンと、ドラマの撮影現場で不誠実な態度を取るよう指示し、やがて自主降板を迫るなどの”操縦”をしたと疑われている女優ソ・イェジの件だ。

キム・ジョンヒョン(左)とソ・イェジ(右)

当時、ディスパッチは、4月8日にキム・ジョンヒョンが『愛の不時着』で共演していたソ・ジヘが交際中だと、スクープを報道。ヒョンビンとソン・イェジンカップルに次ぐ『愛の不時着』2番目のカップルということもあり、多くの関心を集めた。

すると、4日後の12日。今度は、キム・ジョンヒョンとソ・イェジの関係を取り出す。あたかも2つの情報は既に持っていて、時間差でニュースを報じることによって生まれる”劇的な反響”を狙っていたかのように・・。

もしディスパッチが、ハン・イェスルに関する”別”の情報もすでに入手しているとしたら、キム・ジョンヒョン&ソ・イェジのように、時間差攻撃が仕掛けられる可能性も、残念ながら、ある。

ハン・イェスルの疑惑が、オセロのように白から黒へと変わってしまうのか、それとも彼女が名誉棄損を訴え十分に勝ち得るほど事実無根であるのか。年下彼氏との交際を宣言したばかりに、思わぬ事態へと発展しまった今、彼女は何を思うのか。

元記事で読む