1. トップ
  2. BTS、新曲「Butter」米ビルボード “ホット100”で4度目の1位獲得!「愛してくださった皆さんに心から感謝」

BTS、新曲「Butter」米ビルボード “ホット100”で4度目の1位獲得!「愛してくださった皆さんに心から感謝」

  • 2021.6.2
  • 203 views

BTS(防弾少年団)が5月21日にリリースしたニューシングル「Butter」が、米ビルボード の“ホット100”で1位を獲得。これにより、BTSは米ビルボードのメインシングルチャートで4度目の制覇を果たした。

【写真を見る】Spotifyでは1日最多グローバルストリーミング記録を打ち立てたBTS

米ビルボード、BTSが“ホット100”で4度目の1位を発表

現地時間の6月1日、ビルボードは公式ホームページに「順調な出発:『Butter』ビルボード『ホット100』1位」という見出しの記事を掲載し、BTSの新曲「Butter」が「ホット100」で1位に輝いたと伝えた。

これでBTSは昨年8月に発表したデジタルシングル「Dynamite」で韓国歌手初の「ホット100」1位にランクインしたことに始まり、フィーチャリングに参加した「Savage Love」のリミックスバージョン、アルバム『BE』のタイトル曲「Life Goes On」と合わせて、今回4度目のトップに立った。

ビルボードは「BTSはわずか9カ月で4曲を『ホット100』チャート1位につけた。最初の1位曲から4度目の1位曲までの期間としてはジャスティン・ティンバーレイクの約7カ月(06年~07年)以来最も短く、グループの中では1970年のTheJackson5(8カ月~2週間)以来最短期間の記録」だと説明。

またビルボードによると、同曲は5月21日の公開から27日までの1週間、米国でのストリーミング回数3220万件とダウンロード数24万2800件、同月30日までのラジオ放送聴取者数は1810万を記録したという。「ホット100」はストリーミング、ラジオ放送回数、音源販売量を総合してシングル順位を集計する。そこでBTSは4度目の首位を獲得し、「21世紀ポップアイコン」の地位を証明した形となった。

BTSがコメント「今夏、みんなが楽しめる歌になればいいな」

この記録に、BTSはBIGHIT MUSICを通じて「『Butter』は今夏、みんなが楽しめる歌になればいいなという思いで作った曲だが、ビルボード『ホット100』1位まで獲得できてうれしく、光栄だ」「多くの方々の助けと愛があったからこそ4度目のビルボード『ホット100』1位という光栄なタイトルを獲得できたと思う。皆さんに感謝する」と述べた。

また「『Butter』を聞きながらエネルギーを充電して元気を出してくれれば、僕たちにこれ以上のプレゼントはないと思う。『Butter』を愛してくださった皆さんに心から感謝するとともに、常に熱く甘く涼しい音楽をお届けするために努力するBTSになる」とコメントした。

元記事で読む