1. トップ
  2. 唐沢寿明「今回の敵はかなり手強い」『ボイスII』撮影開始&初回放送日決定

唐沢寿明「今回の敵はかなり手強い」『ボイスII』撮影開始&初回放送日決定

  • 2021.6.2
  • 173 views
ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』唐沢寿明のアクションシーン (C)日本テレビ width=
ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』唐沢寿明のアクションシーン (C)日本テレビ

俳優の唐沢寿明が主演を務め、女優の真木よう子が共演するドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の初回放送日が7月10日に決定。撮影も開始され、唐沢、真木の場面写真とコメントが到着した。

【写真】ボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかり役の真木よう子

2019年7月期に放送された『ボイス 110緊急指令室』の続編となる本作は、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」を舞台としたタイムリミットサスペンス。

前作に引き続き、勘と行動力で突き進む情熱的な敏腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され犯人への報復に燃えた男・樋口彰吾を唐沢、緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)として事件の鍵を「声」「音」でひもとく橘ひかり役を真木が演じ、NEWSの増田貴久が樋口を“兄貴”と慕う後輩の石川透役にふんする。

クランクインした唐沢は、初日からいきなり今回登場する最凶最悪のダークヒーローとの撮影。全力疾走で追い、戦い、また追いかける、とハードなアクションシーンの連続に「思っていたより大変でしたね」と口にし、「今回の敵は、身軽でキビキビしていて、かなり手強い。しかもピョンピョン逃げる。殴ったり蹴ったりではなく追わないといけない。一体こいつは何なんだと、謎の男に振り回される。見ている方は楽しめるんじゃないでしょうか」とコメント。

「2年ぶりの『ボイス』ですが、スタッフがほぼ一緒だったのでやりやすく、初日という感じがしなかったです。永遠にやっている感じ(笑)。この雰囲気なら、きっと面白い作品になる。期待して下さい!!」とメッセージを寄せた。

続いてクランクインした真木は、こちらもいきなり凶器をもった男とのアクションシーンの撮影。「アクションシーンに向けて、自宅で出来る筋トレ、柔軟運動、体幹トレーニングなどをやって過ごしていました」という真木は、「今回は前回の『ボイス』では無かった恋愛要素もあるので新鮮な気持ちです」と語り、「また同じ作品をみんなで作れるのが嬉しく、熱中症の対策をしながら、現場ではなるべく楽しくやっていきたいです!」と意気込みを明かしている。

ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』は、日本テレビ系にて7月10日より毎週土曜22時放送。

元記事で読む