1. トップ
  2. ファッション
  3. 「長い」シャツとブラウスの効果|キレイと心地よさを両得できる

「長い」シャツとブラウスの効果|キレイと心地よさを両得できる

  • 2021.6.1
  • 3429 views

体のラインを流す縦落ち素材や、キレを生む+αのディテール。ルーズで長い丈でもすっきり見えるデザインだけをしぼり込み。心地いい以上に「得する」トップスを新たなパートナーの1つに。

【コーディネートの実例】長いシャツ&ブラウスの着方

NO.001
☑VOLUME SHIRT
ハリがあるシャツの旬は
力を抜ける「ルーズなサイズ」

横幅が広く縦も長い。メンズライクなサイズなら正統派なボトムも自然とリラックスした佇まいに。フレアスカートなど広がるボトムともかさばりにくい、前後で長さが異なるすそを選択。


1.「レイヤード上手なバンドカラー×スリット」
白シャツ 31,900円/ATON(ATON AOYAMA) 両サイドのスリットのおかげで、インナーを重ねてもすっきりまとまる。少量の光沢を放つ「GIZA COTTON」を使用。

2.「ハーフスリーブでカジュアルダウン」
カーキチュニック 13,200円/コンジェ ペイエ アデュー トリステス ボタンが隠れる比翼仕立て。ミニマルなルックスで、かすれたカーキもクリーンな印象に。

3.「そで部分の繊細なレースで愛らしく」
白シャツ 31,900円/TICCA(スピック&スパンルミネ有楽町店) パフスリーブ&フレアラインで、知性と華やかさを両得。細身パンツ×白シャツでもフェミニンな雰囲気に。

4.「ピンタック&ロングカフのドレスシャツ」
カーキトップス 18,480円/メゾン スペシャル 飾り気のあるディテールは、あせた色でマイルドに。ロングカフスがふっくらしたスリーブを形成。

5.「涼しげなストライプで好感度をUP」
ブルーストライプシャツワンピース 18,700円/アダム エ ロペ ブルー×縦じまの直球でハンサムなシャツ。オーバーサイズ&ふぞろいな丈を選び、正統派なブルーを脱力。


NO.002
☑LONG BLOUSE
「縦落ち感」のある風合いで
ロングブラウスをよりリラックス

とろみのある素材感で、ロングブラウスのしなやかさをあと押し。すそに向けて広がる優雅なシルエットがあれば、メンズライクなパンツを合わせても女性らしいまま。


1.「くすみ色もなめらかな質感でキレイ」
ベージュトップス 7,700円/SLY(バロックジャパンリミテッド) バルーンスリーブやリボンの装飾など、LADYなディテールはかすれた色みで甘さを調整。

2.「深Vネックならゆるやかな白も締まる」
白チュニック 9,240円/Mila Owen(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) ほのかに透ける質感が旬のムードを加速。二の腕を細く映す、ワイドなそでもスタイルUPに貢献。

3.「まじめな黒をシルエットでリラックス」
黒ブラウス 39,600円/エンリカ ウエスト部分にほどこしたしぼりデザインで、ボリューミィな黒も抑揚のある見た目に。前が開くシャツタイプだから、はおりとしても活用。

4.「シフォンのような風合いでよりエレガント」
白タックワンピース 9,350円/KBF+(KBF+ 新宿ミロード店) プルオーバータイプで、ドレスライクな素材をカジュアルに落とし込み。すそには縦長のスリットをIN。

5.「濃厚なブラウンがクラシカルに寄せる」
ブラウンボイルギャザーワンピース 18,480円/アダム エ ロペ すそに向けて広がっているため、幅広パンツを仕込んでも足元がもたつかない。共布のウエストベルトつき。

元記事で読む
の記事をもっとみる