1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【ダイソー】かゆいところに手が届く!掃除の手間が減る「100均」神グッズ3選

【ダイソー】かゆいところに手が届く!掃除の手間が減る「100均」神グッズ3選

  • 2021.6.1
  • 8931 views

~もっと福岡を、好きになる~「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、節約ブロガーの高尾ママです。Instagramで暮らしやすい仕組みづくりや節約技を発信しています。

おうち時間が増えて、今まで以上に部屋の汚れが気になり始めた……という人も多いはず。

そこで今回は大人気100円ショップ『ダイソー』で販売されている“超便利な掃除グッズ”をご紹介します。掃除のプチストレスを解消しながら、時短を叶えてくれるグッズ。ぜひ手に入れてほしいです!

1:水回りの汚れ掃除で大活躍「曲がるポイントブラシ」

画像:高尾ママ

細い隙間をきれいに掃除できる、スリムで曲がるブラシ『曲がるポイントブラシ 2個』。ブラシの先端がやわらかく少し力を加えるだけで曲がるので、カーブにフィットしやすいのが特徴です。

画像:高尾ママ

私はこの2個入りのブラシを、1本はキッチンのシンク用、もう1本をお風呂の排水溝用に使用しています。コンパクトなブラシで小さな溝に溜まった汚れなどもしっかり取れるのでとても便利!

画像:高尾ママ

排水溝の細かい隙間もきれいに汚れを掻き出すことができます。

画像:高尾ママ

ブラシ本体もスリムでコンパクトなため、浴室やキッチンに吊りかけて置いておいても目立たないのも気に入っているポイントです。

2:シンクに貼るだけでOK「シンクにペタッと穴あきゴミ袋」

普段、調理の際に出る生ごみはチラシで折ったゴミ箱を使用しています。

画像:高尾ママ

野菜や果物の皮など剥きながらポイポイ捨てていますが、紙で作ったゴミ箱なので水分を多く含む物を入れてしまうとふやけてしまうのが難点です。

画像:高尾ママ

そのため、水分を多く含むゴミはこの『シンクにペタッと穴あきゴミ袋』を使用しています。

画像:高尾ママ

シンクに直接ペタッと貼り付けられるのがとっても簡単で扱いやすい! 新たにスペースを作らなくていいのが楽ちんです。

画像:高尾ママ

水分を多く含むものでも、底に穴が開いているのでべちゃべちゃに水が溜まることなく、しっかりと水切りしてくれるのもうれしいポイント。ゆで卵の殻やさばいた魚などを捨てるときに、重宝すること間違いなしです。

捨てるときは、袋をまとめてそのままポイ! 生ゴミケースと違い、掃除要らずで使い捨てなのも魅力ですね。

画像:高尾ママ

こちらは1袋に15枚入りです。用途に合わせて使い分けてみてください。

3:手の届きにくい場所の掃除もお手のもの「隙間らくらくハンディワイパー」

画像:高尾ママ

普段ついつい忘れてしまうのが、掃除機が入らない冷蔵庫下や棚の下の掃除。しかし、そういった隙間にはホコリや落ちた食品のかけらなどが溜まりやすいため、マメに掃除しておかないと害虫が出る原因の一つになる可能性があると聞きました。そこでわが家では、この『隙間らくらくハンディワイパー』でこまめに掃除するようにしています。

私は床掃除にも使用しているドライシートを小さくカットしたものをセットして使用。

画像:高尾ママ

月に1回程度、これで冷蔵庫や棚の下をササッと掃除しています。

画像:高尾ママ

手の届きにくい隙間にも、長い取っ手とスリムな先っぽがしっかり入り込んで汚れを取ってくれます。ハンディワイパー自体が場所を取らないので、使わないときでも邪魔にならないのもうれしいポイント。

今回はダイソーで購入できる“掃除に欠かせない100均グッズ”を3点ご紹介しました。

掃除用品を変えてみるだけで、手間がグッと減って、日々の掃除がラクになります! 便利でも高いアイテムをいきなり購入するのは勇気がいるもの。そんなときはぜひプチプラアイテムを試して、ラク家事を目指しましょう。(文/高尾ママ)
※この記事は公開時点での情報です。

元記事で読む