1. トップ
  2. レシピ
  3. 食べ応え抜群のご馳走つまみ"焼きしゃぶのせのタルティーヌ"

食べ応え抜群のご馳走つまみ"焼きしゃぶのせのタルティーヌ"

  • 2021.5.31
  • 290 views

牛肉とバルサミコソースが深い満足感をもたらす、メインにもなるご馳走タルティーヌです。タルティーヌとは、スライスしたパンに食材をのせたフランス式のオープンサンドだ。人気料理研究家の平野由希子さんが教えてくれたのは、ワインと楽しみたいさまざまなタルティーヌ。ぜひつくってみてください。

食べ応え抜群のご馳走つまみ"焼きしゃぶのせのタルティーヌ"

■“焼きしゃぶのせのタルティーヌ”のつくり方

薄切りの牛肉をさっと焼いて、クレソンやアボカドと一緒に盛りつけ、バルサミコ酢を煮詰めたソースで簡単タリアータ風に。粗挽きの黒胡椒をぱらりとかけて召し上がれ。

□タルティーヌ向きのパン

バゲットやカンパーニュなど、しっかりめのパンがおすすめ。やわらかなパンはトーストして使用しても。切り方を変えるだけでも印象が変わる。

バゲットやカンパーニュ
バゲットやカンパーニュ

◇材料 (2~3人分)

パン・ド・カンパーニュ:2~3枚(幅1cmにスライスしたもの)
牛肉:4~6枚(しゃぶしゃぶ用)
クレソン:1~2束
アボカド:1/4個
バター:大さじ1
ディジョンマスタード:大さじ1
バルサミコ酢:大さじ2
オリーブオイル:大さじ1
塩:適量
胡椒:適量
粗挽き黒胡椒:少々


(1)パンを焼く
パンはこんがりと焼いておく。

(2)下ごしらえ
牛肉は片面のみに塩を軽くふる。クレソンは軸ごと幅1cmに切り、オリーブオイル、塩、胡椒で和えておく。アボカドは種と皮を取り除き、ピーラーで薄切りにする(かためのものはピーラーでスライスしやすいが、包丁でスライスしてもいい)。

(3)アボカドをのせる
パンにバター、マスタードを塗り、②のクレソン、アボカドをのせる。

アボカドをのせる
アボカドをのせる

(4)肉を焼く
フライパンにオリーブオイル少々(分量外)を熱し、肉を広げて入れ、強めの中火で焼く。色が変わって焼き色がついたら、裏返してほんの一瞬だけ焼いてすぐに取り出す。

肉を焼く
肉を焼く

(5)煮詰める
同じフライパンにバルサミコ酢を入れて煮詰める。

(6)仕上げ
③の上に④の肉をのせ、⑤をかけて、黒胡椒をふる。

完成
完成

――教える人

「平野由希子さん 料理家」

フレンチをベースに、ワインをはじめとするお酒とのペアリングのレシピを多岐にわたって提案している。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。料理教室「cuisine et vin」主宰。「ル・クルーゼ」シリーズなど著書多数。


文:瀬川慧 写真:公文美和

※この記事は技あり!dancyu「パン」に掲載したものです。

元記事で読む