1. トップ
  2. 恋愛
  3. 同棲彼氏が家事しないストレス!何もしない彼を動かす方法6つ!

同棲彼氏が家事しないストレス!何もしない彼を動かす方法6つ!

  • 2021.5.30
  • 2362 views

ラブラブ生活を夢見て始めた同棲。

まさか家事しない彼氏にストレスがたまる日が来るなんて!

もう喧嘩するのも嫌だから我慢してるけど…生活費は折半なのに!!!

腹が立ちますよね…。

ならば、こんな日々から早く抜け出さなくては!

今回は家事しない彼氏に悩んでいるあなたへ。

気持ちよく同棲生活を続けていくために、上手に彼を動かす方法をご紹介します!

1.一緒に家事をする

家事しない男の中にはしないのではなく、できない男もいます。彼もその中の一人かも。

同棲をするまでは実家暮らしだったのなら、その可能性は大。

今までお母さんが全てやってくれていたので、家事なんてやったこともないのでしょう。

それに家事は「女がするもの」という意識があるのかもしれませんね。

そんな彼氏には一緒にするように持っていきましょう!

例えば、洗濯物を畳むときに「一緒に畳んで欲しいなー」と言ってみる。

ご飯を作るときは「今日一緒にこれ作ってみない?」と言ってみる。

掃除をするときは、あえてあなたが届かない場所を「ここ届かないから拭いてくれる?」と言いながら雑巾を持たせる。

こんな風に何かにつけて一緒にするように声をかけてみるのです。

そうすれば彼氏もだんだんと覚えるようになるし、何か一つでもするようになれば彼氏の家事しないストレスは減っていくはず。

家事に嫌な印象を持たせないように、できるだけ楽しい空気作りをするのも同棲には大切ですよ!

2.じゃんけんで楽しく分担を決める

遊び心のある彼には、その時その時にじゃんけんなどの勝負で分担を決めるのも良いでしょう!

家事しない彼氏を動かすには、楽しませることも大切。

本来楽しくない家事が少しでも楽しくなるように工夫するのです。

同棲では「誰がこれをする」というルールを決めてしまうと、しんどくなってしまいますからね。

例えば、「今日はどっちが洗濯物干すかじゃんけんで決めよう!負けた人が干して、勝った人が取り込むルールね!」

こういう感じにどちらかが全部負担するわけでなく、どちらも何かするように決めるのです。

料理であれば、作る人と洗い物する人、という感じ。

勝った人がどちらか選ぶようにするのも良いでしょう。

ここで大切なのは、彼が負けたとしても感謝の気持ちを表すこと。

あなたが作ったご飯を食べて、洗い物をしている彼に「洗い物してくれてる間にコーヒー入れるね」という風にささやかなお返しをするのです。

こんな風に思いやりも大切にするように心がけると、家事しない彼氏もあなたに思いやりを持って自ら行動するようになるでしょう。

3.おだてながらお願いする

男性はおだてられるのが大好きです。

おだてられ持ち上げられ尊敬されることが大好物なのは、あなたの彼もきっと同じ。

なので、そんな男心をうまく利用して、家事しない彼氏を変えましょう!

例えば、「洗濯物畳んでもらって良い?前に畳んでくれたとき、私より上手だなと思ってたんだよね〜」と言っておだてる。

もしあなたが「洗濯物ぐらい畳んでよ!」という言い方をしたら、絶対に気持ちよく引き受けてくれません。

なぜならその言い方は「あなたはダメな人」と言われている気分になるから。

男のプライドを変に傷つけると、言うことを聞くどころか反抗的になるので良いことはありません。

なので、面倒かもしれませんがおだてて動かせることができるなら、みんなハッピーですよね。

今までしたことがなくても、少しずつでも良いので可愛くおだてるということを習得していきましょう!

同棲生活を平和にするには、そういう努力も必要なのです。

4.家事してもらったら大げさに喜ぶ

彼氏と楽しく同棲をし続けていくのに大切なのは、オーバーリアクション

特に「喜ぶ」というリアクションをうまく使いこなせるようになれば、彼はそれが見たくて動くようになるでしょう。

生活費も折半だということは、家事も折半なのは当たり前ですよね。

だから家事しない彼氏がおかしいのであって、当たり前のことさえもしない彼に問題があるのは当然。

ですが、家事しない彼をうまく動かすには、彼がすることに当たり前だと思わずに大げさに喜ぶことがポイント!

例えば、洗い物をお願いして引き受けてくれたら、コップを洗っている彼に後ろから抱きつき「ありがとう〜さすが私の彼氏!」と言う。

洗濯物を取り込んでくれたら「優しい〜!気が利くね〜!」と言う。

なんでも良いので、彼がしてくれたことには大げさに喜んで、感謝の言葉を言うようにするのです。

喜び褒めながら抱きついたり、ほっぺにキスをしたりして全身で表現するとより効果的!

家事しない彼氏を動かすには、「彼女を喜ばせられる俺」を感じさせることが大切なのです。

5.生活費を多く負担するか、家事をするか選ばせる

「同棲を続けるなら家事しない今を変えるか、生活費の負担を多くするかどっちが良い?」と聞いてみましょう。

同棲までしている恋人の間で、お金の話なんていやらしい!と思うかもしれませんが、このようにな選択肢を突きつければ彼も重い腰を上げるかもしれません。

また、もし彼が生活費を多く出すことを選んだとしてもあなたの気持ちは楽になるはず。

だって、「生活費は折半なのに家事は私だけ」という不平等な関係にあなたは腹が立っているんですから。

条件を変えれば、まだ納得できるはず。

「同棲は二人でするもので、生活費も折半なのであれば家事も平等に負担するべき」ということを改めて言って、それでも理解してもらえないのであれば同棲は解消するべきでしょう。

そんなことさえも理解できない彼氏と一緒にいても、あなたが苦労し続けるのは目に見えています。

話したらちゃんと分かってくれることを信じて、一度話し合ってみてくださいね。

6.正直な気持ちを話す

あなたが今の同棲生活にどう思っているのか、家事しない彼にどう感じているのか正直に話してみましょう。

あなたを愛しているのであれば、改善しようとするはず!

同棲を始めた最初の頃は、大好きな彼氏のために何かしてあげられることが幸せだったでしょう。

美味しいご飯を作ってあげて、彼が居心地がいいと思える家づくりをまるで奥さんのようにしていたはずです。

最初の頃は彼の世話をすることに幸せを感じ、彼もあなたに感謝していた。

でもだんだんと彼はしてもらうことが当たり前になってきた。

そしてあなたも我に返った。そっちも家事負担すべきじゃね?と。

しかし、家事しない彼氏を作ったのはあなた!

彼に何もさせずあなたが進んでやっていた結果、今の状態になったのです。

彼からすると喜んで家事をしていたはずの彼女が急に「なんで家事しないのよ!」と怒り出したんですからびっくり!

なので、あなたの本心を彼にちゃんと伝えるのです。

最初はなんでもしてあげたかったから張り切っていたこと。でも、一人でしていくのはやっぱり疲れるし大変だということ。これからは一緒に負担してほしいこと。

冷静に話せば分かってくれるはず。少なくともいきなり怒鳴りつけるよりはね。

あなたのことを彼氏も大切に思っているのなら、きっと協力して家事をしてくれるようになるでしょう。

男性は察するのは苦手ですが、言えば分かるのだということを覚えておいてくださいね!

おわりに

いかがでしたか?

「彼氏が家事しない」というのは、同棲生活をしていく上で一番の問題です。

それに対して一番してはいけないことは、何も言わないことです。

女性は「察してほしい」と常日頃思っていますが、男性は鈍感なので言わなければ伝わりません。

しかし、鈍感な男性は単純でもあるので言い方さえ変えたら、案外すんなり動いてくれたりもします。

平和な同棲生活を送るために女性の苦労が多いですが、それでも上手く彼を転がすことができたら今よりも幸せな毎日になることは間違いなし!

これからはもっと仲良く暮らせるように応援していますよ!

元記事で読む