1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【芦屋市立美術博物館】5/29(土)から、約150点展示の「スポーツ展」

【芦屋市立美術博物館】5/29(土)から、約150点展示の「スポーツ展」

  • 2021.5.29
  • 576 views
芦屋市立美術博物館で「スポーツ展」を開催

人々に希望を与える力を持つ〝スポーツ〟。その歴史などを振り返る展示が、芦屋市立美術博物館で開催されます。数々のスポーツイベントが中止や延期になったり、開催規模が縮小される今、改めて〝スポーツの魅力〟に触れる機会となりそうです。

出典:リビング兵庫Web

戦後間もない1948年に、学生横綱、投擲選手であったことから〝スポーツマン市長〟として知られた猿丸吉左衛門(吉雄)さんが芦屋市長に就任。老若男女がスポーツに親しめる環境づくりを目指した結果、芦屋は数多くのスポーツ競技において優秀な功績を収めた人物を輩出しています。

展示は3部構成で、展示点数は約150点。「芦屋のスポーツの歴史」では、さまざまなスポーツ競技に貢献した人物の功績、クラブチームや学校などの功績を、貴重な資料とともに紹介。テニスの国際化に貢献した川廷榮一さんのウィンブルドン名誉会員記念トロフィーや、サッカージャーナリスト・賀川浩さんのFIFA会長賞トロフィー(写真)などが展示されます。

出典:リビング兵庫Web

「関西のスポーツチーム・アスリート展示」では、西宮ストークス、ミキハウスなど阪神間や関西を拠点とするプロチームや実業団、ゆかりの選手による展示を見ることができます。さらに、日本における導入の先駆けとなったダブルダッチ、芦屋で盛んなペタンクなど「芦屋の新しいスポーツ」の紹介も。 会期中には、講演会やトークライブなどのイベントも予定されています。詳細はWebサイトなどで確認を。

「スポーツ展 ~芦屋・阪神間のスポーツの歴史と未来~」 ■会期:5月29日(土)~8月29日(日) ■開館時間:午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)、月曜休館(8月9日は開館、10日休館) ■観覧料:一般700円、大高生500円、中学生以下無料 ■問い合わせ:℡0797-38-5432 芦屋市立美術博物館Webサイト

元記事で読む