1. トップ
  2. Sexy Zone 松島聡、『コタローは1人暮らし』出演決定 横山裕「いきいきと演じていた」

Sexy Zone 松島聡、『コタローは1人暮らし』出演決定 横山裕「いきいきと演じていた」

  • 2021.5.29
  • 1742 views
『コタローは1人暮らし』(c)津村マミ/小学館(『ビッグコミックスペリオール』連載中) (c)テレビ朝日

毎週土曜23時30分よりテレビ朝日系で放送されている横山裕主演ドラマ『コタローは1人暮らし』。6月12日放送の第8話から松島聡(Sexy Zone)がゲスト出演することが決定した。

本作は、累計発行部数120万部を突破した津村マミの同名コミックをドラマ化したもの。子連れ入居禁止のアパートで、自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進(横山裕)。ある日突然、隣の部屋に何やら訳アリな1人暮らしの5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)が引っ越してくる。誰よりもしっかりしているかと思えば、時に子どもらしい本音をのぞかせるコタローと衝撃の出会いを果たしたことで、狩野をはじめ同じアパートの住人たちも、大人としての責任や人を思いやる気持ちの大切さを改めて実感し、少しずつ成長していく。

第8話から登場するSexy Zoneの松島。復帰後初のドラマ出演、連続ドラマ初出演となる松島が演じるのは、コタローの元児童養護施設仲間でホストの岩永佑。金髪で軽いノリの佑がなぜ突然コタローの前に現れたのか狩野は心配になるが、コタローはまったく意に介さず佑に全幅の信頼を置いている。

松島は物語をかき回すことになりそうな佑を演じるにあたり「辛い経験をしてきた佑は、本来の自分を隠すために明るく振る舞っています。そういう佑が本当はどんな人なんだろうということを自分なりにすごく考えて演じました」と語った。

「お芝居の経験があまりないので、緊張して現場に行きました」と言う松島だが、これまでほとんど接点がなかったという横山とは今回がドラマ初共演。先輩の胸を借りた撮影を終え、「僕が負担を感じないように、楽しく演じられる環境を作ってくださって感謝しています」と感激していた。

また、5月29日放送の第6話では、なんとコタローが5歳にしてキャバクラデビューする。いつもお弁当やお菓子を作ってくれる優しい秋友美月(山本舞香)が、アパートの契約更新をせずに引っ越してしまうかも……と焦ったコタローが、“美月どのとずっと一緒にいられる方法”として選択したのが、キャバクラに通って美月を指名すること。「美月どのを指名しに来たぞよ」と言いながら、さっそうと店に現れたコタローに美月は驚き、慌てて狩野に連絡する。

■松島聡(岩永佑役)コメント
●出演が決まったときの気持ち
初めてお芝居をやらせていただいた時に、自分ではない人を演じる楽しさを感じたんです。それを復帰後に、またやらせていただけるという喜びが押し寄せてきました。事務所のスタッフさんが改まった感じで、「うれしい報告があるよ!」と、出演が決まったことを報告してくれた瞬間も忘れられません。
連続ドラマに出演するのが初めてなので、めちゃくちゃ緊張して現場に行きました。たくさんの方に見てもらえる作品ですし、僕がどんな演技をするかなんて、ファンの皆さんも含めて未知数だと思うんですが、“松島聡が演じる佑ってどんな人だろう”ということを、僕自身もじっくり考えて撮影に臨みました。

●Sexy Zoneのメンバーの反応
お芝居の経験が豊富なケンティー(中島健人)をはじめ、メンバー全員から「考え過ぎちゃうと上手くいかなくなる時があるから、自分が思う佑を思いきり演じてみたらいいんじゃない?」と言われました。「そこから引き算をしていって、役にハマッていけばいいから、監督さんと相談して、キャストの方と信頼関係を築いてやっていけば松島の良さが出るんじゃないかな」とアドバイスしてくれたんです。そんな風に言ってくれるメンバーがいてくれて、本当に心強かったです。

●演じる岩永佑について
最初に原作を読ませていただいた時に、佑には自分と重なる部分があるなと感じました。たぶん僕はSexy Zoneの中でもジャニーズの中でも、“笑顔・明るい・元気なキャラ”というイメージが強いと思うんです。アイドルとしては絶対に必要なことなんですが、笑顔でいることで、本来の自分をカバーしているところが少なからずあるんです。僕、基本的に家だとすごく静かなんですよ(笑)。オン・オフのスイッチが激しいのかもしれないんですけど。佑も本来の自分を隠すために、明るく振る舞ったり、おちゃらけたりするんですが、そういうところが少し自分と重なる気がしました。
佑はまだ10代で、すごく辛い経験をしているんですが、出会った人たちの前では明るく振る舞う努力をしている……考えれば考えるほど切ない子なんだなと思う反面、そうやって生きている方ってたくさんいると思うし、自分にもそういうところがあるので、何かをカバーして生きていくというのは、みんなに共通している部分なんじゃないかなと思いました。見えているところだけが本質じゃないと思うので、佑って本当はどういう人なんだろう…ということを自分なりにすごく考えました。

●注目してほしいポイント
佑とコタローの関係性を見てほしいですね。佑を唯一信頼してくれる相手がコタローなんですが、そのコタローに対して佑はある行為をしてしまう……。でもそんな佑にコタローは温かい言葉を掛けてくれるんです。コタローと佑にしかわからない関係性があるんですよね。児童養護施設で一緒に育った2人にしかわからない生き方を感じていただけたらいいなと思います。

●主演・横山裕の印象
横山くんとは、歌番組で一緒になった時にご挨拶させていただくくらいで、ここまで濃い時間を過ごさせていただいたことがなかったんです。だから最初は勝手な印象で、怖い人というか、厳しい人なのかと思っていました(笑)。でも実際にお会いしたらめちゃくちゃ優しくて、僕がテイクを重ねてしまった時にも「全然気にしなくていいよ!」と言ってくださったり…僕が負担を感じないようにしてくださったんです。だからプレッシャーを感じず、伸び伸びとやらせていただくことができました。楽しく演じられる環境を作ってくださった横山くんやキャストの皆さん、監督をはじめスタッフの皆さんに感謝しています。

●視聴者へのメッセージ
コロナ禍で人に会う時間が減った反面、人との関わりについて考えさせられる時間が多くなったと思います。『コタローは1人暮らし』は、人との関わりをすごく深く描いている作品なので、この機会に家族や周りにいる人たちとの関わりなどを振り返りながら見てほしいなと思いました。年齢に関係なく、人と関わることがどれほど大切なのか、“生きる”って大変なことも多いけど楽しい、という深いところまで感じていただけたらうれしいです。このご時世にこそ見ていただきたい作品だと思います。

■横山裕(狩野進役)コメント
松島くん本人は「お芝居の経験が浅い」と言っていたんですけど、そんなことを感じさせず、楽しそうにやっていました。誰だって“初めて”を通るわけですから、楽しむことが何よりやと思うんですよ。でも、そんなこと微塵も感じさせず、いきいきと佑を演じていたと思います。
これまでそんなに関わることがなかったんですが、誕生日プレゼントをもらいました(笑)グループのお話もできましたし、これからも頑張ってほしいですね!
ちなみに瑛都が、松島くんから教わったというじゃんけん必勝法を僕にやってきたんですけど、ことごとく打ち破ってやりました(笑)。

■川原瑛都(さとうコタロー役)コメント
コタローが佑に会うシーンでは、一緒にポーズをしたんです。撮影前にポーズを考えたり、一緒に練習してすごく楽しかったです。「スリー! ツー! ワン!」というカウントから始まって、松島さん演じる佑が「バイブスー!」って言って最後に一緒にポーズを決めるんですけど、2人で大爆笑しちゃいました!
合間には、じゃんけんする時には“最初に相手が出したものを、次に自分が出すと勝ちやすい”という必勝法を教えてもらいました。実際にいろんな人とやってみたら、すごくたくさん勝てました! その方法を使って、松島さんと「あっち向いてホイ!」をしたりもしました。松島さんはとても優しかったです。

(リアルサウンド映画部)

元記事で読む