1. トップ
  2. 『コントが始まる』里穂子が初めてマクベスのマンションに 有村架純が持参した手土産とは

『コントが始まる』里穂子が初めてマクベスのマンションに 有村架純が持参した手土産とは

  • 2021.5.29
  • 1223 views
『コントが始まる』(c)日本テレビ

毎週土曜22時より日本テレビ系で放送中の菅田将暉主演ドラマ『コントが始まる』より、5月29日放送の第7話の場面写真が公開された。

本作は、『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)、『俺の話は長い』(日本テレビ系)の金子茂樹オリジナル脚本の青春群像劇。菅田、神木隆之介、仲野太賀の3人が、売れないお笑い芸人のトリオ「マクベス」を演じ、そんな芸人の3人がネタ作りにいつも集うファミレスのウェイトレスを有村架純、その妹役を古川琴音が演じている。

先週放送の第6話では、下の名前で呼ばれる妹・つむぎ(古川琴音)と違い、いつも“中浜さん”と苗字で呼ばれることを気にしていた里穂子(有村架純)は、「下の名前で呼ばれたい!」という悩みをマクベスに告白していた。

瞬太(神木隆之介)の呼びかけで、これからは“里穂子”と呼ぶことになったマクベスの3人だが、なかなか急には“里穂子”と呼ぶことができない。瞬太に続いて、潤平(仲野太賀)も中浜家の餃子パーティにて、なんとか難題をクリアしたが、肝心の春斗(菅田将暉)は大苦戦。なかなか里穂子と呼ぶことができずにいた。たまたま公園で、酔っぱらった里穂子と出会った春斗は、照れながらも「里穂子先輩!」と初めて下の名前を口にし、3人のミッションはなんとかクリア。しかし肝心の里穂子は、酔っぱらった勢いから、春斗のことを「マクベス1号」と呼んでしまっていた。翌日、里穂子は昨夜の謝罪をしに、初めてマクベスのマンションを訪れる。里穂子が“お詫びのしるし”として持参した手土産とは。 (リアルサウンド編集部)

元記事で読む