1. トップ
  2. おでかけ
  3. 上村洋一+エレナ・トゥタッチコワの展覧会、銀座で - “知床”から探る土地と人の関係性

上村洋一+エレナ・トゥタッチコワの展覧会、銀座で - “知床”から探る土地と人の関係性

  • 2021.5.27
  • 337 views

上村洋一+エレナ・トゥタッチコワの展覧会、銀座で - “知床”から探る土地と人の関係性

東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックスでは、上村洋一+エレナ・トゥタッチコワ「Land and Beyond|大地の声をたどる」展を、2021年7月21日(水)から8月29日(日)まで開催する。

www.fashion-press.net

上村洋一とエレナ・トゥタッチコワを紹介

「Land and Beyond|大地の声をたどる」展は、知床という地に関わり制作を続けている2人のアーティスト、上村洋一とエレナ・トゥタッチコワを紹介する展覧会だ。

上村洋一は、世界各地の、主に海で行ったフィールド・レコーディングを中心にサウンド・インスタレーションを手がけている。サウンドを軸に、ドローイングや映像、パフォーマンスでのコラボレーションなど、多岐にわたる活動を展開し、聴覚や視覚から風景を知覚する方法を探ってきた。

一方でエレナ・トゥタッチコワは、“歩行”をひとつの表現方法として捉えており、各地を歩いて自然や人の物語を採集し、インスタレーションとして展開してきた。また、ウォーキングのワークショップの開催、音楽や文章執筆も手がけており、表現を超えて言語や物語という側面が立ち現れる過程を重視している。

「Land and Beyond|大地の声をたどる」展は、知床や北方圏のリサーチも展開する四方幸子をゲストキュレーターに迎えての開催。タイトルにある“Beyond”とは、固定的な大地の概念を、想像的に越えていく可能性の謂いである。本展では、上村とトゥタッチコワの最新の歩みを発表するとともに、知床という土地を起点としつつ、土地と人とが取り結ぶ新たな関係の可能性を探ってゆく。

展覧会概要

上村洋一+エレナ・トゥタッチコワ「Land and Beyond|大地の声をたどる」
会期:2021年7月21日(水)〜8月29日(日) 会期中無休
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
住所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3階
開館時間:11:00〜19:00(入場は18:30まで)
入場料:無料
※内容は変更となる場合あり(最新情報は、ギャラリーのホームページにて告知)

【問い合わせ先】
ポーラ ミュージアム アネックス
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

元記事で読む
の記事をもっとみる