1. トップ
  2. “プデュ大好き芸人”塚地武雅&横澤夏子が「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」を語る!<インタビュー前編>

“プデュ大好き芸人”塚地武雅&横澤夏子が「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」を語る!<インタビュー前編>

  • 2021.5.27
  • 175 views
K-POPファン歴15年以上の塚地武雅と、プデュビギナーの横澤夏子 撮影=booro
K-POPファン歴15年以上の塚地武雅と、プデュビギナーの横澤夏子 撮影=booro

【写真を見る】番組テーマ曲「Let Me Fly ~その未来へ~」のポーズ

2019年に日本で放送され、グローバルボーイズグループ「JO1」を生んだ大人気オーディション番組の第2弾「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」が、現在GYAO!にて配信中(毎週木曜夜9:00-)。運命のデビューメンバーが決まるファイナルステージは、6月13日(日)の昼2:00からTBS系にて放送される予定だ。

韓国の「PRODUCE 101」(通称:プデュ)や、日本版である「PRODUCE 101 JAPAN」(通称:日プ)は、芸能界にも熱狂的なファンが多いことで知られている。今回、屈指のK-POPファンとして知られ、シリーズ全作を視聴してきたドランクドラゴン・塚地武雅と、SEASON2の練習生インタビューをキッカケにプデュの世界にどっぷりハマった横澤夏子による、“プデュ大好き芸人”対談が実現! 熱量101%のスペシャルトークをお届けする。

※この対談は、第1回順位発表式の後に実施されました。

国民プロデューサーは練習生の人間性まで見てる

――本誌の対談で、塚地さんは「日プに出ている練習生も“プデュイズム”を受け継いでいる」と話してくれました。「プデュ」ならではの特徴とは?

塚地武雅:やっぱり、この番組のスタイルの1つとして、デビューを目指す練習生同士で一緒に合宿するっていうのがあって、その中で「個人で目立たなければいけない」っていう気持ちと「チームとして全員で上を目指さなければいけない」っていう協調性、両方が一気に育てられる。だから、必然的に性格も良くなっていくよね。

横澤夏子:そうですよね。人間性も、全部透き通って見えてくるような気がします。

塚地:聞くところによると、合宿所では本当にずっとカメラが回ってるみたいだから、ずっとカッコつけてはいられないし。やっぱり素が出ちゃうんだろうなぁ。だからこそ、国民プロデューサーはダンススキルや歌唱力だけじゃなく、練習生それぞれの人間性みたいなところまで見てるしね。

横澤:「仲間をしっかり応援しているか」とか、「周囲を引っ張っていけてるか」とか。いや~、すごい人間力を試されてるんですね。以前、JO1の(白岩)瑠姫くんとか(佐藤)景瑚くんと一緒にお仕事させていただいたことがあったんですけど、お会いしてすぐに惹きつけられる人柄というか、心を持っていかれるオーラがあって…お話しして、すごく楽しかったんですよ。その時はプデュのことをよく知らなかったので、「どこから現れたんですか?」って思いましたもん(笑)。だから今、あの2人はこのオーディションをくぐり抜けてきた子たちだったんだって思うと納得ですし、どうやって勝ち残ってきたんだろう?って見るのも楽しみです。

塚地:だってもう、みんな1ステージが終わるごとに泣くじゃない。そんなこと、ある? 我々が(笑)。

横澤:ない~!(笑) 1ネタやったごとに泣くなんて、全然ない!(笑)

塚地:終わってすぐ「おつかれっした~」って感じだよね(笑)。

「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」第1話 場面写真 (C)LAPONE ENTERTAINMENT
「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」第1話 場面写真 (C)LAPONE ENTERTAINMENT
【写真を見る】番組テーマ曲「Let Me Fly ~その未来へ~」のポーズ 撮影=booro
【写真を見る】番組テーマ曲「Let Me Fly ~その未来へ~」のポーズ 撮影=booro

成長しなきゃいけないから、ちゃんと話し合いができる

横澤:練習生それぞれにとって、乗り越える壁が全然違うっていうのも新しいですよね。初心者の方は、そりゃ苦戦するよな~って思ったり。

塚地:そこが確かに面白いところやね。いわゆる木村(柾哉)くんや田島(将吾)くんみたいな既に高いスキルを持ちながらさらに伸びようとする子と、ダンスや歌は未経験っていう子たちが、同時にこのオーディションに参加してるっていう。

横澤:だから、未経験の子たちが「ダンスを覚えられない」っていう壁にぶち当たってる中で、できる子たちは「どうやって引っ張っていけばいいんだろう」っていう壁にぶち当たってるんですよね。まさに人生を描いてる!って思います。

塚地:ステージの編成ごとに必ずぶち当たる壁はあって、その時に「後悔したくないから」と我を通すのか、ここは周りの意見を尊重しようって引くのか…そういう葛藤を通して練習生が変わっていくし、成長過程を覗き見させてもらってる感じやね。

横澤:本当にそうですね。#4で古瀬(直輝)くんが言った「カメラとか気にしちゃってあんまり言えないけど」っていう言葉も、そうだよね~!(泣)って思いました。視聴者の目を気にしながらも伝えなきゃいけない、チームを先に進めなきゃいけないっていう、めちゃくちゃつらい状況下でやってるんだなって。

塚地:でも、我を通したことで決して険悪にならないっていうのもすごいよなぁ。リアリティーショーみたいな要素も含まれてるよね。「&LOVE」2組の、篠原(瑞希)くんと高校生とのぶつかり合いみたいなのも、普通は見れないじゃない。なんやったら、自分を良く見せるために守りに入りがちなところを、お互いにぶつけないと先に進めないってとこまで行くから。それであのグループは1位になって、そこから高校生たちの輝きも変わったと思う。

横澤:日常生活ではあそこまで言わないでおこうって思うけど、この番組ではデビューっていう夢に向けて成長しなきゃいけないからこそ、ちゃんと話し合いができるんですよね。そしてリアルにも変換できるので、勉強になるなって思います。「そういう時は、こう伝えれば良いんだ!」とか。

塚地:普通、面と向かって言わないもんね。終わってから、飲み会とかで「あいつなんなん?」って悪口を言うみたいな(笑)。その場でぶつけるっていう構図は、家族みたい。家族の前だと言えることも、職場や学校では言えなかったりするけど、練習生のみんなはそういうことも言い合っていけってトレーナーさんたちにも教えられてるから。

横澤:ぶつからなかったら、今まで見せてもらったステージは完成してなかったんだって思うと、本当に過酷な生活してるんだな~って思いますけどね(泣)。

塚地:やっぱり揉めた分、パフォーマンスがうまくいった時の達成感や、流れる涙の量も変わってくるやろうしね。

「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」第3話 場面写真 (C)LAPONE ENTERTAINMENT
「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」第3話 場面写真 (C)LAPONE ENTERTAINMENT
練習生にも負けないエンディング妖精を見せてくれた 撮影=booro
練習生にも負けないエンディング妖精を見せてくれた 撮影=booro

この年代の子の夢に懸ける煌めきに、国境はない

塚地:このオーディションで絶対にスターになるんだ!っていう子もいれば、テレビで見て憧れて…っていう感じの子もいて、最初は各々に思いの差があったりする。でもオーディションが進むにつれて徐々に並んでいくというか、周りの子たちの姿や練習量を見て「あ、俺は足りないんだ」ってなっていくのも良いよね。

横澤:モチベーションが、いい方向に引っ張られていくのがすごいですよね。

塚地:この年代の子の燃えたぎるエネルギーと夢に懸けるきらめきって国境ないし、やっぱり推しちゃうよなぁ。それに、始めから「この子いいな」って思う子もいれば、「あれ? この子、変わったな」って後から魅力に気付くパターンもあって。

横澤:あ~、そう! 成長力に感動しますよね。

塚地:だってさ、もう木村くんなんて応援しないわけにはいかないじゃない(笑)。あんだけトップでプレッシャーを抱えながらも、常に努力し続けてるっていう。

横澤:ずっと謙虚でおごらないっていうのも、さすがですし。

塚地:逆に、ここにきてガッて伸びてきてる子も、おぉ!?ってなるから、ここからどうなるかやね。

横澤:私はSEASON2から見ているので、デビューできる可能性が高いのは実際どのあたりまでなんだろう?っていうのが、気になっちゃうんですけど(笑)。最初はFクラスだった子が大逆転することも、あるんですよね?

塚地:全然、あり得る! 順位がずっと上がり続けてデビューする子もいるし、ずっと上位にいるからキープしなくちゃって子もいたりして、そういうせめぎ合いみたいなのはあるね。

横澤:誰1人として、余裕なんて子はいないんですね。

「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」第5話 場面写真 (C)LAPONE ENTERTAINMENT
「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」第5話 場面写真 (C)LAPONE ENTERTAINMENT
「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」第5話 場面写真 (C)LAPONE ENTERTAINMENT
「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」第5話 場面写真 (C)LAPONE ENTERTAINMENT

物語をくまなく見せてもらってるから、1票の重みを感じる

横澤:第1回順位発表式では、古瀬くんが参加を断念した件でめっちゃ泣きました。本当に、人生変えちゃうというか…リアルタイムでオーディションをやってるからこそだとは思いますが、こんなに切ないことがあるのかと。

塚地:そして自分を納得させて「またステージに立ちます」って前向きに言えることが、本当にすごいと思った。俺やったら「続けてさせてください!」ってなりそうやのに…。高いスキルを持っててダンスも目を見張るものがあるから、このまま残るんじゃないかっていう期待もあったしね。

横澤:あと、脱落する子をあまりフィーチャーしないっていうのも潔いなと思いました。最後、40位と41位が画面に映し出されるシーンがありましたけど、その2人が出た時点で他の子は脱落が決まるってことですよね? でもそこのリアクションはわからず、最後もインタビューとかは特になかったから。

塚地:番組の構造上、残るか残らないかギリギリの子をフィーチャーするシステムがあって、そこが一番心にグっとくる。例えばファイナルステージでは1位と2位の後に、最後のメンバーとなる11位を発表するから。

横澤:なるほど、そこが運命の分かれ目になるんですね。

塚地:その日を境にデビューできる子たちと、そうじゃない子たちと…。でも本当、国民プロデューサーにはちゃんと見てもらえてるから、デビューメンバーに入れなかった子たちにもチャンスは巡ってくるはず!

横澤:この「プデュ」という物語をくまなく見せてもらってるからこそ、1票の重みをすごい感じます。

塚地:好みのビジュアルやダンスとかってあると思うけど、国民プロデューサーが見てるのはそこだけじゃないよね。

横澤:確かに、最初から「カッコいい!」と思う子もいるんですけど、それが後から何人も出てくる(笑)。後半になるにつれて素の部分というか、考え方とかも如実に出てきますしね。そこに惚れるな~って思います。

元記事で読む
の記事をもっとみる