1. トップ
  2. おでかけ
  3. 巨大リビングとヘッドフォン。「シアターギルド代官山」で新しい劇場体験を

巨大リビングとヘッドフォン。「シアターギルド代官山」で新しい劇場体験を

  • 2021.5.27
  • 447 views

整然と並んだ座席に巨大スクリーン、そして迫力の音響設備――。そんな当たり前の映画館の風景とはまったく異なる趣向のシアターが、6月1日(火)に代官山にオープンする。「シアターギルド代官山」では、リビングのような空間で一人ひとりがヘッドフォンを着けて映画鑑賞を楽しむのだ。ありそうでなかった新しい劇場体験が、きっとあなたの感性をくすぐってくれる。

「シアターギルド代官山」は、ヘッドフォンで映画を鑑賞する新しい上映システム「サイレントシアター®️」を実装した劇場だ。建築上、防音対策の厚い壁や密閉ドアを省くことが可能となり、上映中でも窓を開放して季節の風を感じることができる。専用ヘッドフォンは独特の没入感を味わうことができ、自分でボリュームを調節することも可能だ。

内装は居心地の良さを追求して、通常の劇場とはまったく異なるつくりになっている。まず特徴的なのは靴を脱ぐことだ。自宅でも友人宅でもなく、映画館に来て靴を脱ぐ。一歩踏み入れた最初の段階から、通常とは異なる体験にワクワクできそうだ。

そして、カーテンを開けると目の前にメインスクリーンが現れる。3m×5mの特注4K LEDスクリーンは、鮮やかな映像を迫力満点に映し出してくれる。入り口付近には1枚板のメインテーブルをはじめ、バーカウンター、大小さまざまなチェアが並び、スクリーン近くには複数のソファも設置されている。どこでも好きな場所を選んで、好きな姿勢で映画を鑑賞できるというから、そこはまるで巨大なリビングルームのような空間だ。

自宅にシアタールームを設けることは難しい。でも、「シアターギルド代官山」に来れば、自宅よりも洗練された空間で、自宅のように寛ぎながら映画を楽しむことができる。ヘッドフォンをしているので隣の人の雑音に煩わされることもない。

上映作品のラインナップを確認して、お気に入りの作品や気になる作品があったら、ぜひ足を運ぼう。作品の見え方や感じ方が、これまでとは少し変わるかもしれない。

元記事で読む