1. トップ
  2. ファッション
  3. インディゴデニム×甘めブラウスコーデ4! バランスよく着こなすコツは…

インディゴデニム×甘めブラウスコーデ4! バランスよく着こなすコツは…

  • 2021.5.25
  • 4643 views

ダークインディゴの「細身テーパードデニム」は甘めブラウスと合わせて

トレンドの細身テーパードのシルエットは…

✔︎ 股上深めのハイライズが今っぽさの要!
✔︎ 腰回り~太ももまでは程よくゆったり
✔︎ 裾に向けてゆるやかに細くなるすっきりシルエット

1|オフショルブラウス 効果的なデコルテ見せで女っぽさを投入

Brand:MADISONBLUE
Model:HEM CUT OFF STRAIGHT DENIM
Color:INDIGO

再び人気のオフショルダーブラウス。鎖骨をすっきり見せることで、マニッシュなインディゴデニムにも女っぽさをプラスできる。デコルテと足首、体の先端の肌が見えていれば、上下ダークカラーでもここまで軽やか。

デニムパンツ¥39,600(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) ブラウス¥33,000(ebure GINZA SIX〈ebure〉) バッグ¥42,350(CPR TOKYO〈アニタ ビラルディ〉) 靴¥20,900(アーセンス ルミネ新宿1〈アーセンス〉) 頭に巻いたスカーフ¥4,620(フリークス ストア渋谷〈フリークス ストア〉) ピアス¥15,400・ブレスレット¥18,700(goldie H.P.FRANCE〈MEDECINE DOUCE〉)

2|フリルブラウス 甘×辛のかけ合わせでワンツーコーデも映える

Brand:N.O.R.C by the line
Model:NEW HIGH RISE DENIM
Color:INDIGO

ノンウォッシュの辛口デニムだからこそ、甘いフリルブラウスとのコントラストがおしゃれに引き立つ。日本のアパレルブランドがつくるオリジナルデニムは、はきやすさ、今どきのシルエット、ともにリアルなバランス感覚が優秀。股上の深い細身テーパードは大人がきれいに見える計算があちこちに。

デニムパンツ¥18,000(ノーク〈ノーク バイ ザ ライン〉) ブラウス¥52,800(コロネット〈フォルテ フォルテ〉) バッグ¥169,400(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥40,700(PIPPICHIC) ネックレス¥24,200・バングル¥35,200(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉)

3|ボウタイブラウス 白ブラウスも受け止める「きちんと感」に注目

Brand:YLÈVE
Model:13.5oz DENIM HIGH WAIST TAPERED
Color:INDIGO

ダークインディゴの細身テーパードは、ほかのデニムにはないきちんと感があるのもメリット。色落ちがない分きれいめだから、濃紺のテーパードパンツと同じ感覚でスタイリングが可能。白のボウタイブラウスも清潔感たっぷりに受け止めてくれる。

デニムパンツ¥26,400(イレーヴ〈イレーヴ〉) ブラウス¥20,900(styling/ 新宿ルミネ1店〈styling by kei shirahata〉) バッグ¥198,000(エイチ アイ ティー〈ロウナー ロンドン〉) 靴¥59,400(アマン〈ペリーコ〉) ピアス¥8,800(GEMMA ALUS〈アルス〉) ブレスレット¥20,900(カドー伊勢丹新宿店本館1F〈カドー〉)

4|ボリューム袖ブラウス ドラマティックなブラウスをシックに引き締めて

Brand:Mes Demoiselles
Model:GACHETTE
Color:INDIGO

ボリューミィなギャザーが目を引くカフタン風のブラウス。この存在感に負けない強さがあるのはやっぱりダークインディゴ。細身テーパードですっきり女っぽいバランスに落ち着かせて。

デニムパンツ¥28,600(CPRTOKYO〈メドモワゼル〉) ブラウス¥26,400(FLOML) バッグ¥13,200(GALERIE VIE 丸の内店〈PALOMA WOOL〉) 靴¥30,800(ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店〈FABIO RUSCONI〉) サングラス¥20,900(ロンハーマン〈ロンハーマン〉) ピアス¥25,300(カドー伊勢丹新宿店本館1F〈ラアル〉) バングル¥38,500(フレーク)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2021年Oggi6月号「ブルーデニムは『細身テーパード』が間違いない」より
撮影/東 京祐 スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/滝沢カレン(Oggi専属) 構成/三尋木奈保
再構成/Oggi.jp編集部

元記事で読む