1. トップ
  2. 恋愛
  3. ドキドキが止まらない!グッときた彼女の「夜」のひとこと5選

ドキドキが止まらない!グッときた彼女の「夜」のひとこと5選

  • 2021.5.24
  • 8914 views

彼女が何気なくいっている言葉でも、彼氏の心を掴むことがあるようです。きょうは、筆者の周辺の男性から聞いた「彼氏が彼女にこんなことをいわれたら嬉しい」「これをいわれたら可愛い!」と思うひとことを厳選してご紹介。

「彼女にいわれたら落ち込む…」といった声があがった言葉も解説しているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

彼女からいわれたら嬉しい夜のひとこと
image by:Unsplash
1.お泊りデート中の「そっち行ってもいい?」

彼女とのお泊りデート。夜に寝る前に「そっち行ってもいい?」と彼女にいわれたら彼氏は胸キュンするそうです。

同じベッドで寝ていても「そっちいってもいい?」といいながらくっつかれたら、パートナーはたまらないもの。寂しがり屋な彼女を愛おしく思い、ずっと一緒にいたいと思うのかもしれませんね。

2.お酒を飲みながら「きょうは飲みたい気分なの」

普段あまりお酒を飲まない彼女が、お酒を飲んでほろ酔いで寄りかかっていたら「可愛いな」と男性は思うそうです。

あからさまにやるとドン引きされますが、彼氏にどうしても甘えたい、イチャイチャしたいときに使うと効果的。特にいつもは真面目でしっかり者の彼女がこれをやったら、そのギャップにやられるでしょう。

3.寝る前の彼女からの電話で「声が聞きたくなったの…」

寝る前に彼女からの電話。恋人なら「声が聞きたくなった」というのは、ちゃんとした電話の理由だと思います。

「寂しいという理由だけで彼女に電話をかけるのは申し訳ない」と思っている彼氏には嬉しいもの。眠る寸前でムニャムニャした感じの彼女と話すのを嫌う男性は少ないと思います。ただし、彼氏が仕事などで忙しいときにするのはやめましょうね!

4.デートの帰りの「まだ帰りたくないな…」

これも、男性がいわれたら胸キュンするフレーズ。盛り上がったデートで「きょうはまだ帰りたくない…」「離れるとさみしい」といわれると彼女を恋しく思うそうです。

お泊りしていってもOKな日にいわれるとさらにキュンとくる言葉。そのまま朝までずっといてくれるかも。

5.仕事から帰宅したときの「お疲れさま」

仕事から帰ったタイミングで彼女から「お疲れさま」といわれるととても嬉しいもの。特に1人暮らしや遠距離のカップルでこのフレーズを使うと、一気に疲れや仕事のストレスも吹き飛ぶみたい。どんなに疲れていても、彼女からの労いの言葉は最高の癒しといえるでしょう。

こんなひとことも彼氏は言われたら嬉しいらしい?
image by:Unsplash

ここからは普段から彼女にいわれて嬉しい言葉。彼女からこんな言葉をかけられたら、彼氏のテンションも上がりまくり!2人の仲も深まるでしょう。

彼女から言われたら最高の一言「〇〇くんが彼氏でよかった」

これは彼氏のことが好きなら、何も考えずとも自然と出てくる言葉かもしれませんね。彼女の特権というべき言葉で、同時に彼氏のことを認めているという言葉。相手の男性の自信をつけることにも繋がるものなので、時々いってみてください。

デート中にいわれたい、憧れの「あなたといられて幸せ」

彼女に特別感を出す男性は多いですが、彼女が彼氏に特別感を出すようなことをする人はあまりいません。居心地がいいといわれるのは男性も嬉しいもので、「あなたと一緒にいられて幸せ」「あなたと一緒にいると楽しい!」といわれると胸キュンするんだとか。女性にずっといたいと思われるのは男としても誇りに思えますよね。

男として嬉しい「頼りになる」

男性は女性から頼りにされたい生き物。簡単なものでもいいので、何かお願いしてみましょう。固いペットボトルのキャップを開けたり、高いところにあるものを取ってもらうのでもOK。

何か相談に乗ってくれたときも「頼りになる~!」といってみてください。「彼氏が頼りないから無理」と思っても、些細なところで頼りになる瞬間があるかもしれません。探してみましょう。

彼女からいわれたら落ち込むNGワード
image by:Unsplash

悪意なくいっている言葉でも、男性のプライドを傷つけるNGワードがあります。なかには、「俺と一緒にいなくてもいいんじゃない?」と自信をなくしてしまう言葉もあるので、無意識にいっていないかチェックしてみてください。

2人でいるときの「どれでもいいよ」

これは、彼の意見を優先させるために使うフレーズでもありますよね。しかしこの言葉、時と場合によってはNGワードになることも。というのも、「どっちでもいい」というだけでは「俺とのデートは楽しくないのかな…」と不安にさせてしまう場合があるからです。

どうしても迷って選ぶことができないなら「〇〇くんの好きなお店にいきたいな」というのがオススメ。また「どっちでもいい」は男性も使いがちなのでご注意を。自分の気持ちを乗せたうえで使うと、投げやり感がなくなりますよ。

のんびりデートを楽しんでると思ったら「なんかつまらない」

口数の少ない男性や、ずっとまったりしたことばかりだと飽きてきますよね。デートを楽しんでいるのかと思ったら「なんかつまらない」。この言葉も彼氏にはダメージがあります。

もし彼との時間がマンネリ化してきてつまらなくなってきたら、新しいデートの提案をしてみませんか?ただ「つまらない」では何がつまらないのか、彼氏と一緒にいてもつまらないのかとなってしまうかもしれません。

一緒にいても飽きが出ているのだとしたら、デートプランを彼任せにして、ネタ切れしていることも考えられます。「来週は映画見に行きたいな」「たまにはドライブ行きたい」と彼氏に話してみましょう。何をするにも彼氏任せにしてきたのなら、自分からも提案することをお忘れなく。

落ち込んでて彼女に電話をしたときに「私も疲れているの」

彼氏も、仕事で失敗すれば落ち込むことがあります。そんなときは、彼女に甘えたいと思うもの。話を聞いて癒されたいと思って電話した結果、「その程度のことで電話してこないで。私も疲れていてしんどいから」と一方的にいわれて電話を切られたり、LINEもスルーされたら彼氏のメンタルもボロボロになってしまいます。

あくまで忙しくなければ、彼氏が落ち込んでいるときは話は聞いてあげてください。電話の向こうで泣き出して「いまから会いたい」などと深夜によび出すなんてことがない限りは、少しの時間でもいいので付き合ってあげるといいでしょう。

言葉だけでなく彼女の行動でグッとくる

彼氏が彼女にグッとくるのは言葉だけではありません。

  • おいしそうにごはんを食べる
  • さりげなく手を繋いでくれる
  • 電車のなかで自分に掴まっててくれる
  • 何かを一緒に共有して楽しんでいるとき

何気ないスキンシップやデートを楽しんでいる彼女の笑顔にもグッとくるそうです。彼氏が頑張るのは「彼女の笑顔が見たい」からなんですよ。これだけでなく、本気で仕事や何かで落ち込んだときに、何もいわないで抱きしめてくれたり、彼のそばにいてくれるだけでもグッとくるんだとか。

彼氏を喜ばせるのに、お金をかける必要はありません。最後は彼女の心が彼の気持ちをつかみ、そのあとの交際を素敵なものに変えてくれます。よりよい関係を築くためにも、ぜひきょうご紹介した言葉や行動を試してみてくださいね。

  • image by:Unsplash
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

by them

元記事で読む