1. トップ
  2. スキンケア
  3. ベタつき肌の原因!?夏の“隠れ乾燥肌”対策を美容皮膚科医が徹底解説!

ベタつき肌の原因!?夏の“隠れ乾燥肌”対策を美容皮膚科医が徹底解説!

  • 2021.5.23
  • 1361 views

冬は乾燥、夏はベタつきなど、夏と冬では気温や湿度などにより、肌悩みが異なると感じる女性も多いと思います。

夏の肌トラブルを根本から解決するためにはどのようなケアが必要なのでしょうか?

美容皮膚科医・貴子先生より医師の観点からお話を伺い、夏こそ気をつけたい乾燥肌対策と、夏の肌トラブル改善に向けた正しい知識をレクチャーしていただきました!

あなたも“隠れ乾燥肌”予備軍かも!?冬と比べ、夏は肌の乾燥への意識が大幅に低下!

20〜40代の女性100名を対象に、季節ごと(夏・冬)のスキンケアと肌悩みに関する意識調査(パナソニック株式会社調べ)を実施したところ、すべての女性が「夏より冬の方が肌が乾燥すると思う」と回答。

実際に冬は80%以上の人が肌の乾燥を実感している一方で、夏になるとその意識は40%に留まるという結果に。夏は冬よりも肌の乾燥の意識が極端に低いことがわかりました。

また、保湿ケアの必要性について尋ねたところ、冬は9割以上の女性が保湿ケアを重視しているのに対し、夏は76%に留まる結果となり、保湿ケアに対する意識が低くなっていることが判明。

明らかに夏の保湿ケアが足りていない!?夏は冬に比べてケアが手薄に!

さらに、「冬と夏でスキンケアで使用する基礎化粧品を変えますか?」という質問に対しては、季節の肌の状態に合わせて基礎化粧品を変えてスキンケアを行っている人は3人に1人に留まることがわかりました。

「乳液」「クリーム」「美容液」「顔のパック」「美顔器・美容家電を使ったケア」といったスペシャルケアについては、全体的に冬の方が行われる傾向にあり、夏は冬に比べてケアが手薄になってしまうということも明らかに。

「夏にどのような保湿ケアをしていますか?」という質問については、なんと6%が「なにもしていない」、27%が「化粧水のみ」と回答し、少なくとも3割以上が「明らかに夏の保湿ケアが足りていない」ということがわかりました。

マスクの「蒸れ」を「うるおい」と錯覚!?肌の乾燥に気づいてない!

ニューノーマルな生活の中で常識となったマスクと肌の関係について調査すると、9割以上の女性は「夏のマスクの蒸れが気になる」と感じていることが明らかになりました。

また、「マスクをすることで肌が乾燥しにくくなると思いますか?」という質問に対して、「はい」という回答が63%に上り、約3人に2人が、マスクの「蒸れ」を「うるおい」と錯覚し、肌の乾燥に気づきにくくなっていることがわかります。

冬と夏では肌悩みが違う!夏の肌トラブルの原因は?

これまでの結果から多くの女性にとって、夏より冬の方が乾燥を実感するため、冬は重点的に肌のケアを行っているが、夏はケアが手薄になっていること、マスクをすることで、「蒸れ」を「うるおい」と錯覚し、さらに夏の乾燥は軽減されていると考えているという状況であることがわかります。

そして、冬と夏の肌悩みに関してそれぞれ質問を行ったところ、冬の第1位は「乾燥・かさつき(77%)」に対して、夏の第1位は「ベタつき肌(52%)」となり、冬と夏では肌悩みが違うことがわかります。

そして夏の肌悩みの原因として考えているものの第1位は「紫外線(80%)」、第2位は「エアコンの冷気(54%)」、第3位は「発汗(40%)」だと思うという結果に。

本当に夏は冬ほど乾燥への対策が不要なのでしょうか。そして夏の肌トラブルの原因はどこにあるのでしょうか。

夏の肌悩み第1位の「ベタつき」の根本原因は「隠れ乾燥」!美容皮膚科医が徹底解説

夏の肌トラブルの原因と対策方法を、美容皮膚科医・貴子先生より医師の観点で解説して頂きました!

夏の「隠れ乾燥」とは

貴子先生:「マスク生活により常に肌が覆われていることから「乾燥」については意識しにくくなり、保湿が手薄になっている方も多いかもしれません。

しかし、マスクで肌表面を覆うということは摩擦が生じるということ。特に不織布マスクの場合は、肌への摩擦の影響が大きいです。

マスクを1日中着用する人は、摩擦の影響を最小限にするためにも、意識的に肌の保湿が必要です。

また、特に夏になると、肌のベタつきを感じる方も多いと思いますが、実は「肌の乾燥」が根本的な原因なのです。

夏は保湿ケアをすると余計ベタつきを感じるから控えているという方も多いですが、実はその行為が「夏の隠れ乾燥肌」を生んでしまっています。

冬場は空気が乾燥することから「肌の乾燥」も意識しやすいと思います。しかし、実は夏の方がエアコンによる室内の乾燥に加え、「冷え」を原因とした代謝の低下により肌の乾燥が生じやすくなります。

また、夏場は気温が高く、汗が出るため自分の肌がしっとりしていると勘違いしてスキンケアがおざなりになりやすいことや、たくさん汗を流すことによって肌の水分や保湿成分が一緒に流れ落ちてしまうこと、冬と比較して紫外線が強くなることなど、様々な原因で実は乾燥というダメージを受けやすくなっているのです。

夏の乾燥によって引き起こされるトラブルとして1番注意したいのが、ターンオーバーの低下です。メラニンができやすい夏場に肌のターンオーバーが低下すると、くすみやシミができやすくなります。

実際、患者さんのお悩みでも、夏は紫外線によるダメージから、毛穴やシミの悩みが多くなり、秋から冬にかけてしわやたるみが目立ってきます。

夏の間にダメージを回復させる保湿ケアをしておけば秋冬に起こってくる老化を抑えられるので、エイジングケアのためにも夏場の保湿ケアが重要です!」

夏の肌トラブル対策のための「保湿ケア」には

貴子先生:「汗をかくことで乾燥を促進させてしまうことを説明しましたが、では発汗後にどのようなケアを行ったら良いのでしょうか。

汗には体温を調整する役割がありますが、汗が蒸発すると肌のうるおいまで奪われてしまいます。

その上、乾燥してしまった肌に、汗に含まれる塩分や尿素、雑菌などが浸入すると、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなります。

そのため、しっかり汗を拭いてから、乾燥を防ぐ為に肌に化粧水を浸透させることが大切で、化粧水の後は必ず乳液などの油分でフタをする、日焼け止めで紫外線ダメージを回避する等といったケアも効果的です。

また、夏はお化粧崩れで悩まれる方も多いと思いますが、お化粧崩れを防ぐにはしっかりとした「保湿ケア」が重要です。

皮脂は肌を外部刺激から守ったり水分の蒸発を防いだりしていますが、多量に分泌されるとお化粧崩れの原因になり得ます。

肌が乾燥すると、肌を外部刺激から守るために皮脂が過剰に分泌されますので、保湿をして事前に皮脂や汗の過剰分泌を防止することがお化粧崩れの防止につながります。

さらに、汗でドロドロになったメイクは、1回のクレンジングだけでは落ちづらいため、夏のクレンジングはとても重要です。

また、夏は皮脂の分泌量が増えますが、余分な皮脂が肌に残ると、皮脂が酸化して肌荒れや毛穴の黒ずみ、肌の炎症などの原因になりかねません。

そこで、週に1〜2回はディープクレンジングを行い、日々のスキンケアにおいても角質層まで浸透させる保湿ケアを行うことが「夏の隠れ乾燥肌」を防ぎ、美肌を目指すためには欠かせないお手入れ方法と言えるでしょう。」

夏の隠れ乾燥肌にこそうるおいを!化粧水ミスト搭載スチーマーでうるおいで満たされる肌に

『スチーマー ナノケア EH-SA0B』は、ナノサイズの温スチームと冷ミストが自動で切り替わる人気の自動温冷機能に加え、お手持ちの化粧水を微細化し、噴霧できる化粧水ミスト機能を新たに搭載。

お風呂上がりやメイク前、暑い季節など、化粧水ミストだけでも使えます。

しっかりケアしたいときには、ナノサイズの温スチームで肌をふっくらさせてから化粧水ミストを浴びるダブル保湿で、微細なミストが肌になじみ、手で塗るよりも約15%多く保湿成分を角質層へ浸透させることができ、使うたびにうるおいで満たされる肌へと導きます。

顔全体をミストが包むので、手で塗布したり、コットンで塗布するよりもより、ムラなく均一に肌を保湿することができます。

ビューティーギアを上手に取り入れて、夏の隠れ乾燥肌にしっかりとうるおいを与えていきましょう!

美容皮膚科医 貴子先生 松倉クリニック代官山院長 プロフィール

日本形成外科学会認定専門医 帝京大学医学部卒業。京都大学付属病院など大学病院を経て、都内美容外科クリニック院長など歴任。日本形成外科学会認定専門医の知識を活かして正しい美容医療を行う。

調査概要

■調査内容:美容に関する調査(意識調査)
■調査期間:2021年3月6日〜8日
■調査方法:インターネット調査
■調査対象:20〜40代女性100名

元記事で読む