1. トップ
  2. 恋愛
  3. 宮崎あおいの“付き人”役に大抜擢!13歳の清原果耶が朝ドラ「あさが来た」で女優デビュー

宮崎あおいの“付き人”役に大抜擢!13歳の清原果耶が朝ドラ「あさが来た」で女優デビュー

  • 2015.6.25
  • 3433 views

アミューズ期待の大型新人・清原果耶さんが、9月28日放送開始のNHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演が決定。ヒロイン姉妹“あさ”(波留さん)と、“はつ”(宮崎あおいさん)を支える重要な人物“ふゆ”役を演じます。

清原果耶さんは、2002年大阪生まれの中学2年生。昨年10月に行われた「アミューズオーディションフェス2014」にて満場一致でグランプリを獲得。その後、2社のCM契約、ティーン誌『二コラ』の専属モデルも決定し、今回は事務所所属からわずか半年で朝ドラのレギュラー大抜擢を果たすことに。

★そのときの速報がコチラ→ アミューズオーディション、グランプリは12歳の美少女に!

実は、今回の朝ドラに出演するにあたって、一度別の役で同作のオーディションを受けるも、残念ながら落選。しかし、このオーディションで清原さんの演技を見たNHKスタッフが「女優になるべくしてなる方だと思った」と、レギュラーメンバーの“ふゆ”という、より大きな役での出演オファーにつながったのだとか。

これに対して、清原さんは、「一度オーディションに落ちたときは悲しくて、悔しくて泣いてしまいました。でも、そのときの私を見てくれていたNHKのスタッフさんから一緒に仕事をしたいと言っていただけて、本当に嬉しかったです」とコメント。

清原さんが演じる“ふゆ”は、ヒロイン姉妹(宮崎あおいさん、波留さん)を支える、京都随一の豪商・今井家の奉公人という役どころ。純真な人柄で、今井家の人々にかわいがられ、大阪有数の名門両替商・山王寺屋へ今井家の長女・はつ(宮崎あおいさん)が嫁ぐ際、付き人に選ばれ、山王寺屋で働き始めます。

現在13歳の清原さんは、15歳~20代後半までの幅広い年齢のふゆを演じることになるのだそう。

「ふゆは大好きな、憧れのはつさんを支えるために一生懸命に働きます。はつさんが笑顔になればふゆも嬉しいし、はつさんが悲しければふゆも心が痛みます。そんな他人を思いやる優しいふゆに少しでも近づきたいと思っています」(清原果耶さん)

ヒロイン・波瑠さんはもちろん、一緒に芝居をする機会が最も多い宮崎あおいさんは、清原さんにとって、朝ドラと大河の両方でヒロインを演じた経験のある実力派女優の大先輩。いつの日か「自分がヒロインとして朝ドラに出演をしたい!」と夢見る、13歳の少女の挑戦と成長が垣間見られる作品になりそうですね。(さとうのりこ)

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/215095.html

平成27年度後期 連続テレビ小説「あさが来た」

2015年9月28日(月)~2016年4月2日(土)全156回

キャスト:波瑠、玉木宏、寺島しのぶ、柄本佑、友近、升毅、ディーン・フジオカ、三宅弘城、山内圭哉、野々すみ花、林与一、萬田久子、辰巳琢郎、風吹ジュン、近藤正臣、宮崎あおい ほか

http://ameblo.jp/kaya-kiyohara/

清原果耶オフィシャルブログ

 

元記事を読む