1. トップ
  2. TOKIO・城島茂、“50歳”で連ドラ初主演決定「この歳にしてちょっとドキドキしております」<サムライカアサン>

TOKIO・城島茂、“50歳”で連ドラ初主演決定「この歳にしてちょっとドキドキしております」<サムライカアサン>

  • 2021.5.22
  • 140 views

TOKIO・城島茂が、2021年10月にスタートするシンドラ「サムライカアサン」(日本テレビ)で自身初の連続ドラマ主演を務めることが決定。“50歳”で初の主演に決定した城島が意気込みなどについて語った。

【写真を見る】城島茂が演じる漫画「サムライカアサン」(集英社)の主人公・伊佐木よい子

同ドラマは、作者・板羽皆が「ココハナ」(集英社)で連載していた漫画「サムライカアサン」(集英社)を実写化したもの。現在も「サムライカアサンNEO」(集英社)が、同誌で連載中。

今回、城島が演じるのは“女性役”で、大阪のオカン・伊佐木よい子というキャラクター。よい子は、反抗期の高校生息子にウザがられながらも、大きすぎる愛でみんなを巻き込み暴走するオカン。城島は、“よい子”のうっとうしいほど熱い愛を表現する。

城島茂コメント

50歳で連ドラ初主演になるのですが、この歳にしてちょっとドキドキしております。普段バラエティーばかりなので、ドラマのお話をいただいて驚きましたが、オカン役には全く抵抗なく(笑)。こうして伊佐木よい子の姿になったら、ますますその気になりました。

自分の中の母性という部分では、TOKIOのメンバーのことはすごく小さい頃から知っているので、当時のやんちゃな時代が垣間見える、照れ臭そうな笑顔を見ると、カメラを向けてこっち向いてと言いたくなることはありますね(笑)。

親は子と共に成長すると聞きますが、僕もこのドラマを通して親として成長できたらと思います。「サムライカアサン」は、出てくる登場人物みんなが主役で、それぞれの人生を一生懸命生きていて、それを見ながら私も頑張らな、それでええやんって励まされる、笑いたっぷり、ホロリもいっぱいの物語です。10月の放送までぜひ楽しみにしていてください。

原作・板羽皆コメント

オカンの役がTOKIOの城島茂さんだと初めて聞いた時、喜びと驚きと同時に「オカンの姿がとても似合いそう」と、とても深い納得がありました。モコモコパーマにかっぽう着姿の城島さんが頭に思い浮かんではとてもしっくりとかわいくて、愛おしい気持ちになります。

家族大好きな大阪のオカン。泣いたり笑ったり怒ったり、家族を思う心情や言葉が城島さんオカンから出たらきっと、やさしくあたたかく響くに違いありません。かわいくて楽しくてパワフルな城島さんオカンで、たくさんの方に楽しい気持ちになっていただきたいです。ドラマ「サムライカアサン」ぜひお楽しみに。

元記事で読む