1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【夏の毛穴トラブル対策】ニキビや肌荒れも防ぐ「こだわりの新クレンジング」3選

【夏の毛穴トラブル対策】ニキビや肌荒れも防ぐ「こだわりの新クレンジング」3選

  • 2021.5.21
  • 2090 views

湿度も気温も高くなるこれからの季節は、汗や皮脂の分泌が増え、毛穴に汚れが詰まりやすくなります。ていねいなクレンジグをしないと、ニキビや肌荒れの原因にも。そんな肌トラブルを起こさないために、肌に優しく、余分な汚れをしっかり落としてくれるクレンジングをご紹介します。

毛穴ケアしてくれるクレンジングが続々登場!

ターンオーバーのリズムが崩れやすい季節は、不要な汚れや角質をきちんと落とすことが大切です。肌に負担をかけずに優しくオフしてくれるクレンジングで、しっかりケアしましょう。

エクセル 「セラムオイルクレンズ」

心地よさにこだわった美容液発想のクレンジングオイルです。厚みのあるクッションオイルで摩擦を軽減し、こすらずに撫でるだけでメイクを速やかにオフ。

贅沢に7種類の植物オイル(アルガンオイル※1、ホホバ種子油、ブドウ種子油、スクワラン、メドウフォーム油、オリーブ果実油、マカデミア種子油 ※すべて保湿)を配合し、やさしくお肌を包み込みます。ダブル洗顔不要なので、洗顔による摩擦が気になる方や、スキンケアの時間を短縮したい忙しい人にもオススメ。また、濡れた手でも使用でき、まつ毛エクステンションをしている人も使うことができます(※2)。

ベルガモット&ユーカリ(精油)の香りで、リラックスしたクレンジングタイムを楽しめます。

エクセル セラムオイルクレンズ
195ml ¥1,980

※1 アルガニアスピノサ核油、※2 シアノアクリレート系グルー

THREE 「バランシング クレンジング オイルジェル」

天然由来の成分や抽出法にまでこだわり、オーガニック認証「COSMOS」を取得したクレンジングオイルジェル。洗い上がりは透明感のある、つるんとなめらかな質感に。

油性の汚れと親和性に優れた「植物オイル」、肌の凹凸汚れに微細な粒子の「天然スクラブ」、毛穴やキメの汚れを吸着する「天然クレイ」による新発想のトリプル処方。メイクや皮脂、肌に付着した大気中の微粒子などディープな汚れまでもやさしく取り除き、肌本来のなめらかさと透明感をもたらします。

排気ガスやPM2.5、そしてウィルスやストレスなど、“目に見えないダメージ要因”をも速やかに洗浄し、無垢な素肌へと導いてくれます。100%天然由来の原材料だから、安心して使用できるのも嬉しいポイント。

THREE バランシング クレンジング オイルジェル
100g ¥4,620

オルビス 「クリア ディープ クレンジング リキッド」

毛穴に詰まったメイク汚れをスッキリ落とす、ニキビ予防クレンジング。肌が本来持つバリア機能を維持して、くり返しできてしまうニキビや肌荒れを予防してくれます。

「菜種」や「大豆」などの植物由来の洗浄成分を採用。ニキビに悩む人は過剰な皮脂分泌が起こっている場合が多いからこそ、皮脂やメイクの油分となじみやすい厳選した洗浄成分を使用して、毛穴に詰まったメイク汚れをスッキリオフします。また、オイルカットなので余計な油分を与えません。

厚みのあるテクスチャーで摩擦ストレスを軽減してくれるので、クレンジング時の摩擦による肌へ負担がかかりません。さらに、肌への優しさにこだわった、3種類の和漢植物由来成分「紫根エキス※3」、「グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来) ※4」、「ハトムギエキス(薏苡ヨクイ仁ニンエキス)※5」、および「浸透型コラーゲン※6」を配合。

オルビス クリア ディープ クレンジング リキッド 〔医薬部外品〕
150mL ¥1,650

※3 シコニン、※4 グリチルリチン酸2K、※5 ヨクイニンエキス、※6 コラーゲン・トリペプチドF

こだわりクレンジングで透き通るような肌をキープ

汗や皮脂、メイク、ホコリなどの汚れをしっかりオフすることが大切です。さらに、肌への摩擦が少ないテクスチャーや、天然由来の成分配合のクレンジングを選んで、肌本来の輝きを取り戻しましょう!

【参考】
とろんと、こすらず撫でるだけでメイクオフ やさしい使い心地にこだわった美容オイルクレンジング「エクセル セラムオイルクレンズ」新発売‐PR TIMES

肌も、心までも、とろけるよう。THREE(スリー)から、新発想のクレンジング オイルジェルが発売。‐PR TIMES

【新発売】毛穴に詰まったメイク汚れをスッキリ落とす“ニキビ予防クレンジング”。肌に優しい、厚みのあるテクスチャーを実現『クリア ディープ クレンジング リキッド』2021年4月23日(金) 新発売‐PR TIMES

文・三谷真美

元記事で読む