1. トップ
  2. 「俺の家の話」宮藤官九郎 今作で見えた「変わらない部分と、変わんなくて良かった部分」【インタビュー後編】

「俺の家の話」宮藤官九郎 今作で見えた「変わらない部分と、変わんなくて良かった部分」【インタビュー後編】

  • 2021.5.21
  • 424 views

「第107回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」(2021年1~3月放送の連続ドラマが対象)で「俺の家の話」(TBS系)の宮藤官九郎が脚本賞を受賞した。長瀬智也との黄金タッグで挑んだホームコメディーは、「能や介護という難しい題材をクドカンらしく昇華」「意外な結末、見事な伏線回収。長瀬とのタッグをまた見たい」と圧倒的に支持された。インタビュー後編では、脚本の中で主演の長瀬に向けて書いた部分や、今作を通して脚本家として達成したことを語ってもらった。

【写真を見る】12回目の最多受賞となった宮藤官九郎

西田敏行のセリフに「これは長瀬くんに当ててないとは言えないよな」

――今回、長瀬智也さんも主演男優賞を受賞されました。寿一としての演技に驚かされたのはどのシーンですか?

第7話、寿一が息子の秀生(羽村仁成/ジャニーズJr.)の作文を読むところ。台本には泣くとは書いていないんですが、長瀬くんがマスクで涙をふいて、すごいなと思いました。第8話、タクシーの中で照れながらスーパー世阿弥マシーンのマスクの紐を指でくるくる巻くとか、そういう仕草は僕の中から出てこない。長瀬くんは感動的な場面でも笑いのパートにも瞬発力があるんですよね。普通ならテクニックでやると思うんですけど、それを良しとしないところがある。「こう書いたらこうするかな」という予想を超えてきますね。

――特に最終回、長瀬さんに向けて書いた場面があったのでしょうか。

たしかに、セリフでも西田(敏行)さんが「褒めたら終わっちゃうから」「人間家宝、観山寿一!」と言うのがあって、書きながら「これは長瀬くんに当ててないとは言えないよな」と思いました。最終的にそういう展開になったのは、西田さんが長瀬くんのことを好きだっていうのも大きいですよね。

始めは「タイガー&ドラゴン」(2005年、TBS系)の竜二(岡田准一)とどん兵衛(西田)のように、ぶつかり合う父子の関係になると考えていました。弟や妹たちも父親の遺産を当てにしていて、後妻業の女も出てきて、そういう愛憎劇みたいなドラマになるかなと思っていたけれど、いざ始めてみたら、そうはならなかった。もう第1話の風呂のシーンから、寿一と寿三郎は仲良くなっちゃいましたから。

――寿一と恋仲になるさくら(戸田恵梨香)と、元妻のユカ(平岩紙)が「(寿一は他人のことを考えすぎて)自分がない」「あたしなんて(寿一の中で)2GBしかない」と言い合うくだりにも、宮藤さんから見た主演・長瀬さんの印象が反映されているのかと思いました。

自分で監督した映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」(2016年)のとき、現場で主演の長瀬くんがすごく難しい顔をしているので、なんだろう?と思って聞いたら、「演じる鬼の衣装の丈が違う」「このシーンでは3つ目の目玉がいらないのでは」と考えていたそうで、なんだそんなことかと(笑)。

「池袋ウエストゲートパーク」(2005年、TBS系)、「タイガー&ドラゴン」のときにはそんな長瀬くんを知らなかったから、今回はそれをセリフ化したところはありますね。そこにいるのに、いる感じがしないとか、他のことを考えているとか、何かに集中しすぎて殺気立つとか。女の人から見ると「私のことどう思ってるの。私は寿一くんの何なの」と思わせてしまうような…。でも、それって長瀬くんだけでなく誰にでも当てはまることですよね。

今作で「自分の癖が改めてはっきりした」

――第9話の夫が育休を取ってうれしいユカと、夫が働かず家にいることに拒否反応があり「今の時代には合っているんだろうけど私には無理」と言うさくら。実際にママ友同士が交わすようなリアルな会話でした。

あの場面は反応が怖かったんですよね。「ドラマで言うことではないのかな」とも思って。でも、育児休暇を取る人もそうでない人も両方いるだろうし、それでいいんじゃないかと。世の中の意見が一方ばかりに傾いていると息苦しくなるんです。そういう気持ちを戸田さんに言ってもらうのなら許してもらえるかなと考えました。

――宮藤さんにとって、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(2019年、NHK総合ほか)後の民放連続ドラマ復帰作でしたが、今回、達成したことはありますか。

(これまでも組んできた)磯山晶プロデューサーに「とにかく時系列をいじるな」と口をすっぱくして言われていたんですね。「劇中の時間軸を変えることによって、テレビの前のお客さんが離れていくから」と(笑)。

これまでは自分の気持ちのままに書く場合、どうしても過去現在未来を行ったり来たりしないと思ったように出来なかったけれど、今回は時の流れを守れました。時系列を入れ替えなくても自分の持ち味で書けるんだということは達成できたんじゃないかな。

――介護も絡め、家族のドラマをシリアスに描いたのも新しい挑戦だったのでは。

もっと欲の支配する家族の愛憎劇にしようと思えばできるのに、それはなんか嫌だなという感覚がありました。リアリティーを感じなかったんです。「俺の家の話」がこういうドラマになったことで、自分の癖が改めてはっきりした。変えたいのに変わらない部分と、変わんなくて良かった部分。このドラマを終えて、その両方が見えた気がします。

(取材・文=小田慶子)

元記事で読む