1. トップ
  2. スキンケア
  3. 日焼けしやすい人は茶ぐすみ肌に注意! 透明感を手に入れる5メソッドは…

日焼けしやすい人は茶ぐすみ肌に注意! 透明感を手に入れる5メソッドは…

  • 2021.5.21
  • 1953 views

こんな人は【茶ぐすみ肌】かも!

✔︎ 日焼けすると赤くならず、黒くなる
✔︎ ふっくら透明感のある肌に憧れる
✔︎ シミはあまり気にならないので
✔︎ 美白ケアはしていない
✔︎ 朝食は何も食べないか、パン1枚程度

焼けすると赤くならずに黒くなる、メラニンの生成能力が高い肌。日焼け肌はヘルシーで素敵にも見えますが、同時に目に見えないシミ予備軍ができているので注意が必要。できるだけ紫外線から肌を守る工夫を!

メソッド1|毎朝必ず日焼け止めをつける

「どんどん日焼けしてしまうタイプの人は、とにかくダメージの予防に徹しましょう。紫外線は窓からも入ってくるので、室内で過ごす日も日焼け止めは必ずつけて。外出する日は日中塗り直すのがベストです」(ウォブクリニック中目黒 総院長 髙瀬聡子先生)

Oggi専属読者モデル・オッジェンヌ 有木万美子さんが実践! 日焼け止めの正しい塗り方

STEP1|塗る量も大切。直径1〜1.5cm程度が目安

塗る量が少なかったり塗りムラがあると、防御効果が弱まってしまう。この量をしっかり塗るようにして。

STEP2|日焼けしやすい部分から丁寧に塗る

手にとった日焼け止めを少しずつ指にとり、頬から塗り始める。その後、額、鼻、あご、細かい部分の順に塗って。

STEP3|手に残ったものを首筋にも塗る

最後に、手に残ったもの(足りなければ足す)を首筋にも塗り広げ、首の日焼けやエイジングを防ぐ。

おすすめの「日焼け止め」はこれ!

保湿乳液やクリームの代わりに使って、紫外線から肌を守る朝用乳液。

▲コンフォートジャパン コンフォートゾーン スキンレギメン アーバンシールド SPF30 40ml ¥7,700

▲プレミアアンチエイジング デュオ ザ デイエマルジョン SPF50+・PA++++ 30g ¥4,290

▲SPF表示にあえてこだわらず、高い保護力で細胞のDNAダメージを防ぐ。
NAOS JAPAN エステダム フォトリバース 50ml ¥8,800

メソッド2|シミがなくても美白美容液を取り入れる

「日焼けしている肌の内側にはたくさんのシミ予備軍があります。今は見えていなくても、予防の意味で美白美容液を取り入れましょう。ビタミンC誘導体など抗酸化成分が入ったものを選び、肌のダメージを防いで」(髙瀬先生)

おすすめの「美白美容液」はこれ!

ビタミンCや抗酸化成分配合の美白美容液。シミだけでなく、皮脂の酸化やシワ・たるみも防ぐ。

▲ビタミンC誘導体配合。
アンプルール ラグジュアリーホワイト アクティブクリアD 30ml ¥8,800

▲保湿力も高い。
SK-Ⅱ ジェノプティクス ウルトオーラ エッセンス 50ml ¥26,400(編集部調べ)

▲皮脂の酸化を防ぐ。
パルファン・クリスチャン・ディオール スノー アルティメット エッセンス オブ ライト[医薬部外品]30ml ¥17,600

▲毛細血管の濁った色素にアプローチ。
ポーラ ホワイトショット CXS[医薬部外品] 25ml ¥16,500

「美白美容液」の塗り方

STEP1|朝晩のお手入れでたっぷり使う

朝はこれから紫外線を浴びる肌を守るために、夜はダメージをケアするために。適量を顔全体にしっかり塗る。

STEP2|顔とひと続きの首筋にも塗って

美白美容液はもちろん、その前後に使う化粧水も乳液も、なんでも首までたっぷりなじませるのを習慣にして。

メソッド3|外出時は日傘やサングラスでガード

「日焼け止めはくずれる危険もあるので過信はできません。日傘やサングラスを使用して、物理的に紫外線をカットしましょう。とにかく肌を守ることが大切です」(髙瀬先生)

メソッド4|酵素洗顔でメラニンを速やかに追い出す

「メラニンを含んだ古い角質を追い出して肌の透明感を引き出すには、代謝を上げることが大切。酵素洗顔料を週に数回取り入れたり、湯船に浸かって体を温めることも効果的です」(髙瀬先生)

おすすめの「酵素洗顔」はこれ!

肌表面の古い角質や皮脂を取り除く酵素洗顔料。肌の潤いは奪わないので安心して使って。

▲炭配合で皮脂を吸着。
ファンケル ディープクリア洗顔パウダー 1回分×30個 ¥1,980

▲さっぱり気持ちいい洗い上がり。
コーセー ルシェリ 酵素洗顔パウダー 0.4g×32包 ¥1,540(編集部調べ)

▲たっぷり使って首まで洗えるボトルタイプ。
MTG ON&DO パウダーウォッシュ 40g ¥3,850

メソッド5|朝、抗酸化物質を体に入れる

「朝、ビタミンCを内服したり、〝飲む日焼け止め〟をとるなどして抗酸化物質を体に入れ、内側からダメージを防ぐことも大切です。食べ物ならブロッコリーなど色の濃い野菜をとって」(髙瀬先生)

〝飲む日焼け止め〟は外出の30分前に

サプリメントは体内で吸収されてから効果を発揮するので、外出の30分前を目安にたっぷりの水で飲むと◎。

おすすめの「抗酸化物質」はこれ!

シダ抽出物やローズマリーエキスといった肌を守る抗酸化物質をぎゅっと詰め込んだ、飲む日焼け止め。

▲シダ抽出物を含む「ファーンブロック」という成分配合。
ロート製薬 ヘリオホワイト 24粒 ¥2,640

▲アスタキサンチン配合。
富士フイルム アスタリフト サプリメント ホワイトシールド 24粒 ¥2,145

▲シトラスとローズマリーの抽出物配合。
オルビス サンピリオド 20粒 ¥2,160(限定発売)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2021年Oggi6月号「マスク時代の『くすまない肌』はこうやって作ろう」より
撮影/長谷川 梓(人物) ヘア&メイク/松原美穂(Nestation) イラスト/浅生ハルミン 構成/大塚真里
再構成/Oggi.jp編集部

元記事で読む