1. トップ
  2. 「逃げ恥」愛されたワケ “多様性”優しく受け止めた“穏やかで革新的”な物語<星野源 新垣結衣>

「逃げ恥」愛されたワケ “多様性”優しく受け止めた“穏やかで革新的”な物語<星野源 新垣結衣>

  • 2021.5.20
  • 388 views

2021年5月19日、星野源と新垣結衣が結婚することが発表された。2016年の本放送時に社会現象と呼べるほどのブームとなった「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で共演した2人が結婚することは、“逃げ恥婚”と大きな話題になった。奇しくも、2020年の5月19日は特別編集版となる再放送「逃げるは恥だが役に立つムズキュン!特別編」の第1回が放送された日。今回はその「ー特別編」放送時に、“逃げ恥が愛された理由”について、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が振り返った記事を再掲載する。(以下、2020年5月19日配信記事に追記したものです)

【写真を見る】もうすぐ現実に…?新垣“みくり”ウエディングドレス&星野“平匡”タキシードの2ショット(ほか新垣結衣のセーラー服姿など)

登場人物の個性・環境を穏やかに受け止めて…

この3年半(※2020年時)、何度も再放送されていて見るたびにほっこりする。「逃げ恥」こと「逃げるは恥だが役に立つ」は近年のヒットドラマの筆頭格である。

第1話の視聴率は10.2%(※以下、視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)と平凡だったが回を増すごとに注目されていき、最終回(11話)は視聴率20.8%と盛り上がった。なぜ、「逃げ恥」は多くの人たちに愛されるのか。

この数年、「多様性」という言葉が社会ですっかり定着したが、「逃げ恥」は極めて「多様性」を意識した作品で、各々の登場人物の個性や置かれた環境を否定することなく、できる限り穏やかに優しく受け止めて肯定していこうとする気遣いの流れのとば口であったように思う。

主人公・森山みくり(新垣結衣)は大学院まで出ながら就職難で派遣社員としてその能力を持て余していたところ、派遣切りに遭う。まずこれがとても現代的な設定である。

だが、みくりは家事代行サービスという新たな仕事につく。雇用者である津崎平匡(ひらまさ/星野源)は、優秀なシステムエンジニアで、独身生活を謳歌しているように見えて、36歳にして性体験がなく、それを「プロの独身」と言い換えて自分を肯定している。これまた極めて現代的な設定だった。

働く場所のない人物と、結婚適齢期というような世の中の勝手なルールに当てはまらない人物、現代に多く存在する人たちの代表のようなみくりと平匡。やがてふたりは、「家事をやってもらうこと」と「対価を得る」というお互いのメリットのため合理的な「契約結婚」をする。それによって能力を最大限に生かし対価を得ることと、結婚しているという世間体を得ることができた。

“欲望”ではなく“安心”求める恋愛

それだけでも十分なところ、物語は「ムズキュン」という快楽を作り出した。

最初はあくまで雇用関係であったみくりと平匡が互いの価値観の違いをすり合わせていくうちに恋愛感情が芽生えてきて……。

このまま恋愛に進んでもやぶさかではないみくりに対して、プロの独身を貫いてきた平匡はどうも恋に不器用で。そのもどかしさを「ムズキュン」と呼んで、それがまた視聴者の心をくすぐった。

恋することでふたりがずっと鎧に覆ってきた心が露わになっていく。ふたりは意外と似たところがあり、それは、「自尊感情」によって他者とのコミュニケーションが苦手であるところだった。

ひとりが好きと言い張って来た平匡、かつて元カレに「小賢しい」と言われたことがずっと気にかかっているみくり。ふたりは互いの隠していた部分を認め合うことで、自分に自信が持てるようになっていく。こここそ人気のポイントだったように思う。

恋愛ドラマがヒットしないと言われ、医療もの、刑事ものが増えてきた時代、「逃げ恥」は恋のためには何もかも捨てる恋愛一筋ものではなく、主人公が妻という「仕事」をきっちりこなしたその先にある「恋愛」という生真面目さ。

しかもその「恋愛」が「欲望を満たす」という積極性よりも、ただお互いを認め合う「安心」のようなものであったことで見る人の間口を広げたといえるだろう。

みくりと平匡だけでなく、「逃げ恥」の登場人物は皆、それぞれ、恵まれているようで他者にはあえて語らない事情をもっている。

みくりの叔母・百合(ゆり/石田ゆり子)も平匡と近くて、仕事は充実しているが、性体験がないままアラフィフに。そして彼女の前に現れた17歳も年下の男・風見涼太(大谷亮平)に惹かれるが年齢差を考えて躊躇してしまう。

平匡の会社の上司・沼田頼綱(古田新太)はLGBTQではないかという素振りがあるが、自らそれを言わないし周囲も何も言わない。

平匡の同僚・日野秀司(藤井隆)は妻子を大事にしている状況をてらいなく語る、最も一般的な設定の登場人物であるが、ドラマでは、みくり、平匡、百合、涼太、沼田、日野をフラットに描いている。

日野という平均値と思われそうなライフスタイルと比較して、違っていることをことさらクローズアップしない。みんな穏やかに会話し、食をともにする。

恋にオクテな平匡をリードするみくりという男女のあり方の先入観を逆転させたり、平匡よりみくりがほんの少し背が高く見えたりするところもなんか良いのである。

もちろん連続ドラマなので、みくりと平匡、百合と風見の関係が揺れ動いていくのだが、彼らの悩みをエンタメ化することがない。

かつてのドラマは、病気や貧困や外見や様々な体験のあるなしなどをエンタメのテーマに据えてきたが、それとは一線を画す作品が「逃げ恥」だった。

ライフスタイルも、年齢差も、性差も、その差がドラマティックなのではなく、ドラマはその先の、人と人との出会いにある。

いろんな人たちが、星野源の「恋」で「恋ダンス」を楽しく踊って、幸福を増幅させていく。そんな優しく穏やかなドラマが成立したのは、新垣結衣、星野源、石田ゆり子たちの圧倒的な清潔感も大きかったと思う。

新しい社会を一足早く予言した海野つなみの原作漫画は、ドラマの本放送と同時期に最終回を迎えたが、その後、百合と風見との恋の顛末を描いた番外編や、みくりと平匡のその後を描いた続編も描かれ、それもまたドラマ化してほしいと多くのファンが待ち望んでいる。今回の特別編が続編のステップボードになるか。(※2021年1月に新春スペシャルとして新作が放送された)

元記事で読む