1. トップ
  2. SUPER BEAVER ニューシングル『愛しい人』サビの歌詞「本性」に込められた思い

SUPER BEAVER ニューシングル『愛しい人』サビの歌詞「本性」に込められた思い

  • 2021.5.20
  • 329 views

SUPER BEAVERが、5月19日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。この日リリースのニューシングル『愛しい人』について、パーソナリティのさかた校長とこもり教頭が感想を伝え、楽曲への思いを聞きました。

さかた校長:今夜のSCHOOL OF LOCK! 生放送教室には、SUPER BEAVER先生が来校!

SUPER BEAVER:こんばんは~! よろしくお願いします!!

さかた校長:ちょっと……(星野源さんと新垣結衣さんの結婚発表に)教頭の心が乱れていますが……。

こもり教頭:あまり聞かないでください……(笑)。

渋谷龍太(Vo):お顔に出ていますね。

さかた校長:(笑)。

こもり教頭:どういう顔をしたらいいか、わからないんです……。

全員:(笑)。

さかた校長:SUPER BEAVER先生は、本日、5月19日にニューシングル『愛しい人』をリリース。おめでとうございます!

SUPER BEAVER:ありがとうございます。

さかた校長:(タイトル曲の)「愛しい人」は、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』主題歌にもなっていまして、メジャー再契約第三弾シングルなんですけれども……。

渋谷:そうか。もう、三弾目なのか(笑)。

柳沢亮太(Gt):そうか(笑)。

さかた校長:前回(2021年2月リリースの)アルバム『アイラヴユー』もそうだったんですけど、愛に満ち溢れてすぎて僕らの生活の一部になっていました。

渋谷:うれしい……!

さかた校長:そしてこの「愛しい人」も、めちゃくちゃいいですね。僕がこの曲を聴いて思ったのは、高校生のときに母親と話したときに……それまでは母親と息子という立場で話していたんですけど、母親が僕に悩みを相談したんです。そのときに、“人と人”として見てくれている、という感覚があったんです。あれは、この曲を聴いて、母親が“イチ1人”としてしゃべってくれていたんやな、って。許してくれた、認めてくれた、というのも、すごい愛なんだな、と気づかせてもらいました。

柳沢:素敵な話すぎて……!

さかた校長:でも教えてくれたのは、ビーバー先生なんです。

渋谷:いやいやいや……マジでいい話!

さかた校長:いまもまさに、友人や家族周りでいろいろ思っている子たちもそうですし、僕も時を経て思うこともあって。本当にすごい曲をまた……ありがとうございます。

SUPER BEAVER:こちらこそ、ありがとうございます。

さかた校長:あらためて、この「愛しい人」は、ビーバー先生にとってどういう曲になりましたか。

柳沢:恋愛の側面でも届く曲でありたいな、という気持ちはありつつ、サビの歌詞で『本性』という言葉を使っているんです。もちろん恋人や好きな人への思いも含めてなんですけど、人づきあいのなかで“好き”だけではなくなっていくというか。一緒に過ごす人との関係値も、長くいればいるほど少しずつ変化していくと思っていて。そこには、“なんか、このクセ嫌だな”とか、そういった部分も見えてくるとは思うんですけど、それをわかっていてでも一緒にいるって何なんだろうな? というか。そういう気持ちを歌にしていけたらいいな、と思いながら作りました。なので、校長が話してくださったお母さんとの……親と子だけではなくて、ちょっと目線が横並びになるというか。そういう関係のちょっとした変化というか……みたいなものに当てはめて聴いてくださったというのは、すごく嬉しいなと思いました。

――ここで「愛しい人」オンエア

【SUPER BEAVER 「愛しい人」MV】

こもり教頭:(楽曲オンエア後)最高です! 心は何かを感じているのに、適切な言葉で表せないときってあるじゃないですか。この人に対して思っている気持ちはこうだ、価値はこうだ、というのがあっても、時間が経てば関係性は変わりますよね。自分も何かを得て成長して、感じることが変わっていて、「この気持ちは何? わからないよ!」となってしまった気持ちを、この曲は全部代弁してくれている!

柳沢:なるほど!

こもり教頭:ビーバー先生は、わからないことを“わからない”と言ってくれるから、刺さるというか。悩んで答えが見つからないときに、「それってわからなくね?」、この曲に関してなら「だって変わっていくし」、「それでよくない? 言ってしまえば、それが愛じゃない?」というのもあったりとか。テンション感も含めて、マジ最高です!

柳沢:すごく素敵! 嬉しいなぁ。

渋谷:本当にありがとうございます。ラジオに出させていただく身として、こういうふうにちゃんと聴いていただいて、自分の気持ちと照らし合わせた上での感想を聞けるというのは、音楽家冥利に尽きますね。めっちゃ嬉しいです。

こもり教頭:本当に最高です!

SUPER BEAVER:ありがとうございます。

こもり教頭:流れとか気にしなくていいなら、もう1回聴きたいです!

全員:(笑)。

<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!

パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭

放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55

番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

元記事で読む
の記事をもっとみる