1. トップ
  2. グルメ
  3. バーミヤンの定食がリニューアル、肉中心の16種類に

バーミヤンの定食がリニューアル、肉中心の16種類に

  • 2021.5.20
  • 2122 views

中華レストランチェーン「バーミヤン」(本社:東京都武蔵野市)が5月20日より、平日限定の定食をリニューアル。肉料理を中心に、麺類や飯物など全16種が登場する。

「ジューシー牛カルビのオイスター炒め定食」(879円)

これまでディナータイムでしか利用出来なかった定食だが、「時間帯によらず定食を楽しみたい」という要望を受け、内容を変更。メニューを増やし、時間を気にせず利用できるよう、すべての定食が昼夜同じ価格で販売される。

メニューは、「ジューシー牛カルビのオイスター炒め定食」「本格焼き餃子・焼売定食」など肉料理を中心に、天津飯や担々麺など充実のラインアップに。また、ランチタイム限定の「日替わりランチ」はそのままに、餃子が3個付いた「日替わり定食」が新たに加わる。

さらに、餃子や杏仁豆腐など、一部のサイドメニューが定食限定価格で注文できるので、好みでボリュームを調整も可能。価格は659円〜、テイクアウト・宅配を除く全国のバーミヤンで販売される。

元記事で読む