1. トップ
  2. グルメ
  3. 王子サーモンが究極の“シャケ弁”「王子の鮭弁当」を銀座店限定で販売開始

王子サーモンが究極の“シャケ弁”「王子の鮭弁当」を銀座店限定で販売開始

  • 2021.5.19
  • 4172 views

5月17日(月)、王子サーモンが銀座店限定で「王子の鮭弁当」の販売を開始した。

脂のり抜群のカナダ産天然紅鮭を使用

何度も試作を重ねて発売の運びとなった「王子の鮭弁当」は、毎朝店内のキッチンで調理した作りたてを数量限定で提供。鮭一筋54年の王子サーモンがこだわり抜いた、究極の“シャケ弁”だ。

お弁当最大の魅力は、4年に一度しか獲れない脂のり抜群のカナダ産天然紅鮭を使用していること。シンプルに塩で味付けした切りたての紅鮭を毎朝焼き上げていて、皮まで美味しく、厚切りで食べごたえ満点。季節によって鮭の種類が変わる可能性があるが、その違いも楽しみの一つだ。

ご飯やおかずにもとことんこだわった逸品

お米には、滋賀県のブランド米「秋の詩」を使用。炊き立てはもちろん冷めてもパサつかず、時間が経っても美味しいままで、鮭の脂との親和性が高く、おかずとの相性も抜群!

ご飯の上にのっているのは、北海道産の鮭節で作った自家製のおかか。さらにその上には、老舗海苔問屋から仕入れた焼き海苔がのっている。国産の海苔だけを使って作られた焼き海苔は、磯の香りと、歯切れがよく軽やかな食感が特徴。お米、おかか、海苔が絶妙なバランスで調和している。

ほかにも、揚げてもふんわりの「ちくわの磯辺揚げ」や、素朴でありながら洗練された味付けの「たらこ昆布巻」、独自の燻製技術で旨味がぎゅっと詰まった「牡蠣燻」、「だし巻き卵」などが脇役として華を添える。

価格は1,200円(税込)。鮭の会社が作る究極の”シャケ弁”をじっくり味わってみて。

■王子サーモン銀座店 住所:東京都中央区銀座3-7-12

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

元記事で読む