1. トップ
  2. ファッション
  3. ジャケットで優等生をやめる|「気楽に着れて育ちがいい」デザイン5選

ジャケットで優等生をやめる|「気楽に着れて育ちがいい」デザイン5選

  • 2021.5.18
  • 647 views

かしこまって見えるのは避けたい。その間をくみとる「ジャケット未満」に着目を。カーディガン感覚でラフにはおれる、カジュアルの延長線上でセレクト。

まじめの枠を超えられる
「ジャケットらしくない素材」
気楽な風合いやモードなツヤ感など素材によって「優等生」にならないジャケットを選抜。それだけで意外性があるから、シンプルなボトムでも十分。

【クレジット一覧】気楽に着れて育ちがいいデザイン5選

SHORT KNIT
☑紺ブレより力が抜ける
「高密度なニット」
「カーディガンとジャケットの間」をとったような心地よさ。紺ブレのような気品を保ちつつ、ゆとりのあるドルマンスリーブのおかげでさらに脱力。たとえば白T・デニムの究極の定番にさらっと羽織る感覚で。



1.素材はリラックス
「形はモード」

ニットジャケット 31,900円、デニムパンツ 26,400円/ともにTICCA Tシャツ 8,250円/スリードッツ(スリードッツ青山店) リボン 5,060円/ジェニファーオーレット(THE HAIR BAR TOKYO) ピアス 1,320円、ネックレス 1,760円/ともにアネモネ(サンポークリエイト) バッグ 18,260円/アルマーニ エクスチェンジ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン) シューズ 15,400円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 一見ブレザーのようなハイゲージ。


2.軽快に試せる
「ショート丈の薄手レザー」
エコレザーの色はライトグレージュ。カーディガンの延長のようなスナップボタンやフラップポケットで親しみやすく。


3.質感も色合いも涼しい
「もっちりとしたニット」
ゴールドボタンつきのしっとりとしたニットジャケット。ロングカフスリーブやヒップラインが隠れるぐらいの丈でバランスも良好。


4.夏まで想像できる
「透け感のある素材」
透けすぎない絶妙な質感と軽さ。ダブルジャケットも透過性のある素材に落とし込むことでソフトな印象に。


5.見た目はキレイで
「素材はスムースなスエット」」
ベルトつきのスエット素材ジャケット。色は白に近いライトグレーで、やや光沢を含むなめらかな風合い。

元記事で読む