1. トップ
  2. 石原さとみ“海音”、綾野剛“倫太郎”への気持ちに歯止めが効かず地上での生活に未練を感じ始める!!<恋はDeepに>

石原さとみ“海音”、綾野剛“倫太郎”への気持ちに歯止めが効かず地上での生活に未練を感じ始める!!<恋はDeepに>

  • 2021.5.18
  • 1087 views
倫太郎は、海音に出会ったことで「予定が狂った」という (C)NTV
倫太郎は、海音に出会ったことで「予定が狂った」という (C)NTV

【写真を見る】石原さとみ“海音”、鴨居研究室のメンバーが楽しげにカメラに向かってメッセージを伝える

石原さとみと綾野剛がW主演を務めるドラマ「恋はDeepに」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第6話が、5月19日(水)に放送となる。

本作は、住む世界がまるで違う二人が“巨大マリンリゾートの開発”で出会い、運命的な恋に落ちるというラブコメディー。石原は、海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音(なぎさ・みお)を、綾野はロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(はすだ・りんたろう)を演じる。

海音とともに芝浦海洋大学・海洋学術センター・鴨居研究室で働く特任研究員の宮前藍花を今田美桜が演じる。そんな鴨居研究室の教授で、海音の父親的存在である鴨居正を橋本じゅんが、「蓮田トラスト」の専務取締役であり、倫太郎(綾野)と対立する厳しい長男・光太郎役を大谷亮平が、兄二人の関係を取り持つお茶目な三男・榮太郎役を渡邊圭祐がそれぞれ演じる。

【写真を見る】石原さとみ“海音”、鴨居研究室のメンバーが楽しげにカメラに向かってメッセージを伝える (C)NTV
【写真を見る】石原さとみ“海音”、鴨居研究室のメンバーが楽しげにカメラに向かってメッセージを伝える (C)NTV

第6話あらすじ

鴨居(橋本じゅん)が警察に連行され、一人になってしまった海音(石原さとみ)。心配する倫太郎(綾野剛)は、海音を蓮田家に招待する。そこに、ちょうど遥香(泉里香)を連れた榮太郎(渡邊圭祐)も帰って来る。倫太郎と遥香の親しげな姿に、ほのかに嫉妬する海音。

そんな中、蓮田家には、藍花(今田美桜)たち研究室の仲間が押しかける。仲間の暖かさにうれしくなる海音。一方、藍花は、榮太郎の隠し事が気になっていた。コソコソと椎木(水澤紳吾)とやりとりする榮太郎は、とある株の売買を進めている様子を見せる。

その夜。倫太郎は海音に、母親との約束だった<海中展望タワー>を作って自分を取り戻すためにロンドンから戻って来たと話す。しかし、海音に出会ったことで「予定が狂った」と切なく微笑むと、海音にまっすぐな気持ちをぶつける。

倫太郎への気持ちに歯止めが効かず、地上での生活に未練を感じ始める海音。一方、蓮田トラストでは、星ヶ浜の開発プロジェクトについて、光太郎(大谷亮平)か倫太郎、ふさわしいリーダーが選ばれることになる。そして海音の正体を巡って、研究室はさらなる窮地に立たされる。

元記事で読む
の記事をもっとみる