1. トップ
  2. インテリア
  3. 風通しの良い部屋にしよう。一人暮らし、窓が一つでも効果的な対策って?

風通しの良い部屋にしよう。一人暮らし、窓が一つでも効果的な対策って?

  • 2021.5.16
  • 18646 views

風通しが必要な理由

湿気がこもるから

いわずもがな、こうした生物がいる中で生活すると、呼吸するたびに体内に取り込むことにより、体調不良などの原因にもなります。

また湿気が溜まりやすい部屋は、ひどいときにはクローゼットの中や壁紙、フローリングなどがカビて腐食してしまうことも。

洗濯物が乾きにくくなるから

梅雨にはいると一層、部屋干しする機会が多くなります。そうしたときに風通しは重要です。部屋干しする時間が長くなればなるほど、洗濯物に残った汚れや雑菌が繁殖し、ニオイの原因になります。

夏、部屋の中が熱くなるから

日中とりこんだ温かい空気は、部屋の上部にたまりやすい傾向があります。エアコンで急に部屋の中を冷やしても、頭と足元では温度差を感じるもの。それも暑く感じる原因の一つです。風通しを良くしながら空気の流れを作り、換気を行うことが大切になります。

観葉植物を元気に育てるため

グリーンなどの観葉植物は、水やりや日当たりと同様に、風通しもとても重要な元気の源です。何度試しても枯れてしまう、という方は空気がこもっていることも関係しているのかもしれません。

風通しの良い間取りの特徴

(参考記事:たくさんのグリーンと暮らす。日当たりの良いワンルームの一人暮らしインテリア)

風通しが良い部屋は、部屋に二つ以上窓があることが望ましいといえます。室内に入った風が、もう一方の窓から出ていく。シンプルなことですがこれだけで十分、風の流れができ、自然と風通しの良い部屋になります。

一人暮らし、部屋に窓が一つしかないときの対策

しかし角部屋であれば二つ以上窓があることもありますが、一般的な一人暮らし向けのお部屋は窓が一つだけ、ということも多いでしょう。

そんなときは以下のような対策を試してみましょう。

換気扇を回す

キッチンなどについている換気扇を活用しましょう。その場合は室内にある窓も開けることでより効果的に換気ができるようになります。

壁に取り付けられた換気口や、バスルームの換気扇も使うといいですよ。

サーキュレーターを回す

窓が一つしかないときに効果的なアイテム、それがサーキュレーターや扇風機です。ポイントは部屋の扉を開けて、サーキュレーターを開けた状態の窓の外に向けて設置すること。こうすることで、部屋の中のこもった空気を外に出すことができます。(このお部屋はこちら)

風通しの良い間取りの見本を見てみよう

【ワンルーム】仕切りがないからこそ、換気扇を有効活用できる

写真右手に大きな窓のある、一般的なワンルームマンション。カーテン奥の仕切りの向こうに、キッチンがあります。

空気がこもっているな、と感じたらキッチンの換気扇を使いましょう。キッチンが丸見えなのはちょっと……という場合には、こうして薄手のカーテンで仕切るアイディアも、真似したいですね。

【1K】角部屋は窓が複数あって◎

シンプルな7畳1Kタイプのお部屋で暮らす方のお部屋。角部屋のため、窓が二つあるので風通しを良くするためにはいいですね。日当たりも良くなり、一石二鳥です。

【1LDK】キッチンの小窓も活用して、風の通り道を作ろう

柔らかな光が差し込む、1LDKのお部屋。縦に長いリビングは、角部屋のため窓が複数あります。

窓側から見ると、奥にキッチンがある間取り。キッチン側の窓を開けることで、ベランダ側とキッチン側で風の通り道がしっかりできるお部屋の形です。

元記事で読む