1. トップ
  2. ファッション
  3. 大人女子の「老けない夏の黒コーデ」5選【マネしやすい】

大人女子の「老けない夏の黒コーデ」5選【マネしやすい】

  • 2021.5.16
  • 55172 views

ある日のコーディネートチェックのとき、スタイリスト・斉藤美恵さんの〝コレはソフィア・コッポラをイメージしました〟という一言から始まったこの企画。どこかパリっぽくて、一貫したセンスのよさを感じる彼女の着こなしをお手本に、シンプルだけど今っぽい「モノトーン」スタイルを考えてみました。

1.白と黒だけで極限までシンプルな「モノトーンコーデ」

白シャツに黒ショーパン、色もアイテムもベーシックに徹したスタイルが潔くてカッコいい!足元はポインテッドよりラウンドトゥ、も彼女の定番。シャツ¥31,900ショートパンツ¥68,200(ともにマディソンブルー)バッグ¥41,800(ケイト・スペード ニューヨーク/ケイト・スペード カスタマーサービス)シューズ¥91,300(フランチェスコルッソ/ハウント代官山/ゲストリスト)

2.柄を使うのはドットかボーダーのみ

×ドット
オール黒にリズムと奥行き 小ぶりな白ドットが映える!

しなやかなドットブラウスが黒のパンツルックをフェミニンに。バンドカラーなら程よく今っぽさも加味できる! ブラウス¥24,200(マルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町) パンツ¥8,990(プラステ)バッ グ¥135,300(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)シューズ¥27,500(カルチェグラム/デュプレックス)時計(スタイリスト私物)

×ボーダー
黒より白の面積多め!なパネルボーダーで清潔感UP
デニム合わせだと思いきりカジュアルに転びがちなボーダーをさっぱりクリーンに着こなす秘訣は、白の面積が多めのボーダーにすること。顔周りも明るく、余裕あるリッチカジュアルが楽しめます。ニット¥19,800バッグ¥12,100(ともにアルアバイル)デニムパンツ¥25,300(アッパーハイツ/ゲストリスト)めがね¥34,100(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)

3.色を差すならグレーかブルー

×GRAY
シックなトーンに白黒で知的な甘さを薫らせる

クルーネックの首元からチラ見えする丸衿と甲浅のパテントメリージェーン。いかにも、じゃないさりげない甘さが〝こなれ〟に一役!ニット¥30,800(ジョンスメドレー/リーミルズ エージェンシー)丸衿シャツ¥25,850(マディソンブルー)パンツ¥23,100(アストラット/アストラット新宿店)バッグ¥7,990(プラステ)シューズ¥45,100(レペット/ルック ブティック事業部)

×BLUE
メンズっぽい組合せが逆に女っぽさを後押し

ゆったりシルエットに長めのカフス、端正なブルーのシャツを黒のハーフパンツにイン。ゆるく着ないで、ボタンも閉めてあえてきちんと着る。そのバランスが新鮮でぐっとオシャレに見える!ストンとした落ち感のショーパンでとことんハンサムに着るのも◎。シャツ¥8,990ハーフパンツ¥8,990(ともにプラステ)バッグ¥189,200(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)

撮影/水野美隆(zecca) モデル/鹿沼憂妃 ヘアメーク/渡嘉敷愛子 スタイリング/斉藤美恵 取材/北山えいみ 再構成/Bravoworks.Inc

元記事で読む