1. トップ
  2. レシピ
  3. 【実食ルポ】プロが厳選した旬のフルーツを堪能!吉祥寺「先手家<ポンテヤ>」のフルーツサンド

【実食ルポ】プロが厳選した旬のフルーツを堪能!吉祥寺「先手家<ポンテヤ>」のフルーツサンド

  • 2021.5.15
  • 2420 views

フルーツとクリームとパン。シンプルな構成なのに私たちを魅了し続けるのは、そのバリエーションが無限大だからでしょうか。吉祥寺のフルーツサンド専門店「先手家(ポンテヤ)」は、関東最大級の八百屋「丸八青果」のプロが選び抜いた果物のみを使ったこだわりのお店。行列覚悟・完売必至と噂のフルーツサンド、お店で購入しそのお味を確かめてみたいと思います。

吉祥寺、先手家、ポンテヤ、ぽんてや、フルーツサンド、丸八青果、吉祥寺グルメ

吉祥寺「先手家(ポンテヤ)」のフルーツサンド

昨年末に吉祥寺駅から徒歩4分の場所にオープンしたフルーツサンド専門店「先手家(ポンテヤ)」。ウリは何といってもごろっと入った大きなフルーツ! 平日の昼間に来訪しましたが、次から次へとお客さんがやってきて途切れることがありません。

早速お店の中へ。雑誌「Hanako」吉祥寺特集の表紙も飾った、キラキラ美しいフルーツサンドたちがずらりと並びます。

毎日お店に届く、青果のプロフェッショナルが選び抜いたフルーツをふんだんに使用しているそう。生クリームには北海道産の原料を使い、すべてお店で手作りしています。

スタッフさんおすすめの3点を購入!

3種類のフルーツサンドが入った紙袋はずっしりとした重さ。ワクワクします。ちなみに現在は現金のみのお支払いだそうですので、キャッシュレス派の方はご注意くださいね。

左から「とちあいか」「パイナップル」「ミックス(オレンジ×キウイ)」の3点をゲット。保冷剤は無料でつけてもらえるので、ふと思いたって購入したくなった時でも安心です。

実食!「先手家(ポンテヤ)」のフルーツサンド

美しいフルーツサンドたちを自宅に持ち帰ってきました。賞味期限は「できれば当日中」とのことなので、フレッシュなうちにいただきたいと思います。

「ミックス(オレンジ×キウイ)」

見てください、辞書なみのこの厚さ。約6cmあります。ちなみに重さは約250gほどで、今回購入した3種類のフルーツサンドの中でも一番のボリュームといえます。

包丁で半分にカット。いただいてみると、フルーツサンドというよりも果物をまるごと食べている感覚!房ごと入ったオレンジをかみしめると、果汁がジュワ~と口いっぱいに広がります。スイーツをむさぼる罪悪感はなく、ヘルシーで身体に優しいお食事をしているような感覚です。

「パイナップル」

次は厚めにカットされたパイナップルを。こんなに大きなパイナップル、食べる機会はなかなかありません。ガブリといただくと甘くてジューシー!期待を裏切らないお味。

「とちあいか」

最後にイチゴを。ハートの断面がキュートな品種「とちあいか」です。都内のスーパーではあまり見かけないイチゴなので、楽しみ。

ぎゅっと果肉が詰まっていて甘い!酸っぱさはあまりなく、イチゴ独特の甘~い香りを満喫できました。子どもから大人まで、みんなが大好きな味ではないでしょうか。

確実に手に入れたいなら予約がおすすめ

バレンタインや母の日などのイベント限定品も多く登場する先手家(ポンテヤ)のフルーツサンド。青果店とのパイプがあるからこその変化球サンド「焼き芋サンド」も不定期で登場するそうですよ。ねっとり甘い焼き芋と生クリーム・・・この組み合わせ、かなり気になります。

写真左「パイナップル」486円(税込)、写真中「ミックス(オレンジ×キウイ)」604円(税込)、写真右「とちあいか」626円(税込)

確実に手に入れたいなら、公式SNSからの事前予約がおすすめです。ラインナップされるフルーツは常に変動するので、最新情報を入手してから予約しましょう。

フルーツサンドの核といえる「果物」に絶対的自信アリ、のフルーツサンド。おうち時間の楽しみにもお土産にも。気になる方はお店に足を運んでみてくださいね。

パイナップル 486円(税込)

ミックス(オレンジ×キウイ) 604円(税込)

とちあいか 626円(税込)

先手家(ポンテヤ)

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14

営業時間:11時30分~ ※商品がなくなり次第終了

※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますのでご注意ください

※店舗営業については公式サイト等で最新情報をご確認ください。

[All photos by イエモネ編集部]

元記事で読む