1. トップ
  2. 『コタローは1人暮らし』第4話では“こどもまつり”が開催 間宮祥太朗扮する青田も登場

『コタローは1人暮らし』第4話では“こどもまつり”が開催 間宮祥太朗扮する青田も登場

  • 2021.5.15
  • 302 views
『コタローは1人暮らし』(c)津村マミ/小学館(『ビッグコミックスペリオール』連載中) (c)テレビ朝日

毎週土曜23時30分よりテレビ朝日系で放送されている横山裕主演ドラマ『コタローは1人暮らし』。5月15日放送の第4話では、間宮祥太朗演じる青田が登場し、花輪景介(西畑大吾)の初めての大仕事『こどもまつり』が開催される。

本作は、累計発行部数100万部を突破した津村マミの同名コミックをドラマ化したもの。子連れ入居禁止のアパートで、自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進。ある日突然、隣の部屋に何やら訳アリな1人暮らしの5歳児・さとうコタローが引っ越してくる。誰よりもしっかりしているかと思えば、時に子どもらしい本音をのぞかせるコタローと衝撃の出会いを果たしたことで、狩野をはじめ同じアパートの住人たちも、大人としての責任や人を思いやる気持ちの大切さを改めて実感し、少しずつ成長していく。

第4話では、新たなキーパーソンが登場。狩野やコタローらが暮らす『アパートの清水』に、青田学という青年が引っ越してくるのだが、さわやかな見た目とは裏腹にその素性は謎に包まれている。そんな青田がやって来たことで、平穏だった『アパートの清水』に何やら嵐の予感が訪れる。

重要人物・青田を演じるのは、ドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)や『麒麟がくる』(NHK総合)、7月9日公開の映画『東京リベンジャーズ』など多数の作品に出演する間宮。主演の横山とは、ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(カンテレ・フジテレビ系)などで共演経験のある間宮が、本作で再び横山と息を合わせることになる。間宮は、出演にあたり、「僕は途中からの参加ですが、この作品に何かしら添えられていられれば、と思います。最後まで楽しんでください」と語っている。

仕事の関係で、1カ月間という期間限定で『アパートの清水』に引っ越してきた青田。ニコニコと笑顔もさわやかな青田だが、出会って間もないコタローに、いきなり“ある”お願いをする。今回、青田を演じるにあたり、「コタローくんへの接し方の塩梅が難しい立場だったので、監督と話しつつ、心の中の基盤としては“子ども扱いをせず、でも心を開いて貰うために子ども扱いをする”というようなことを意識していました」と語った間宮。

また、第4話では、『幼稚園の清水』の新任教諭・花輪景介(西畑大吾)の初めての大仕事『こどもまつり』も開催される。“保護者”として立ち上がった狩野を筆頭に、大張り切りの美月&田丸らアパートの住人チームが屋台を担当して、お祭りは大盛況となる。

■間宮祥太朗(青田学役)コメント
コタローという一人で暮らしている子どもと周りの大人たちの人間模様。そして個性豊かなキャストの方々の御名前を拝見して、撮影を楽しみにしていました。
僕が演じる青田は、コタローくんへの接し方の塩梅が難しい立場だったので、監督と話しつつ、心の中の基盤としては“子ども扱いをせず、でも心を開いて貰うために子ども扱いをする”というようなことを意識していました。横山さんとは何度か共演させていただいていたので、リラックスした状態で現場に入ることができました。横山さんは、それこそ瑛都くんを子ども扱いするのではなく、対一人の人間として接している素敵な姿が印象的でした。
僕は途中からの参加ですが、この作品に何かしら添えられていられれば、と思います。最後まで楽しんでください。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む