1. トップ
  2. 恋愛
  3. 美 少年 浮所飛貴主演『胸が鳴るのは君のせい』に城島茂が特別出演 「楽しい時間でした」

美 少年 浮所飛貴主演『胸が鳴るのは君のせい』に城島茂が特別出演 「楽しい時間でした」

  • 2021.5.14
  • 320 views
『胸が鳴るのは君のせい』(c)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

6月4日に公開される浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)の初主演映画『胸が鳴るのは君のせい』に城島茂が出演していることが発表された。

2012年から2014年まで『ベツコミ』(小学館)で連載され、累計発行部数250万部突破の紺野りさによる人気少女コミックを実写映画化する本作は、転校生の有馬隼人と、有馬を想い続ける篠原つかさが繰り広げる、親友のように仲がいい友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。

主人公の有馬隼人を演じるのは、ジャニーズJr.で唯一『VS魂』(フジテレビ系)のレギュラーメンバーに抜擢された、美 少年/ジャニーズJr.の浮所。ヒロインの篠原つかさを白石聖が演じ、2人の恋のライバルに板垣瑞生と原菜乃華が集結した。監督を務めたのは、『SPEC』シリーズや映画『悼む人』など、堤幸彦監督作品で監督補や編集ディレクターを務め、本作が長編映画監督デビューとなる高橋洋人。

TOKIOとしてのバンド活動のほか、俳優としても数々のテレビドラマ、舞台などに出演してきた城島は、後輩であるジャニーズJr.の浮所初主演の本作に、風紀担当教師・中村役として特別参加。赤いジャージに身を包み、頭にはタオルを巻き、生徒たちに喝を入れる熱血教師という役どころを演じる。城島は、後輩である浮所の印象を「浮所くんは天然なイメージがあったけど、現場では座長として頑張っていて頼もしかった」と絶賛するとともに、「実写版になった有馬とつかさちゃんがどんな胸きゅんストーリーを繰り広げるのか楽しみ」と作品への期待に溢れたコメントを寄せた。さらに劇中では、主演が浮所だからこそのオリジナル台詞も登場する。

■コメント
●城島茂
今回撮影に参加して、すごくチームワークが良くてほんわかムードな良い現場だなと感じました。僕も原作を読ませていただきましたが、胸きゅんなストーリーが印象的で、実写版になった有馬とつかさちゃんがどんなストーリーを繰り広げるのかとても楽しみです。主演の浮所くんにはちょっと天然なイメージがあったのですが、現場では座長としてしっかり頑張っていました。本人は「あまり役者の経験が無くて……」と言っていましたが、全然そんなことは感じさせず、頼もしかったですね。役者モードの浮所くんを間近で見れるチャンスはなかなか無いので、楽しい時間でした(笑)。僕は途中の出演で撮影を最後まで見ることができなかったので、こっそり劇場に足を運んで観に行きたいなと思っています。ドキドキ胸が鳴ってしまうのは誰のせいなのか……ウッキーのせいなのか? 楽しみですね。

●浮所飛貴
美 少年の浮所飛貴です。自分の記念すべき主演映画にTOKIOの城島茂さんが出演してくださいます。自分自身、城島さんとは今まで深く関わったことがなく、今回がほぼ初めての共演でした。現場で城島さんとお会いした時、とても優しい笑顔で挨拶をしてくれました。その時すでに僕は城島さんの優しさにキュンとしてしまいました。カメラがまわっていないところでも、気さくに話しかけてくださり、一緒にお話ができたことがとても貴重な経験で嬉しかったです。是非、城島さんのファンの方にも観ていただけたら嬉しいです!!!!

※高橋洋人の「高」はハシゴダカが正式表記。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む