1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 便利でもいらない!買って後悔したキッチンアイテム5選

便利でもいらない!買って後悔したキッチンアイテム5選

  • 2021.5.14
  • 32646 views

「便利そう」とつい買ってしまうキッチン用品。でも、意外と使いにくかったり、出番が少なかったりして、収納スペースの肥やしになっていませんか?

ここでは、実際に使ってみて、買わなくてもよかったと感じたキッチン用品を紹介します。

■卵焼き用フライパン

卵焼きをキレイにつくれる卵焼き専用のフライパン。頻繁に卵焼きをつくるわけではないため、出番は少なめ。普通のフライパンで十分でした。

フライパンが多いと収納スペースを圧迫します。処分したおかげで出し入れしやすくなりました。

■穴あきおたま

鍋の具材をすくったり、味噌汁の味噌をこしたりするときに使う「穴あきおたま」。おたまを傾けて具材をすくえばいいし、カス揚げでも代用できるため「なくても問題ない」と感じるようになり、使わなくなってしまいました。

■アク取りブラシ

「煮汁を減らさずにアクだけ取れて便利!」と思って購入したアク取りブラシ。アク取りとしては優秀なのですが、使用後のお手入れが意外と面倒。

だんだんと使わなくなり、結局おたまでアクを取っています。

■オイルポット

揚げ物をした後に余った油を保管するオイルポット。揚げ物の頻度が少ないため、オイルポットに入れておくと油が酸化していき、使わないまま捨てることに……。

少量の油で揚げて使い捨てにしてから、オイルポットの出番がなくなってしまいました。

■サラダスピナー

野菜の水切りに使うサラダスピナー。とても便利なのですが、大きくてかなりの収納スペースが必要です。ほかに使い道もないため、それならザル+キッチンペーパーで十分だと判断して処分してしまいました。

■あると便利でも代用品があるならなくてもよい

便利なキッチン用品はたくさん販売されています。しかし、あれば便利というものほど、なくてもどうにかなるものです。モノが多いと探し物をする時間が長くなり、調理の効率が下がってしまいます。

買って後悔しないためにも、ほしいと思ったときに「本当に必要かどうか?代用できるモノはないか?」を考えてみることが大切です。

文・藤野こと(片付けコラムニスト・整理収納アドバイザー)

元記事で読む