1. トップ
  2. 恋愛
  3. 結婚願望があるのに【結婚が怖い】!その理由って?

結婚願望があるのに【結婚が怖い】!その理由って?

  • 2021.5.13
  • 952 views

恋愛や家族に対する価値観が多様化しつつある現代では、結婚に対する考え方は人それぞれ。


結婚願望はあるけれど、パートナーからいざ具体的な話が出ると急に結婚が怖くなってしまうという女性もいることでしょう。


それはいったいなぜなのでしょうか?今回は結婚が怖いと感じる主な理由を4つ解説していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

完全に「独立」することへの恐怖

実家で両親と暮らしており、一度も一人暮らしをしたことがないという女性もいることでしょう。このような女性の中には、結婚して実家から完全に独立することに不安を覚えている人もいます。


実家や両親に対する愛着の強さから、「結婚はしたいけれど実家からは離れたくない」と結婚にナーバスになってしまうことも少なくありません。

自由が奪われそうで怖い

一人暮らし歴が長い女性の場合、ご飯を食べるのもお風呂に入るのも自分の好きな時間にできて、悠々自適の独身生活を謳歌しているはず。


そのため、たとえ愛する男性との結婚であっても、独身時代のような自由が失われることに抵抗感を覚えてしまうのです。


幸せな結婚生活を維持するためには、お互いに要求を一方的に主張し合うのではなく、二人で納得できる落としどころを見つけることが大切。結婚後もある程度自由に使える時間を確保できるよう、パートナーとじっくりと話し合ってみてくださいね。

未知のことに対する不安

心配性でストレスを感じやすい繊細な女性は、結婚の日取りが近づいてくるうちに、「結婚して本当にうまくやっていけるのだろうか」「子供が生まれて子育てがうまくいかなかったらどうしよう」など、まだ起きてもいないことをあれこれと想像しては不安になってしまいがち。


結婚がまったくの未知のものに感じられるからこそ、不安を覚えるのでしょう。このような場合は、何に不安を感じているのかを紙に箇条書きしてみましょう。


心のモヤモヤの原因が可視化されれば、漠然とした不安感が軽減されるはず。それでも不安を感じるならば、パートナーに箇条書きリストを見せて、自分の気持ちを共有・ 理解してもらいましょう。

結婚が上手くいかなかった場合を考えると不安

近年では3組に1組のカップルが離婚すると言われるほど、離婚は珍しいものではなくなりました。ネットの芸能ニュースでも、性格の不一致や異性問題などで毎月のように芸能人の離婚報道がなされていますよね。


そのような情報に接すると、「私たちもいずれ離婚するかもしれない」「離婚した後どうやって生活をすればよいのだろう」と不安になってしまうのも無理は無いはず。

結婚に対する不安は一人で抱え込まないで

大好きな彼からプロポーズされて世界で1番幸せな気分になっていたものの、入籍日が近づいてくるうちにマリッジブルーになってしまう女性も少なくありません。


そんなときには自分を責めず、「マリッジブルーはよくあることだ」と開き直ってしまいましょう。


一人で結婚への恐怖や不安を抱え込まず、パートナーに今の気持ちを打ち明けて、しっかりと話し合いをすることも大切です。また、周囲の既婚者に話を聞き、アドバイスをもらうのも効果的ですよ。
(ハウコレ編集部)



元記事で読む