1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【破局秒読み!】男が別れを決める寸前に彼女に取る6つの態度

【破局秒読み!】男が別れを決める寸前に彼女に取る6つの態度

  • 2021.5.12
  • 3504 views

急に「好きなコができた」と言われたり、「終わりにしよう」と別れを切り出されたり、別れは突然やってくると思っていませんか?
そんな事は全然ありません。別れには必ず予兆があります。
男性が彼女と別れようと考え始めるといくつかの態度や行動が現れるのです。
別れを絶対に食い止めたいという方は、ここで何らかの手を打てば、まだ間に合う可能性もあるので、彼氏の言動や行動には常に注意を払っておきましょう。
今回は、彼氏が別れを決める寸前に彼女に取る態度についてお話ししていきます。

日常会話をしなくなる

男性は、おしゃべり好きな人を除いては、基本的に自分の話を好んでする性質はありません。
そのため、彼女に気持ちがなくなってくると、日常会話をする事が面倒くさくなり、会っても会話をする事が少なくなってきます。
彼女が会話を振っても「うん」「ううん」というような、返事だけだったり、聞いているのか聞いていないのか分からないような生返事だけを繰り返したりするようなら、破局の秒読みが始まっていると思って良いでしょう。

友達を交えてのデートが増える

別れようと思っていても、すぐに彼女との関係を遮断しようとする決断力のある男性はそういません。
大抵は、1ヶ月から3ヶ月くらい悩むものです。
でも、その間はなんとなく、体の関係を持つのは気が乗らないしな…という男性心理もあるようで、出来るなら2人きりになりたくないというのが男性の本当の気持ちのようです。
そのため、自分の友達や、彼女の友達を誘ってみんなで会おうとします。待ち合わせの場所に行ったら、すでに彼と彼の友達が待っていたなんて事が続く場合、危険信号と思っていいでしょう。

改善提案が増える

彼女と別れたいなと考えている男性が取る行動の1つとして「改善提案」というものがあります。
別れたいと思い始めて、彼女に対して好きの気持ちが薄くなってくると、段々と彼女の行動1つ1つにイライラする事が増えてきます。
「○○しないで欲しい」「○○は××してほしい」というような提案が次から次に出てきて、それが口から溢れるように出てくるというわけです。
簡単に言えば文句なのですが、文句を言って改善されれば「もう少し付き会ってみるか」というような、ちょっぴり上から目線の考えも彼の中にはあって、最後の改善提案と言うイメージですね。
これで、ダメなら別れよう!そう決めて言い出す男性もいるようです。

予定が合わなくなる

デートの予定が合わなくなるのも別れの予兆の1つです。
男性はデートを避けたいので、デートから逃げるために必死になっていて、そのため予定が合わなくなっているわけです。
「忙しい」とか「今週が仕事の山場なんだよね」なんて言葉で逃げる男性が多いようですが、何ヶ月もずっと仕事が多忙でデートする時間が持てない男性なんてそういません。どこの社長だよ!って話ですから、だいたいが会いたくなくて嘘をついているのです。
彼をデートに誘って、「予定を確認してみるね」と言われてから音沙汰がないようなら、別れの秒読みが始まっていると思ったほうが良いでしょう。

男友達と会う回数が増える

彼女に気持ちがなくなってくると彼女と会う事がつまらなくなるので、「男友達に会った方が楽しいや」という気持ちになり、男友達に会う回数が増えます。
勘ぐって「女に会ってるんじゃ…」と考える方もいますが、そうではなく、ただ単に楽しい方を選択しているだけのこと。
「気が合う仲間と飲んだり、ゲームしたりしていたほうが楽しい。気を使わないし楽」と男友達と遊ぶ回数が自然に増えていきます。

お金の事で文句を言う

男性は、好きな女性にお金を投資する事を惜しみません。
多少無理してお金を出して「格好良い俺」をアピールして好きになって欲しいと考えるのが男心です。
その男性が、お金に対して何か文句や不満を言って来たら、別れが近いのかもと考えていいかもしれません。
例えば、「たまには奢ってよ」とか「いつも俺が支払ってるよね」、「俺のあげたプレゼントの方が高くない?」などと出し惜しみされたり、文句を言われるようなら、彼女にこれ以上投資したくないサイン。別れの秒読み段階です。

男性は、彼女と別れたいなと感じ始めるとこのような態度を出します。
彼氏と別れたくないと思っているのなら、彼の態度をいち早くキャッチして、距離を置くとか、自分の改善点を見つけるなど、恋の駆け引きをして彼をがっちり捕まえておかないと破局に繋がってしまいます。
早いうちなら手が打てます!しっかりと彼の態度や行動をチェックして見極めてください。ほころびは早いうちに修復していきましょう。

元記事で読む